文字サイズ
検索

大学概要

ホーム > 大学概要 > 豊橋技術科学大学におけるSDGsの取組

豊橋技術科学大学におけるSDGsの取組

豊橋技術科学大学におけるSDGsの取組

sdg_logo_ja_2.jpg

大西プラン2019年度重点実施項目として策定

UNAIlogo.png

教員意識調査

SDGsG.png

教員の研究事例

燃焼器の超小型化による自立式超過エンタルピー燃焼の実現

sdg_icon_07_ja.png

機械工学系
教授・中村祐二

研究の概要はこちら

相分離型マルチフェロイック薄膜新材料の開発とデバイス化

sdg_icon_09_ja.png

電気・電子情報工学系
教授・松田厚範 教授・内田裕久 准教授・中村雄一 助教・河村剛 後藤太一

研究の概要はこちら

関係論的ロボットの社会実装研究プロジェクト

sdg_icon_09_ja.png

情報・知能工学系
教授・岡田美智男

研究の概要はこちら

建物の地震損傷モニタリングシステム

sdg_icon_11_ja.png

建築・都市システム学系
教授・齊藤大樹助教・林和宏

研究の概要はこちら

「東三河SDGs Day2019」への参加

190925sdgs.JPG

 国際連合のSDGs「持続可能な開発目標」の採択4周年にあたる9月25日、地元企業の発案により、東三河の地にSDGsの文化を根付かせ推進することを目的とし「東三河SDGs Day2019」が開催され、本学をはじめ豊橋市、地元企業の9団体がSDGsの取組について発表を行った。
本学はIGNITEの小池特任教授より大西プランにおけるSDGs、アカデミックインパクトへの参加について説明。本学の有するSDGsに貢献できる3つの資産として【研究アセット】、【ネットワーク機能】、そして【学生】であるとし、学生の代表として松木大輝さん(機械工学専攻 博士後期1年)を紹介。
松木大輝さんが自身の研究や自主的な活動を紹介し、これらを通じてSDGsに貢献したいという思いを語った。

ASEAN・アフリカを中核とした工学教育のグローバル循環プログラム

sdg_icon_04_ja.png

 文部科学省2017年度「国費外国人留学生の優先配置を行う 特別プログラム」採択プログラムとして2018年度から実施。ASEAN・アフリカ地域の高等教育を支援するため、学位未取得の現地教員を博士後期課程留学生として受け入れ、教員養成のための特別な教育プログラムを実施しています。

ASEAN1.png

 本プログラム学生が豊橋東高校で持続可能な開発目標(SDGs)をテーマにしたアクティブラーニング形式の特別授業を実施。また、今年度からは本学の学生に対しても留学生と日本人の混合グループでアクティブラーニング形式の特別授業を実施しています。

ASEAN2.png

ASEAN3.png

開学以来継続する、工学教育分野における国際協力活動

 ICCEED(工学教育国際協力センター)は工学教育分野における国際協力活動を行うために2001年4月に設置。
現在はIGNITE(グローバル工学教育推進機構)の一部門として、従来の途上国の工学系人材の育成(質の高い教育の提供)に加えて、本学全体の国際交流および連携の促進にも取り組むほか、途上国の製造業を中心とした産業発展のために研究者や技術者の技術研修を実施しています。

sdg_icon_04_ja.png

sdg_icon_09_ja.png

sdg_icon_17_ja.png

学生の声 (広報誌 天伯 No.148号 ギカガイ生の今!より)

世界中の感染症を なくしたい

148tempaku-gakusei5.png

機械工学 博士前期1年 夏原 大悟 さん

ジカ熱やデング熱など、世界中にはたくさんの感染症があります。それらの病原体検出のためのデバイスを研究しています。感染症をなくして全ての人々に健康を!

微生物できれいな水を 作ります

148tempaku-gakusei12.png

応用化学・生命工学 学部4年 Sugar Gantsetseg(スガル ガンツェツグ)さん

水中のマイクロプラスチックを微生物で分解する研究をしています。微生物がきれいな水を作る技術で、世界の人々が衛生的な水を使えるようになり、美しい海を守れればいいなと思います。

農業や林業をサポートする ロボットを開発したい

148tempaku-gakusei13.png

情報・知能工学 博士前期2年 松崎 成道 さん

植物の生い茂った環境でロボットが自律移動するための環境認識手法について研究しています。山間部や森林でも自由に動き回れるロボットを実現し、人手不足や高齢化が問題となっている農業や林業をサポートしたいです。

清潔で持続可能な水源を!

148tempaku-gakusei2.png

建築・都市システム学 博士前期1年 Lim Jia Yen(リム ジア エン) さん

インドのスラム街に関する調査研究をしています。清潔で持続可能な水源がない限り、貧困の悪循環が続くことがわかってきました。すべての人々が清潔な水源と衛生的な環境設備を利用できるように、現地のコミュニティとともに、水と衛生に関わるプロジェクトに取り組んでいきたいです。

博士課程教育リーディングプログラム「ブレイン情報アーキテクトの育成」

Global Summer School 2018 (GSS 2018)

sdg_icon_04_ja.png

sdg_icon_09_ja.png

sdg_icon_17_ja.png


[最終改訂]2019.9.25
国際課/総務課

ページトップへ