研究シーズの泉

豊橋技術科学大学、長岡技術科学大学、国立高等専門学校の研究シーズが結集した横断的に検索可能なサイトです。

お問合せ メニュー

研究者/研究室一覧

タイトル表示 概要文も表示する
研究シーズ 研究室(別サイトへのリンクです) 教員紹介、事例紹介(別サイトへのリンクです)

山本 麻希 researchmap
山田 耕一 researchmap 鈴木 泉、 畦原 宗之、 吉田 富美男
山田 昇

1.自動車などの移動体用対応電池モジュールの開発
2.太陽電池を応用した光無線給電に関する研究
3.営農型などの土地活用型太陽光発電システムの開発
4.新規蓄熱材料を用いた電子デバイス等の熱制御技術の開発
5.熱発電デバイスの開発
6.機械学習などの人口知能を様々なエネルギーシステムの解析・設計・製作運用・制御などに有効活用する研究

山口 隆司 researchmap 渡利 高大、 渡邉 高子
山崎 渉 researchmap

流体機械や航空機形状の計算機援用最適設計
効率的な自動最適設計技術 の開発
PIV流速計測技術の高度化研究
実験・数値解析融合技術の開発
空気抵抗値の高精度予測・物理要因分類・要因可視化

山下 智樹 researchmap
山崎 渉 researchmap

流体機械や航空機形状の計算機援用最適設計
効率的な自動最適設計技術 の開発
PIV流速計測技術の高度化研究
実験・数値解析融合技術の開発
空気抵抗値の高精度予測・物理要因分類・要因可視化

山崎 洋人

1.単一生体分子構造解析技術開発 2.ナノマイクロサイズ分子の光・電流検出技術開発 3.マイクロ・ナノ流路加工 4.光誘導型分子合成技術開発                         
5. DNA・RNA・タンパク質同定技術開発

山田 昇

1.自動車などの移動体用対応電池モジュールの開発
2.太陽電池を応用した光無線給電に関する研究
3.営農型などの土地活用型太陽光発電システムの開発
4.新規蓄熱材料を用いた電子デバイス等の熱制御技術の開発
5.熱発電デバイスの開発
6.機械学習などの人口知能を様々なエネルギーシステムの解析・設計・製作運用・制御などに有効活用する研究

