研究シーズの泉

豊橋技術科学大学、長岡技術科学大学、国立高等専門学校の研究シーズが結集した横断的に検索可能なサイトです。

お問合せ メニュー

よく閲覧されている研究シーズ

タイトル表示 概要文も表示する
研究シーズ 研究室(別サイトへのリンクです) 教員紹介、事例紹介(別サイトへのリンクです)

過去1か月間のランキング
(2022年5月28日~2022年6月28日)

ナノの光(近接場光)を用いた表面平滑化の産業応用を展開しています。表面のナノ寸法の凹凸に発生する近接場光を利用することで、光を絞る必要がなく、大面積で表面を原子レベルで平滑化が可能です。また、光を使った非接触可能であるため、様々な材料・様々な形状に対して平滑化が可能です。

●微生物の低分子リグニン代謝系の解明
●微生物の芳香族化合物代謝系の解明
●芳香族化合物代謝系遺伝子群の発現制御機構の解明
●リグニン分解菌のゲノム解析
●リグニンからの有用物質生産

電気自動車・燃料電池自動車等のクリーンビークルや自然エネルギー発電分野、更にはセンサ・ウェアラブルデバイス等での利用も見据え、次世代型二次電池の高安全化・低コスト化・高性能化・高信頼化に資する研究開発を幅広く展開しています。
物体から反射光には、その物体に由来する特徴的な分光情報を有することが知られています。物体の反射光のなかでも可視光は、色情報として得ることができますが、人間の視覚では見ることのできない近赤外光にも特徴的な吸収・反射バンドが見られることが知られています。こうした可視光や近赤外光の情報の可視化は、さまざまな分野への応用が期待されています。
既存建築物の老朽化・経年劣化対策や耐震性能向上のために軽量・高強度で施工性にも優れる繊維強化複合材料を応用した鋼構造物の補強・補修方法の研究開発や設計法の研究を行っています。
陸に海に空に様々なシーンでドローンの活躍が期待されています。しかしながら現状のドローンはバッテリー充電または交換に人手が必要という難点があり飛行距離拡大の障壁となっています。本研究室では、電界結合⽅式の特⻑を活かした駐機中ワイヤレス充電の社会実装を目指しています。
建造物外壁調査は10年に1度行うことが義務化されましたが、現状コストのかかる足場建設や危険を伴うブランコ作業が必須であり、人手不足や多大な検査費用のため調査が進んでいないのが実情です。それらを安全かつ手軽で安価に行うためのプラットホームとしてのロボットの開発を目指しています。
近年、有機電解液に劣らないリチウムイオン導電性に優れた硫化物系固体電解質が発見されたことにより、究極的に安全な全固体リチウム二次電池の実現が期待されています。全固体電池の実用化に向けて、高エネルギー密度化、高出力化、低コスト化などに資する研究開発を行っています。
将来の超小型ロボット、医療機器、計測機器などへの応用を目指した先端的アクチュエーション技術を創出し、それらの基礎的な原理現象を解明し、性能向上に取り組み、世の中に広く使われることを目指して研究開発を行っています。

過去1年のランキング
(2021年6月28日~2022年6月28日)

ナノの光(近接場光)を用いた表面平滑化の産業応用を展開しています。表面のナノ寸法の凹凸に発生する近接場光を利用することで、光を絞る必要がなく、大面積で表面を原子レベルで平滑化が可能です。また、光を使った非接触可能であるため、様々な材料・様々な形状に対して平滑化が可能です。

●微生物の低分子リグニン代謝系の解明
●微生物の芳香族化合物代謝系の解明
●芳香族化合物代謝系遺伝子群の発現制御機構の解明
●リグニン分解菌のゲノム解析
●リグニンからの有用物質生産

物体から反射光には、その物体に由来する特徴的な分光情報を有することが知られています。物体の反射光のなかでも可視光は、色情報として得ることができますが、人間の視覚では見ることのできない近赤外光にも特徴的な吸収・反射バンドが見られることが知られています。こうした可視光や近赤外光の情報の可視化は、さまざまな分野への応用が期待されています。
電気自動車・燃料電池自動車等のクリーンビークルや自然エネルギー発電分野、更にはセンサ・ウェアラブルデバイス等での利用も見据え、次世代型二次電池の高安全化・低コスト化・高性能化・高信頼化に資する研究開発を幅広く展開しています。
人間の動きを3次元計測して得られるデータに対して最先端の機械学習技術を導入し、アバターを用いた対話システムや舞踏・スポーツ・技能動作の訓練支援システムの構築、および人間動作の識別の訓練データの自動生成、操作の動きを考慮した製品設計支援などの技術に取り組んでいます。
建造物外壁調査は10年に1度行うことが義務化されましたが、現状コストのかかる足場建設や危険を伴うブランコ作業が必須であり、人手不足や多大な検査費用のため調査が進んでいないのが実情です。それらを安全かつ手軽で安価に行うためのプラットホームとしてのロボットの開発を目指しています。
近年、有機電解液に劣らないリチウムイオン導電性に優れた硫化物系固体電解質が発見されたことにより、究極的に安全な全固体リチウム二次電池の実現が期待されています。全固体電池の実用化に向けて、高エネルギー密度化、高出力化、低コスト化などに資する研究開発を行っています。
陸に海に空に様々なシーンでドローンの活躍が期待されています。しかしながら現状のドローンはバッテリー充電または交換に人手が必要という難点があり飛行距離拡大の障壁となっています。本研究室では、電界結合⽅式の特⻑を活かした駐機中ワイヤレス充電の社会実装を目指しています。