豊橋技術科学大学

検索

Search

横山 博史(よこやま ひろし)

所属 機械工学系
職名 准教授
専門分野 流体制御,数値流体力学,空力音響
学位 博士 (工学)(東京大学)
所属学会 日本機械学会, 自動車技術会, 可視化情報学会, 日本流体力学会, AIAA (アメリカ航空宇宙学会)
E-mail h-yokoyama@me
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://ec.me.tut.ac.jp/
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究テーマ(シーズ5)
熱音響現象に関する研究

研究の技術分野 熱音響,音響学,熱力学,流体力学
キーワード 熱音響
提案者 横山博史
連絡先 横山博史 h-yokoyama@me ※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください

 音響エネルギーの有効活用を目的として,熱エネルギーと音響エネルギーの交換現象である熱音響現象に着目した研究を実施ている.共鳴管内にスタックと呼ばれる細管流路(平板列など)を設け,スピーカにより音響加振を行うと,スタック両端間に温度差が生じる. 音響エネルギーとして流れから発生する音である空力音を利用することを考え,溝部から発生するキャビティ音を利用した熱音響ヒートポンプ現象について研究を進めている. キャビティ内の旋回流と熱音響現象の相互作用の理解は,キャビティ流れにおいて意図せず発生する温度こう配の理解にもつながる.
 熱音響機器の省スペース化などのため,共鳴管が曲がった状態となることがある.この際折れ部での音響エネルギーの損失が問題となり,こうした損失を定量的に評価し,制御する手法について研究を行っている.

音響エネルギーを用いたヒートポンプ
折れ部を有する共鳴管の音響加振

主要な研究設備等

〇スピーカを用いた音響加振装置.
〇共鳴管内の音響エネルギーの測定方法
〇流れ・音・温度場の連成解析手法

基本となる特許・開設記事・研究論文等

Yusuke Kishino, Hiroshi Yokoyama, Yasuaki Omori, Masahito Nishikawara, "EFFECTS OF STACK POSITION ON THERMOACOUSTIC HEAT PUMP IN A RECTANGULAR RESONATOR", Proceedings of 26th International Congress on Sound and Vibration, 2019.

岸野優輔, 横山博史, 大森康瑛, "熱音響ヒートポンプにおけるスタック位置が圧力場に及ぼす影響",日本流体力学会中部支部講演会 2018.

実施可能な共同研究の形態

共同研究一般


ページの先頭へ戻る