山口 隆司 researchmap 渡利 高大、 渡邉 高子
山田 洋(仙台高等専門学校) researchmap
山本 翔吾(岐阜工業高等専門学校) researchmap
山田 健二(石川工業高等専門学校) researchmap
山添誠隆(秋田工業高等専門学校) researchmap
山之内 亘(沼津工業高等専門学校電気電子工学科) researchmap
山崎悟史(沼津工業高等専門学校) researchmap
山本 綱之(津山工業高等専門学校) researchmap
山口 均(津山工業高等専門学校) researchmap
山口英一(有明工業高等専門学校) researchmap
矢野 充志(奈良工業高等専門学校) researchmap
山田哲也(福井工業高等専門学校) researchmap
山本 けい子(函館工業高等専門学校) researchmap
矢島 邦昭(仙台高等専門学校) researchmap
山田真義(鹿児島工業高等専門学校) researchmap
山脇 夢彦(福井工業高等専門学校) researchmap
山下 訓史(弓削商船高等専門学校) researchmap
八木真太郎(岐阜工業高等専門学校) researchmap
山﨑 俊夫 researchmap
山本 英樹(米子工業高等専門学校) researchmap
山本浩貴(岐阜工業高等専門学校) researchmap
山下敏明(都城工業高等専門学校) researchmap
山口康太(鳥羽商船高等専門学校) researchmap
山田博文(岐阜工業高等専門学校) researchmap
今井 康之(東海大学) researchmap
山下 純一(函館工業高等専門学校) researchmap
山田 圭祐(富山高等専門学校) researchmap
弥生 宗男(茨城工業高等専門学校) researchmap
山本 健太(弓削商船高等専門学校) researchmap
山本 昌平(大阪電気通信大学) researchmap
柳原 聖 (有明工業高等専門学校) researchmap
山本 雅史(香川高等専門学校) researchmap
箭内 将大(豊田工業高等専門学校) researchmap
山田幹雄 researchmap
山口 智浩(奈良工業高等専門学校) researchmap
八木 秀幸(津山工業高等専門学校) researchmap
山崎 慎一(舞鶴工業高等専門学校) researchmap
矢野潤(新居浜工業高等専門学校) researchmap
山田実(岐阜工業高等専門学校) researchmap
山﨑博人(宇部工業高等専門学校) researchmap
山田 章(長岡工業高等専門学校) researchmap
矢吹 益久(鶴岡工業高等専門学校) researchmap
山本桂一郎(富山高等専門学校) researchmap
安野 恵実子(阿南工業高等専門学校) researchmap
安富 義泰(東京工業高等専門学校) researchmap
山口 賢一(奈良工業高等専門学校) researchmap
山根 清美(松江工業高等専門学校) researchmap
栁澤 秀明(徳山工業高等専門学校) researchmap
矢入 聡(沼津工業高等専門学校) researchmap
山内 啓(群馬工業高等専門学校) researchmap
山岸 真幸(長岡工業高等専門学校) researchmap
山本 歩(八戸工業高等専門学校) researchmap
山本隆広(長岡工業高等専門学校) researchmap
山田 耕太郎(阿南工業高等専門学校) researchmap
山崎 慎也(弓削商船高等専門学校) researchmap
山口雅裕(鈴鹿工業高等専門学校) researchmap
山田 裕久(奈良工業高等専門学校) researchmap
山田親稔(沖縄工業高等専門学校) researchmap
山本 寛(沖縄工業高等専門学校) researchmap
柳澤憲史(長野工業高等専門学校) researchmap
山形 文啓(釧路工業高等専門学校) researchmap
山下俊一(鹿児島工業高等専門学校) researchmap
山中 仁(沼津工業高等専門学校) researchmap
山根 説子(沼津工業高等専門学校) researchmap
安田真(岐阜工業高等専門学校) researchmap
山﨑 俊博(釧路工業高等専門学校) researchmap
山本郁(久留米工業高等専門学校) researchmap
山田 博(大島商船高等専門学校) researchmap
山田誠(函館工業高等専門学校) researchmap
山田 昌尚(釧路工業高等専門学校) researchmap
安田 賢生(富山高等専門学校) researchmap
山岸 英樹 researchmap
山本幸男 researchmap
山本裕之(福井工業高等専門学校) researchmap
柳澤 吉保(長野工業高等専門学校) researchmap
八木 雅夫(新居浜工業高等専門学校) researchmap
矢壁 正樹(米子工業高等専門学校) researchmap
山口 顕司(米子工業高等専門学校) researchmap
酒井 康宏 researchmap
薮木 登(津山工業高等専門学校) researchmap
柳井 忠(新居浜工業高等専門学校) researchmap
山口 巧(高知工業高等専門学校) researchmap
山崎 利文(高知工業高等専門学校) researchmap
安信 強(北九州工業高等専門学校) researchmap
山内正仁(鹿児島工業高等専門学校) researchmap
矢木 正和(香川高等専門学校) researchmap
山田 一雅(函館工業高等専門学校) researchmap
山口一弘(茨城工業高等専門学校) researchmap
安田 智之(奈良工業高等専門学校) researchmap
矢澤 睦(仙台高等専門学校) researchmap
山本直樹(熊本高等専門学校) researchmap
山田 耕司(豊田工業高等専門学校) researchmap
山崎博之(秋田工業高等専門学校) researchmap
山崎隆志(佐世保工業高等専門学校) researchmap
栁川 和徳(釧路工業高等専門学校) researchmap
山田 充昭(鶴岡工業高等専門学校) researchmap
山田 耕一郎(舞鶴工業高等専門学校) researchmap
柳沢修実 researchmap
柳原祐治(福井工業高等専門学校) researchmap
山吹巧一(和歌山工業高等専門学校) researchmap
山川文徳(和歌山工業高等専門学校) researchmap
安川雅啓(高知工業高等専門学校) researchmap
山﨑 英司(有明工業高等専門学校) researchmap
八原瑠里(弓削商船高等専門学校 ) researchmap
山中 聡(津山工業高等専門学校) researchmap
柳谷 俊一(函館工業高等専門学校) researchmap
山中 聡恵(奈良工業高等専門学校) researchmap
山根 秀介(舞鶴工業高等専門学校) researchmap
山際明利(苫小牧工業高等専門学校) researchmap
安田武司(阿南工業高等専門学校) researchmap
山岡 俊一(豊田工業高等専門学校) researchmap
山下智彦(香川高等専門学校) researchmap
山口 利幸(大分工業高等専門学校) researchmap
山田 洋士(石川工業高等専門学校) researchmap
柳生義人(佐世保工業高等専門学校) researchmap
山﨑 由勝(宇部工業高等専門学校) researchmap
矢口 久雄(群馬工業高等専門学校) researchmap
山崎容次郎(香川高等専門学校) researchmap
山田 慶太(豊田工業高等専門学校) researchmap
山田 祐士(呉工業高等専門学校) researchmap
山田健仁 researchmap
山口 和也(奈良工業高等専門学校) researchmap
山口 比砂(豊田工業高等専門学校) researchmap
山口 裕美(津山工業高等専門学校) researchmap
山本 通(大分工業高等専門学校) researchmap
山下 徹(苫小牧工業高等専門学校) researchmap
山本 哲也(久留米工業高等専門学校) researchmap
大和 裕也(福井工業高等専門学校) researchmap
柳川 竜一(香川高等専門学校) researchmap
八十島 亘宏(豊田工業高等専門学校) researchmap
岩城 考信(呉工業高等専門学校) researchmap
安丸尚樹(福井工業高等専門学校) researchmap
山﨑 賢二(鈴鹿工業高等専門学校) researchmap
山下晃弘(東京工業高等専門学校) researchmap
安田 洋平(旭川工業高等専門学校) researchmap
山根 陽一(大分大学) researchmap
