豊橋技術科学大学

検索

Search

吉田 絵里(よしだ えり)

所属 応用化学・生命工学系
職名 准教授
専門分野 環境材料工学 / 超分子化学 / 高分子化学
学位 博士(工学)(東京工業大学)
所属学会 アメリカ化学会 / 王立化学会 / 日本化学会 / 高分子学会 / 化学工学会
E-mail yoshida.eri.gu
※アドレスの末尾に「tut.jp」を補完してください
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究テーマ(シーズ2)
超臨界二酸化炭素を用いる高分子材料の開拓

研究の技術分野 化学・化工 環境 ナノテクノロジー
研究の段階・状況 A3 基礎開発研究の段階
キーワード 超臨界二酸化炭素 高分子界面活性剤 高分子微粒子 分散重合 自己組織化
提案者 吉田 絵里  応用化学・生命工学系
連絡先 Tel :0532-44-6814
Fax :0532-48-5833
E-mail:yoshida.eri.gu@tut.jp

超臨界二酸化炭素中での高分子の自己組織化を利用して、機能性高分子微粒子を開発しています。例えば、当研究室で開発した微粒子を表面にコーティングすると、水に対する接触角が170度以上の超はっ水性表面をつくり出すことができます。この微粒子形成法は、重合によるものではないので、未反応のモノマーや開始剤の残留がない安全な微粒子を提供することができます。

主要な研究設備等

超臨界二酸化炭素用高圧装置他

基本となる特許・解説記事・研究論文等

E. Yoshida and A. Nagakubo, Colloid Polym. Sci., 285, 441 (2007)

実施可能な共同研究の形態

共同研究の実施形態          :主に大学で実施
大学への研究員等の受入        :可能
企業への専門家等の派遣(不定期を含む):可能


ページの先頭へ戻る