開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 機械工学系 > 安井 利明(やすい としあき)

安井 利明(やすい としあき)

所属 機械工学系
兼務
職名 准教授/学長補佐(広報担当)
専門分野 接合加工 / プラズマプロセス / 表面改質
学位 博士(工学)(大阪大学)
所属学会 溶接学会 / 日本溶射学会 / 応用物理学会 / 日本真空協会 / 日本機械学会 / 電気学会 / 日本金属学会 / 摩擦接合技術協会
E-mail yasui@
※アドレスの末尾に「tut.jp」を補完してください
研究室web http://isf.me.tut.ac.jp/index.html
研究者情報リンク 研究者情報

研究テーマ(シーズ1)
摩擦攪拌接合による異種材料間接合技術の開発

研究の技術分野 機械 電気・電子 金属・材料 環境
研究の段階・状況 A3 基礎開発研究の段階
キーワード 異材接合 固相接合 軽量化
提案者 安井 利明 機械工学系
連絡先 Tel:0532-44-6703 Fax:0532-44-6690 E-mail:yasui@tut.jp URL: http://isf.me.tut.ac.jp/index.html

従来、溶接では不可能であった、鉄鋼材料とアルミ合金の接合が摩擦攪拌接合により可能なこととその接合機構を我々の研究室で明らかにした。本接合技術では、摩擦攪拌による材料流動や接合界面の形成機構を明らかにすることが重要であり、このために様々な可視化技術を用いた基礎研究を実施している。また、各種異種材料間での接合にも取り組むと共に、その産業応用を目指した研究に取り組んでいる。

摩擦攪拌による鉄とアルミの突合せ接合
摩擦攪拌による鉄とアルミの接合界面

主要な研究設備等

マシニングセンター
接合荷重測定装置
無線式接合ツール温度測定システム
引張試験機
微小硬度計
サーモグラフィー
超音波探傷装置

基本となる特許・開設記事・研究論文等

1) 安井利明他, "アルミニウム合金/鋼の摩擦攪拌異材接合における材料流動のX線CT観察," 軽金属 64(2014) 604-610.
2) T.Yasui, et al., "Effect of weld line shape on material flow during friction stir welding of aluminum and steel,"
IOP Conf. Series: Materials Science and Engineering 61(2014) 012009.
3) 安井利明他, "摩擦攪拌作用により接合した6063Al合金/S45C炭素鋼の接合界面の微視組織観察 ―摩擦攪拌作用による異種金属材料間の接合法の研究(第2報)―," 溶接学会論文集 25(2007)426-430.
4) 異種金属材の摩擦撹拌接合方法 特開2004-255420.

実施可能な共同研究の形態

共同研究の実施形態          :大学と企業の両方で実施
大学への研究員等の受入        :可能
企業への専門家等の派遣(不定期を含む):可能


ページトップへ