山城光(沖縄工業高等専門学校) researchmap
山本 高久(独立行政法人国立高等専門学校機構) researchmap
安井 利明 researchmap
従来、溶接では不可能とされていた鉄とアルミ、アルミと樹脂、アルミとセラミックの接合が摩擦攪拌接合により可能であることとその接合機構を明らかにしました。本接合技術では、摩擦攪拌による材料流動や接合界面の形成機構の明確化が重要であり、このために様々な可視化技術を用いた基礎研究を実施しています。
Friction stir welding (FSW) is a solid state welding technique which is highly effective for aluminum welding. The laboratory established the principle for friction stir welding between aluminum and steel with high weld strength. This is attributed to the suppression of reaction layer growth in the weld interface by low heat input during welding. The laboratory aspires to expand the range of application as three-dimensional structure joints and dissimilar materials welding (aluminum/plastics, aluminum/ceramics) through clarifying the welding mechanism.
プラズマ電解酸化は、電解質溶液中でマイクロアークと呼ばれる微小かつ不連続な放電を伴いながら陽極である軽金属の表面に緻密な酸化膜を形成するプロセスである。高硬度かつ熱的・化学的に安定した皮膜が形成されるため、様々な機械部品への適用が期待されている。しかしながら、液中での断続的な微小放電であるため、その放電機構や皮膜の形成過程の詳細はいまだ明らかとなっていない。本研究では、その放電状態のその場観察に取り組むと共に、放電形態が皮膜構造に与える影響などを調査している。
従来のプラズマ溶射装置では困難であった、1kW以下の低電力大気圧プラズマ溶射をマイクロ波プラズマにより可能とする技術を我々の研究室で開発した。大気圧下で低融点基材への高融点材料の溶射や反応性溶射が可能であり、次世代の新しい成膜技術として期待されている。本テーマでは、大気圧マイクロ波プラズマのさらに新しい生成・制御機構の開発を目指すと共に、本溶射技術による産業応用を目指した研究に取り組んでいる。
従来のプラズマ溶射装置では困難であった1kW以下の低電力大気圧プラズマ溶射をマイクロ波プラズマにより可能とする技術を開発しました。この技術は、大気圧下で低融点基材への高融点材料の溶射や反応性溶射が可能です。今般、低出力のマイクロ波プラズマ溶射により、ポリアセタール(POM)上に低電気抵抗率のCuコーティング膜を中間膜なしで印刷する技術を開発しました。
摩擦攪拌接合(FSW)は、アルミの接合に効果的な非溶融の固相接合である。本研究室では、このFSWによりアルミ合金と鉄鋼材料の接合において接合界面に生成する反応層の生成を抑制し、高強度接合体を創製が可能なことを明らかにした。FSWによる各種異材接合(異種金属、金属/樹脂、金属/セラミック)に取り組むと共に、その産業応用を目指した研究に取り組んでいる。
安永 弘樹 researchmap
八井 崇 researchmap
ナノの光(近接場光)を用いた表面平滑化の産業応用を展開しています。表面のナノ寸法の凹凸に発生する近接場光を利用することで、光を絞る必要がなく、大面積で表面を原子レベルで平滑化が可能です。また、光を使った非接触可能であるため、様々な材料・様々な形状に対して平滑化が可能です。
We developed near-field etching technique which can realize ultra-flat surface. This technique can realize drastic improvement of the performance of opto-electronic device, including magnetic-filed sensor with high sensitivity using diamond quantum sensors
We have developed a method to achieve the red-shift of the absorption spectra of the materials using the optical near-field (ONF) effect. This can help reduce the photon energies required for completing chemical reactions in a wide range of applications such as CO2 reduction, water splitting, etc.
近接場光誘起の効果を基に、Si光検出器の高効率化と、Siのバンドギャップ波長よりも長波長帯での広帯域かつ高効率光吸収が可能となります。本技術開発によって、肌水分量や脂質計測などのセルフケア分野やPOCT(Point Of Care Testing)分野での利用も期待されています。
山内 高弘 researchmap
火力発電所から発生するクリンカアッシュ(多孔質の石炭灰粒子)による農地土壌の化学性、物理性、保水性の改善検討と作物栽培による効果検証を行い、①酸性土壌のpHの矯正、②砂地土壌等の保水性の改善、③保水性の改善に伴い、肥料の溶脱量を減少させ、施肥効率を改善させることに加えて、④土壌の物理性の維持(固相率の増加防止)の効果があることを確認しました。
The LED such as low fever, the low power consumption is characteristic, and can expect photosynthesis promotion by the proximity irradiation. Furthermore, it is thought that irradiating it with light under the night stable temperature, humidity, the carbon dioxide density contributes to productivity improvement, but there are really few inspected examples. Therefore, using LED of the white red mixture, I irradiate proximity at irradiation distance of approximately 10cm than a plant body and confirm influence to give to the growth of the plant and examine the utility.
The wood picked out in the mountains has many left things. As for the quantity of thinning materials felling in Shinshiro-city, Aichi of 2011, in 38,543㎥; inner; non-use is 22,000㎥, and, as for the availability, it is to around 44%. The introduction of the firewood stove (brand name Gronta) is considered as the countermeasure. When this puts three logs of 20cm in diameter (100cm in length), It burn more than eight hours, and a combustion calorie is up to 40,000kcal/ 1hour and is equal to a heavy oil boiler 150 type. It is thought that it leads to the utilization of local resources if I use this thinning materials as a thermal energy source of the horticulture and inspects the utility.
