開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 情報・知能工学系 > 岡田 美智男(おかだ みちお)

岡田 美智男(おかだ みちお)

所属 情報・知能工学系
兼務 人間・ロボット共生リサーチセンター
安全安心地域共創リサーチセンター
建築・都市システム学系
職名 教授/学長補佐(情報担当)/人間・ロボット共生リサーチセンター長
専門分野 コミュニケーションの認知科学 / 社会的ロボティクス / 次世代ヒューマンインタフェース
学位 工学博士(東北大学)
所属学会 認知科学会 /日本生態心理学会 / 人工知能学会 / 情報処理学会 / ヒューマンインタフェース学会
E-mail okada@
※アドレスの末尾に「tut.jp」を補完してください
研究室web http://www.icd.cs.tut.ac.jp
研究者情報リンク 研究者情報

研究紹介

社会的ロボティクス、関係論的なロボティクスと呼ばれる、人とのコミュニケーションの成立や社会的関係の形成過程、人との関わりの中での認知発達機構の解明を狙いとした次世代ロボットの研究を進めています。また、関係論や身体性認知科学の視点からコミュニケーションやインタラクションの理論を構築し、ロボットやエージェントを用いて構成的な検証を進めています。さらに、これらの枠組みや理論に基づき次世代のヒューマンインタフェースや学びの場のデザインなどを行っています。

テーマ1:社会的ロボットおよび関係論的なロボットの構成原理に関する研究

概要
Sociable Trash Box

身体性や関係論を基盤とした認知科学的な側面から、身体知や暗黙知など身体的な知性とその獲得機構の解明、自己の身体を参照しながら他者の行動を意味づける身体的・関係論的なコミュニケーション機構の解明を目指しています。また、社会的なロボティクス、関係論的なロボティクスなど、人とのコミュニケーションの成立や社会的関係の形成過程、人との関わりの中での認知発達機構の解明を狙いとした次世代ロボットの研究や、ロボットや子供たちで構成されるコミュニティにおいて、相互のコミュニケーションスキルや社会性の発達を促す双対性を備えた関係発達論的なロボティクスの研究を進めています。

主な業績

◆ 岡田美智男:『弱いロボット』(シリーズ ケアをひらく)、医学書院 (2012).
◆ 岡田美智男・松本光太郎共編著:『ロボットの悲しみ - コミュニケーションをめぐる人とロボットの生態学』、新曜社 (2014).
◆ 岡田美智男:リソースの中に埋め込まれた学び ― 次世代ロボット創出プロジェクトの実践から、佐伯 胖監修、渡部 信一編:『「学び」の認知科学事典』、pp.525-540 、大修館書店(2010).
◆ Yuto Yamaji, Taisuke Miyake, Yuta Yoshiike, P. Ravindra S De Silva and Michio Okada: STB:Child-Dependent Sociable Trash Box, International Journal of Social Robotics, Volume 3, Number 4, Pages 359-370 (2011).
◆ Naoki Ohshima , Yasuke Ohyama, Yuki Odahara, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Talking-Ally: The Influence of Robot Utterance Generation Mechanism on Hearer Behaviors, International Journal of Social Robotics, Volume 7, Issue 1, Pages 51-62 (2015).
◆ 岡田美智男:モノと者の間にあるもの ― ロボット研究から『モノ学』へのアプローチ、鎌田東二編著『モノ学の冒険』、pp.203-219, 創元社(2009).

キーワード

社会的ロボット、関係論的ロボット、認知発達機構

テーマ2:コミュニケーションやインタラクションデザインに関する研究

概要
Table Talk Plus

日々のコミュニケーションでは、伝えようとしても伝わらないことがある一方で、伝えようとしなくとも伝わってしまうことがあります。私たちは身体性や関係論などを基盤とした次世代のコミュニケーション技術の研究に取り組んでいます。特に人と人、あるいは人とシステムとの間にあるコミュニケーション・バリア,コミュニケーション障害などを克服するためのコミュニケーションデザインの研究とその次世代ヒューマンインタフェースや学びの場のデザインへの応用、コミュニケーション障害児の療育を支援するソーシャルメディエータなどの研究を進めています。

主な業績

◆ 鴨田 貴紀, 角 裕輝, 竹井 英行, 吉池 佑太, 岡田 美智男:Sociable Dining Table: 相互適応による「コンコン」インタフェースに向けて、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.12, No.1, pp.57-70 (2010).
◆ 大島直樹、岡澤航平、本田裕昭、岡田美智男:TableTalkPlus:参与者の共同性や社会的なつながりを引きだすアーティファクトとその効果、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.11, No.1, pp.105-114 (2009).

キーワード

インタラクションデザイン、次世代ヒューマンインタフェース

担当授業科目名(科目コード)

インタフェースデザイン論 / データ分析序論 / 多変量解析論 / ロボット情報学特論

その他(受賞、学会役員等)

◆ 2013: HRI2013 Honorable Mention Demonstration Award
◆ 2012: HAI-2012 Outstanding Research Award 最優秀賞
◆ 2012: HAI-2012 Impressive Experience Award
◆ 2012: ICSR2012 BEST ROBOT DESIGN AWARD
◆ 2010: 第11回ヒューマンインタフェース学会論文賞
◆ 2010: HRI 2010 The Best Late-Breaking Report Award
◆ 2010: ICSR 2010 Best Paper Finalist
◆ 2010: HAI2010 Outstanding Research Award 優秀賞


ページトップへ