Introduction of Small-flowered chrysanthemum cultivation is considered as an item without the birds and beasts damage in mountainous regions, and the cultivation spreads. As a saving of labor technology of the cutting and planting, the purpose of the introduction of the direct planting of the planting unrooted cuttings technology of the bare ground time, a method (vinyl, poly, cheesecloth, covering method) of the planting unrooted cuttings ,influence on establishment by the difference in cultivated variety examine growth, influence on flowering afterwards.
LEDは、低発熱、低消費電力等の特徴があり、近接照射による光合成促進が期待できる。さらに、夜間の安定した温度、湿度、炭酸ガス濃度下での光照射は生産性向上に寄与すると考えられるが、実際に検証された事例は少ない。そこで、白赤混合のLEDを用いて、植物体より約10cmの照射距離で近接照射を行い、植物の生育開花に及ぼす影響を確認し、その実用性を検討している。
山間部で間伐された木材は、放置されたままのものが多い。平成23年度の愛知県新城市における間伐材伐採量は 38,543㎥で、その内、未利用が 22,000㎥で、利用率は44%程度になっている。その対応策として、薪ストーブ(商品名ゴロン太)の導入が考えられる。これは、太さ20cm(長さ100cm)の丸太3本を入れると、8時間以上燃焼し、燃焼カロリーが最大40,000kcal/時間になり、重油ボイラー150型に匹敵する。この間伐材を、施設園芸の熱エネルギー源として使えば、地域資源の有効利用につながると思われ、その実用性検証を行っている。
中山間地における鳥獣被害のない作目として、小ギク栽培の導入が考えられ、その栽培が普及している。挿し芽・定植方法の省力技術として、露地の直挿し栽培技術の導入を目的に、直挿しの時期、方法(ビニール、ポリ、寒冷紗の被覆方法)、品種等の違いによる、活着(発根)への影響やその後生育、開花への影響を検討している。
山崎 拓也 researchmap
「くん焼」と呼ばれる「炎を伴わず」に緩やかに燃える現象は不意に発生すると消火が難しく,燃焼過程中に煙を含む有毒ガスを発生する.また,周囲の環境が変化する(風が強くなるなど)と火炎を伴う燃焼形態へ変化し,深刻な火災へ発展する原因ともなる.さらに,森林火災においてくん焼が主体となる火災は大規模なCO2排出の一端を担い,地球温暖化の大きな要因であるとされている.くん焼が持続可能な限界条件を調査することは,災害抑制技術の開発と環境問題の対策として重要である.このように重要な課題として認識されているにも関わらず,くん焼に関する理解は十分には進んでいない.なぜなら,安定して実験データを取得することが難しく,データの不足が現象解明の妨げとなっているからである.本研究ではくん焼が酸素の分圧に大きく依存する特性を生かし,低圧場を活用した実験系を活用することで,くん焼の燃焼限界とその燃焼特性の解明に挑戦している.
山田 基宏 researchmap
固体粉末材料を超音速ガス流により基材表面に吹き付け、堆積させることで原材料の特性を維持した皮膜を作製できるコールドスプレー法に関する研究を行っています。原材料として優れた光触媒特性を有するアナターゼ型酸化チタンを用いることで、高特性な光触媒皮膜の作製を可能としています。
山根 啓輔 researchmap
“III-V/Siヘテロ成長”と“ウエハ接合”という正反対のアプローチを組み合わせ、従来利用されている化合物基板上では達成不可能な低環境負荷かつ大面積(直径150 mm以上)の化合物多接合太陽電池の作製技術の研究開発を行なっています。具体的には、本研究室が開発した世界最高レベルの低欠陥(105cm-2)ヘテロ成長技術と新開発の薄膜転写プロセス(特許出願済)により量産性を飛躍的に向上させ、高効率III-V族太陽電池の開発を目指しています。
One of our targets is monolithic opto-electronic integrated system, which offers advantages of compatible fabrication process of Si-LSIs and high efficiency/reliability of light emitting devices. The figure shows a prototype of opto-electronic integrated circuits [1]. We developed the growth sequence of a defect free Si-LSI and III-V-N light-emitting layers on Si substrate [2] (left). Then we fabricated a bit counter circuit (center) and demonstrated the monolithic integration of bit counter circuits and light emitting devices (right). Improvement of efficiency of light emitting device, integration of photodetectors and circuit design are future work.
[1] K. Yamane, K. Noguchi, S. Tanaka, Y. Furukawa, H. Okada, H. Yonezu, A. Wakahara, “Operation of monolithically-integrated digital circuits with light emitting diodes in lattice-matched Si/III-V-N/Si heterostructure”, Applied Physics Express 3 (2010) 074201.
[2] K. Yamane, T. Kawai, Y. Furukawa, H. Okada, A. Wakahara, “Growth of low defect density GaP layers on Si substrates within the critical thickness by optimized shutter sequence and post growth annealing” , Journal of Crystal Growth 312 (2010) 2179.
本研究では、Si集積回路作製工程との整合性、発光素子の効率・信頼性の観点から、理想とされるモノリシック光電子融合システムを目標としています。図は、我々が提案しているモノリシック光電子融合システムのプロトタイプです[1]。結晶成長技術を駆使してSi基板上にIII-V-N発光層およびSi集積回路層を無欠陥で作製する技術を確立しました[2](図左)。さらに、本学のLSI工場を利用してビットカウンタ回路(図中央)を作製し、発光素子と集積回路がワンチップ上で動作可能であることを世界で初めて実証しています(図右)。今後、発光効率の向上、受光素子の集積化を実現し、超並列演算機能を持たせた回路の作製を目指します。
[1] K. Yamane, K. Noguchi, S. Tanaka, Y. Furukawa, H. Okada, H. Yonezu, A. Wakahara, “Operation of monolithically-integrated digital circuits with light emitting diodes in lattice-matched Si/III-V-N/Si heterostructure”, Applied Physics Express 3 (2010) 074201.
[2] K. Yamane, T. Kawai, Y. Furukawa, H. Okada, A. Wakahara, “Growth of low defect density GaP layers on Si substrates within the critical thickness by optimized shutter sequence and post growth annealing” , Journal of Crystal Growth 312 (2010) 2179.

湯川 高志 researchmap 安藤 雅洋 researchmap 鈴木 泉、 畦原 宗之

知識処理システムおよびテキスト処理システム
1.言葉の意味に基づく情報検索システム
2.質問応答システム
3.特許文書処理システム
4.分散・協調型知識共有システム
5.インターネットからの知識抽出システム
6.e-Learning学習管理システム技術
7.e-Learningコンテンツ
8.ICT活用教育
9.オープンソースソフトウェアの応用

湯川 高志 researchmap
長岡技術科学大学

知識処理システムおよびテキスト処理システム
1.言葉の意味に基づく情報検索システム
2.質問応答システム
3.特許文書処理システム
4.分散・協調型知識共有システム
5.インターネットからの知識抽出システム
6.e-Learning学習管理システム技術
7.e-Learningコンテンツ
8.ICT活用教育
9.オープンソースソフトウェアの応用

日高 勇気
西 佑介(舞鶴工業高等専門学校) researchmap
佐当百合野(佐世保工業高等専門学校) researchmap
松岡 祐介(米子工業高等専門学校) researchmap
福光 優一郎(新居浜工業高等専門学校) researchmap
服部 佑哉(呉工業高等専門学校) researchmap
小早川裕悟(岐阜工業高等専門学校) researchmap
仁保 裕(呉工業高等専門学校) researchmap
桑本裕二 researchmap
湯谷 賢太郎(木更津工業高等専門学校) researchmap
村上 幸一(香川高等専門学校) researchmap
蒲地 祐子(呉工業高等専門学校) researchmap
赤池 祐次(呉工業高等専門学校) researchmap
北田 幸彦 researchmap
由良諭(香川高等専門学校) researchmap
出江 幸重(鳥羽商船高等専門学校) researchmap
岩本 豊(新居浜工業高等専門学校) researchmap
渡辺 幸夫(鳥羽商船高等専門学校) researchmap
湯治準一郎(熊本高等専門学校) researchmap
北 薗 裕 一(鹿児島工業高等専門学校) researchmap
川上 裕介(香川高等専門学校) researchmap
前田祐作(香川高等専門学校) researchmap
緒方 勇太(京都産業大学) researchmap
中川 佑貴(旭川工業高等専門学校) researchmap
奥山 由(苫小牧工業高等専門学校) researchmap
吉川 祐樹(呉工業高等専門学校) researchmap
青木悠祐(沼津工業高等専門学校) researchmap
木村祐人(香川高等専門学校) researchmap
湯田 紀男(弓削商船高等専門学校) researchmap
田中 勇帆(鶴岡工業高等専門学校) researchmap
神田 佑亮(呉工業高等専門学校) researchmap
周 躍(島根大学) researchmap

依田 英介(茨城工業高等専門学校) researchmap
吉村忠晴(福島工業高等専門学校) researchmap
吉住 圭市 researchmap
米澤 佳己(豊田工業高等専門学校) researchmap
吉田 玄徳(呉工業高等専門学校) researchmap
横山秀樹(都城工業高等専門学校) researchmap
吉本 健一(旭川工業高等専門学校) researchmap
國安 美子(呉工業高等専門学校) researchmap
米田 京平(奈良工業高等専門学校) researchmap
横山保夫(秋田工業高等専門学校) researchmap
吉岡 将孝(高知工業高等専門学校) researchmap
吉田雅穂(福井工業高等専門学校) researchmap
吉田 雅紀(旭川工業高等専門学校) researchmap
横山 英樹(茨城工業高等専門学校) researchmap
横山直幸(沼津工業高等専門学校) researchmap
横井 克則(高知工業高等専門学校) researchmap
吉岡 貴芳(豊田工業高等専門学校) researchmap
板東能生(呉工業高等専門学校) researchmap
横井 直倫(公立千歳科学技術大学) researchmap
吉本 定伸(東京工業高等専門学校) researchmap
吉満 真一(鹿児島工業高等専門学校) researchmap
吉村 洋(阿南工業高等専門学校) researchmap
髙 義礼(釧路工業高等専門学校) researchmap
米田 郁生(徳山工業高等専門学校) researchmap
吉田政司(宇部工業高等専門学校) researchmap
吉田 岳人(阿南工業高等専門学校) researchmap
吉永 圭介(熊本高等専門学校) researchmap
由井 四海(富山高等専門学校) researchmap
大和義昭(呉工業高等専門学校) researchmap
吉田雅昭(八戸工業高等専門学校) researchmap
佐藤 悦教(苫小牧工業高等専門学校) researchmap
雛元洋一(香川高等専門学校) researchmap
吉冨 貴司(有明工業高等専門学校) researchmap
義永常宏(徳山工業高等専門学校) researchmap
吉野正信(長岡工業高等専門学校) researchmap
横瀬 義雄(呉工業高等専門学校) researchmap
吉川貴士(新居浜工業高等専門学校) researchmap
吉塚 一典(佐世保工業高等専門学校) researchmap
吉成 偉久(茨城工業高等専門学校) researchmap
義岡秀晃(石川工業高等専門学校) researchmap
嶋岡 芳弘(鳥羽商船高等専門学校) researchmap
奥本 良博(阿南工業高等専門学校) researchmap
與那嶺尚弘(沖縄工業高等専門学校) researchmap
横沼 実雄(呉工業高等専門学校) researchmap
横谷 正明(津山工業高等専門学校) researchmap
吉澤恒星(香川高等専門学校) researchmap
吉木 宏之(鶴岡工業高等専門学校) researchmap
横山 孝一(群馬工業高等専門学校) researchmap
上代 良文(香川高等専門学校) researchmap
岩崎洋一(木更津工業高等専門学校) researchmap
石田依子(大島商船高等専門学校) researchmap
吉田 芳弘(和歌山工業高等専門学校) researchmap
雑賀洋平(群馬工業高等専門学校) researchmap
吉田 正伸(高知工業高等専門学校) researchmap
横山学(香川高等専門学校) researchmap
吉井 りさ(沖縄工業高等専門学校) researchmap
吉永 慎一(香川高等専門学校) researchmap
吉井千周(富山大学) researchmap
中村 嘉彦(苫小牧工業高等専門学校) researchmap
沢口義人(木更津工業高等専門学校) researchmap
米田知晃(福井工業高等専門学校) researchmap
吉岡 崇(香川高等専門学校) researchmap
吉澤 毅(豊田工業高等専門学校) researchmap
青山 陽子(沼津工業高等専門学校) researchmap
吉岡源太(香川高等専門学校) researchmap
芳野 裕樹(熊本高等専門学校) researchmap
山本祥正(東京工業高等専門学校) researchmap
淀谷真也(鈴鹿工業高等専門学校) researchmap
相川 洋平(東京工業大学) researchmap
横溝 彰彦(久留米工業高等専門学校) researchmap
栗山嘉文(岐阜工業高等専門学校) researchmap
吉居啓輔(沖縄工業高等専門学校) researchmap
芳野恭士(沼津工業高等専門学校) researchmap
浅野 洋介(木更津工業高等専門学校) researchmap
陽田 修(長岡工業高等専門学校) researchmap
吉村 優治(岐阜工業高等専門学校) researchmap
囊積 侑莉(大島商船高等専門学校) researchmap
横山 有太(高知工業高等専門学校) researchmap
横田 久里子 researchmap
広域に畑地が広がる地域の地下水及び河川水は硝酸性窒素により汚染されています.高濃度な硝酸性窒素を含む水を飲用した場合,メトヘモグロビン血症を引き起こすとされています.また,農耕地からの肥料に由来する窒素やリンの流出は湖沼や内湾の富栄養化を引き起こすともされています.そこで,新規開発した土壌浸透水採取器を畑地に設置し,畑地からの硝酸性窒素の流出機構を解明するために,土壌中の窒素化合物の動態を明らかにします.
横山 誠二 researchmap
これまで溶融金属の物理化学に関する研究として、クロム鉱石の溶融還元、耐火物とスラグとの反応、反応性ガス気流中での金属の蒸発促進と化合物超微粒子の合成などを行ってきました。現在は、鉄鋼スラグからの溶出、電気炉ダストからの有価物(亜鉛)の抽出、黒鉛分散銅合金基複合材料に関する物理化学的基礎研究を行っています。
Increase in concentration of carbon dioxide in air, which is one of the greenhouse gases, causes the global warming. The study and development on the separation, absorption and fixation of carbon dioxide have been performed. On the other hand, slag is constantly discharged from the steel industries, and a large quantity of concrete (cement) will be wasted in future. Those materials contain calcium oxide which is easily reacted carbon dioxide. Therefore, I develop the technology to fix carbon dioxide in them.
The quantity of absorption of carbon dioxide in steel making slag under wet grinding is larger than that under dry grinding. The quantity of absorption and fixation of carbon dioxide is larger than the quantity of carbon dioxide which is exhausted from the reactor under operation. (Figure 1).

1) M.N.N.Hisyamudin(博士課程), S.Yokoyama and M.Umemoto:”Storage of CO2 in Low Al2O3 EAF Oxidizing Slag by Grinding with Vibration Mill”, Materials Science Forum, Vol.634-636 (2010), p.2927-2930
2) S.Yokoyama, R.Sato, N.H.B.M.Nor(博士課程), M.Umemoto: “Behavior of CO2 Absorption in Wet-grinding of Electronic Arc Furnace Reduction Slag by Vibration Ball Mill”, ISIJ International, Vol.50 (2010), No.3, p.482-489
A large amount of slag is drained as a by-product from iron and steel industries. The development of is the new practical use technology of the slag demanded due to lack of the last disposal ground. As one of the usages, it is thought to use the slag as cover sand materials to ooze in waters. In this study, I perform an elution test of the slag to check the safety of the slag and to investigate the dissolution behavior of the slag into fresh and sea water. In addition, the slag contains valuable and harmful components. Separation and extraction of them from the slag have been studied.

1) S.Yokoyama, A.Suzuki, N.H.B.M.Nor(博士課程), H.Kanematsu, A.Ogawa, T.Takahashi, M.Izaki and M.Umemoto: “Serial Batch Elution of Electronic Arc Furnace Oxidizing Slag Discharged from Normal Steelmaking Process into Fresh Water”, ISIJ International, Vol.50 (2010), No.4, p.630-638
2) S.Yokoyama,A.Suzuki,M.Izaki,M.Umemoto:“Elution behavior of Electric Arc Furnace Slag in Fresh Water”,Tetsu-to-Hagane,Vol.95 (2009), No.5, p.434-443
About 5,000,000 cars a year become the end of life vehicles now in Japan. As recycling of them, I perform the development of the dismantling tool for removal of the windshields from a car (Figure 3). In addition, I develop the new process using a rolling machine or mixer to separate copper wire mechanically from a wire harness that is used in a car. I investigate the effect of temperature, length and etc. of the wire harness on the recovery ratio.

1) S. Yokoyama, S. Takeuchi, M.N.N.Hisyamudin(博士課程):“Mechanical Separation of Metallic Copper from Polymer-Insulated Copper Wire”, International Conference on Advanced Materials and Processing Technology (AMPT2010), Paris, (France), 24?27 October 2010,AIP Conference Proceedings Vol. 1315, p.1527-1532
2) S. Yokoyama, S. Takeuchi, H. Hashimoto, S. Maki: “Mechanical Separation of Metallic Copper from PVC(polyvinylchloride) Coated Copper Wire of Wire Harness by Rolling”, Proceedings of the International Federation of Automotive Engineering Societies (FISITA-2006), Yokohama, (CD ROM)
現在,地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスが増加しており,その分離,回収および固定などの開発が望まれている.一方で,鉄鋼スラグやコンクリートの処理が問題となっている.これらには二酸化炭素と反応しやすい酸化カルシウムが含まれている.そこで,これらに二酸化炭素を吸収固定する技術の開発を行っている.
これまでに,湿式粉砕下での二酸化炭素の吸収量とその速度は乾式粉砕下でのそれらよりも大きいこと,粉砕機を動かす際に発生する二酸化炭素量よりもその吸収固定量は大きいことなどを見出している(図1).

1) M.N.N.Hisyamudin(博士課程), S.Yokoyama and M.Umemoto:”Storage of CO2 in Low Al2O3 EAF Oxidizing Slag by Grinding with Vibration Mill”, Materials Science Forum, Vol.634-636 (2010), p.2927-2930
2) S.Yokoyama, R.Sato, N.H.B.M.Nor(博士課程), M.Umemoto: “Behavior of CO2 Absorption in Wet-grinding of Electronic Arc Furnace Reduction Slag by Vibration Ball Mill”, ISIJ International, Vol.50 (2010), No.3, p.482-489
現在,日本では年間約500万台の自動車が廃車になっている.本研究では,解体の効率化とリサイクルの研究として,解体工具の開発,ワイヤーハーネスのリサイクルに関する研究を行っている.これまでに,フロントガラスなど取り外す工具を開発し,フロントガラス等を使効率的に取り外せ,その中古部品としての使用を可能とした.また,ワイヤーハーネスに含まれる銅を機械的に取り出すプロセスを開発している.これまで,圧延機を用いたプロセス(図3)を開発してきたが,現在は別方式のプロセスを検討している.

1) S. Yokoyama, S. Takeuchi, M.N.N.Hisyamudin(博士課程):“Mechanical Separation of Metallic Copper from Polymer-Insulated Copper Wire”, International Conference on Advanced Materials and Processing Technology (AMPT2010), Paris, (France), 24?27 October 2010,AIP Conference Proceedings Vol. 1315, p.1527-1532
2) S. Yokoyama, S. Takeuchi, H. Hashimoto, S. Maki: “Mechanical Separation of Metallic Copper from PVC(polyvinylchloride) Coated Copper Wire of Wire Harness by Rolling”, Proceedings of the International Federation of Automotive Engineering Societies (FISITA-2006), Yokohama, (CD ROM)
鉄鋼業などではスラグが大量に排出されているが,最終処分場の逼迫などにより,スラグの特長を生かした新しいスラグの活用技術の開発が現在求められている.その一つとして,海岸への覆砂材としての利用が考えられている.本研究では,スラグの溶出試験を行い,環境規制物質や規制外であるスラグの主要成分の溶出挙動(図2)を調査している.現在,環境規制物質の溶出量は基準値内であり,スラグを水域で使用できることなどが分かった.また,植物プランクトンの増殖に必要な鉄やシリコンなどを溶出させ,その増殖による二酸化炭素の取り込みを増大させること検討している.

1) S.Yokoyama, A.Suzuki, N.H.B.M.Nor(博士課程), H.Kanematsu, A.Ogawa, T.Takahashi, M.Izaki and M.Umemoto: “Serial Batch Elution of Electronic Arc Furnace Oxidizing Slag Discharged from Normal Steelmaking Process into Fresh Water”, ISIJ International, Vol.50 (2010), No.4, p.630-638
2) 横山誠二,鈴木玲人,伊崎昌伸,梅本実:“電気炉酸化スラグの淡水への溶出挙動”,鉄と鋼,Vol.95 (2009), No.5, p.434-443
横山 博史 researchmap
飛行機・高速車両・自動車などの輸送機関やファンなどの流体機器からは渦の変形などの流れの非定常現象により空力騒音や振動が発生しています。省エネルギーかつ静粛な機器の設計指針構築を目的とし、周囲の流れや音場について風洞実験および流れと音の直接計算により明らかにし、研究を行っています。またプラズマアクチュエータなどを用いた能動的な流体制御、熱音響現象(熱エネルギーと音波の交換現象)を利用した音響エネルギーの有効利用にも取り組んでいます。
高効率かつ低騒音な高機能な流体機械の開発を目的とした研究を行っています。近年、ファンにおいては性能とともに静粛性が求められており、設計段階において騒音を予測・低減することが望まれています。
本研究では、電子機器等の冷却装置として用いられる比較的小型の軸流ファンを対象として、発生する音の低減を目的に、ケーシング形状や設置環境がファン性能および騒音に及ぼす影響について分析しています。
Aerodynamic noise increases in proportional to the high power of velocity. So, the noise is a sever problem for high-speed transport vehicles or flow-related machinery. For example, intense tonal sound radiates from cavity flow and flow around a cascade of flat plates, where the feedback loop due to fluid-acoustic interactions occurs. To clarify the mechanism of acoustic radiation and establish the methodologies for noise reduction, we perform wind tunnel experiments and aeroacoustic direct numerical simulation (AADNS). Also, to establish the prediction method of aerodynamic noise, decoupled simulations consisting of acoustic and flow simulations are focused on. ○Cavity tone ○Control of aerodynamic noise by plasma actuators ○Aerodynamic noise from flows around a cascade of flat plates with acoustic resonance ○Tonal sound from automobiles parts such as bonnet, door mirror and sunroof ○Decoupled simulations based on Lighthill analogy
 The computational methodology for prediction of coupled dynamic phenomena related with fluid and acoustics has been developed. In air-reed instruments such as a recorder, the flow velocity fluctuates by the blowing of performer. These fluctuations generate sound (pressure and density fluctuations). The simulations can include the body force electrically induced in the flow such as plasma actuators and thermal conduction in a object such as thermoacoustic heat pump.
飛行機・高速車両・自動車などの輸送機関やファンなどの流体機器からは渦の変形などの流れの非定常現象により空力騒音が発生する.こうした空力騒音の発生機構の解明および低減手法の確立を目指し,流れと音の直接計算により研究を行っている.また,風洞を用いた計算の検証も行っている. 現在は特に,高速車両の車両車間部や自動車のサンルーフで問題となるキャビティ音などのフィードバック音や,ファン騒音,自動車のグリル・ドアミラー騒音に関して研究を行っている.
 流体・音響・構造の連成を伴う現象について予測可能な数値解析プログラムを構築している.本手法はリコーダーやリード楽器などの現象解明にも応用されている.また,プラズマアクチュエータなど電気的に流体中に発生する力を考慮した解析,熱音響ヒートポンプなどにおける物体内の熱伝導を考慮した解析のコード開発も行っている.
 飛行機,高速車両,自動車などの輸送機関やファンなどの流体機械の周りでは渦の変形などの流れの非定常現象により空力騒音が発生する.こうした空力騒音の発生機構の解明および低減手法の確立を目指し,風洞実験および流れと音の直接計算を両輪とし,研究を行っている.流体機械では,空力騒音とともに空力特性の向上も課題である.革新的・高機能な流体機器の開発を目指し,プラズマアクチュエータなどを用いた流体および発生音の制御手法について開発を進めている.
吉田 絵里 researchmap
安定ラジカルによる光リビングラジカル重合を用いて、機能性高分子材料を設計しています。構造の制御された高性能な高分子を“光精密ラジカル重合”で合成しています。高分子の分子量の制御剤は、安定なニトロキシルラジカルで、イオン反応に対する安定性を利用して、さまざまな誘導体に変換することができます。
分子量の制御された高分子を“光ラジカル重合”で合成しています。分子量の制御剤に用いているのは、抗酸化剤や紫外線吸収剤として知られる安定なニトロキシルラジカルです。この化合物は、イオン反応に対して比較的安定なので、さまざまな誘導体に変換することができます。本研究室では、このニトロキシルラジカルの種々の誘導体を合成し、さまざまな構造をもつ高分子を開発しています。例えば、イオン重合や重縮合で得られる高分子の末端にニトロキシルラジカルを導入し、その高分子を制御剤に用いることで、異なる重合法で得られる高分子同士のブロック共重合体を得ることができます。これらの高分子は、機能性界面活性剤をはじめ、インテリジェントポリマーとして多くの工業的材料に使われています。
外部刺激に応答する高分子界面活性剤を開発しています。特に、当研究室で開発しているのは、温度や圧力、pHなどの外部刺激だけでなく、酸化や還元のような電子移動反応や光反応によって界面活性剤の凝集が促進される新しいタイプの高分子界面活性剤です。これらの界面活性剤が形成する凝集体は、数十ナノメートルの球状粒子で、かつその内部に物質変換機能や保湿機能、接着機能など、種々機能を有しているインテリジェントなナノ粒子です。これらの機能性ナノ粒子は、ナノ酸化剤をはじめ、各種センサーや特殊塗料、分解機能性脱臭剤など、さまざまな用途が期待されます。
二酸化炭素に圧力をかけていくと、31℃、73気圧以上で、気体のように分子同士の相互作用がなく、かつ粘性がない液体状態、つまり、“超臨界状態”になります。この“超臨界二酸化炭素”は、環境への負荷が低いことから、有機溶媒の代替物として近年注目を集めています。当研究室では、この超臨界二酸化炭素を用いた新しい材料開発を行っております。例えば、ある種の高分子に超臨界二酸化炭素中で圧力をかけると、わずか数分で球状の微粒子を得ることができます。この方法には、従来の超臨界二酸化炭素中での重合法を用いていないので、微粒子内に未反応のモノマーが残留しない安全性の高い微粒子製造技術です。さらに、この微粒子をガラス表面に塗布すると、接触角170度以上の超はっ水表面が得られます。この技術は、ワイパーの不要な車輌の開発として、現在注目されています。
当研究室では、種々の機能をもつ高分子界面活性剤を合成しています。リビングラジカル重合法を用いているので、手軽に合成でき、かつコストもかかりません。当研究室で開発した高分子ミセルは、種々の物質変換をミセル内で起こすことができるナノスケールの球状超微粒子です。また、この超微粒子は、外部刺激に応答するインテリジェントポリマーとしても機能します。さらに、ガスセンサーをはじめ、脱臭剤やはっ水剤、ナノ酸化剤、ナノ還元剤、化粧品組成物など、幅広い用途をもっています。
超臨界二酸化炭素中での高分子の自己組織化を利用して、機能性高分子微粒子を開発しています。例えば、当研究室で開発した微粒子を表面にコーティングすると、水に対する接触角が170度以上の超はっ水性表面をつくり出すことができます。この微粒子形成法は、重合によるものではないので、未反応のモノマーや開始剤の残留がない安全な微粒子を提供することができます。
当研究室で開発した光精密ラジカル重合法を用いると、種々の機能性高分子材料を設計・合成することができます。例えば、末端官能基の定量的な導入や、分子量の制御された高分子を容易に合成することができます。特に、通常の合成法では困難な、ラジカル重合以外の方法で合成したポリマーとのブロック共重合体を得ることができます。このブロック共重合体は、機能性高分子界面活性剤として幅広く利用できます。
吉田 祥子 researchmap
Observation for developing cerebellar cortex by acoustic impedance microscope
In cerebellar development, granule cells migrate with elongation of parallel fibers, and form neuronal circuit in molecular layer. An acoustic impedance microscopy was useful for observation of circuit structure of no treated developing cerebellums with no invasion.
思考と活動を支える脳は、多種多数の細胞が情報を相互に交換して機能している。私たちは酵素を利用して脳の出す情報分子を光学的に観察する技術を開発し、情報の時間的空間的な相互作用を観測している。
この技術を用いて、発達期の脳が神経伝達物質を出して互いに連絡しながら神経回路を作る過程を可視化することができた。また、酵素光反応を用いた測定技術を、他の生理活性分子の測定に応用することで、臨床化学から食品化学まで幅広く技術を応用することができる。
「脳を測る」「脳を見る」技術を通じて得た知見をもとに、脳を培養する技術を通じて「機能するかたち」を作る技術を開発している。この研究を通じて神経分化が自己組織的なタイミングジェネレータ機構を持つこと、一過性の細胞の電位変動がスイッチになることを見いだしている。この研究は、組織再生技術へ応用できる。
脳は直径10μmの細胞体と1μm程度の細長い神経突起を持つ神経細胞が整然とした構造を作って機能している。この複雑な構造を生きたまま観測するために本多電子(株)と共同開発した「超音波顕微鏡」による皮質構造の観察、および国立共同研究機構生理学研究所との共同研究による「VGAT遺伝子改変ラット」を用いた細胞機能の追跡を行っている。
超音波顕微鏡は無侵襲で細胞の物理的な状態を可視化するため、食品の状態や異物の検査に応用することができる。遺伝子改変動物(トランスジェニック動物)は厳重な管理のもと実験用途に限って利用されており、うつ病や学習障害の原因究明と治療法の検討に大きな知見を与えてくれる。
神経伝達物質のグルタミン酸は、日常生活ではうまみ成分としてよく知られている。また、同じくギャバ(γアミノ酪酸)は血圧降圧、血糖低下などの生理機能を示す。これらを含む食品の開発が進んでいるが、成分測定は通常加工前の食品などを粉砕して行われている。実際には食品の保存、調理の過程で成分量は変化すると考えられ、またその上で適した加工法を選ぶ必要もあると思われる。本課題では脳研究のために開発した酵素光学測定法を用いて、うまみ成分、有用成分の加工による変化を簡易測定するシーズを提供する。