すぐに
寄附する

大学基金の概要

豊橋技術科学大学基金へのご支援のお願い

日頃より豊橋技術科学大学の教育研究活動にご理解いただき、また、格別のご支援を賜りまして深く感謝申し上げます。

本学では、「技術を究め、技術を創る」という基本精神を堅持しつつ、時代の大きな変化を見据えた人材育成を行っており、将来のリーダーとなる技術科学者の育成を目指した様々なプログラムを用意しています。
また、開学40周年を機に、新たに開設した「修学支援事業基金」を原資に、「基金奨学金」を立ち上げ、財政的な問題を抱えた学生への給付型奨学金として支援強化を図ることとしました。さらには、附属図書館の改修(寄附金を一部充当)や、皆様方のご厚志による学生課外活動施設(陸上競技場・テニスコート)の改修など、美しい環境の下で学生が活動できるよう教育研究環境の整備・充実を図りました。
これらの取組を継続的に実施していくためには多くの予算が必要となりますが、本学の財政状況は年々厳しさを増しております。
これまでも、本学は卒業生・修了生及び保護者の皆様や地元企業等の皆様の多大なご支援を受けてまいりましたが、この度、学生支援や教育研究支援等の一層の充実を図るべく、安定した財政基盤を確保するため、豊橋技術科学大学基金について、広くご理解とご支援をお願いすることとしました。

経済状況が厳しい中ではございますが、本学教職員も引き続き努力いたしますので、卒業生・修了生の方々をはじめ、地域の方々や企業・団体等の皆様には、引き続き豊橋技術科学大学基金の趣旨をご理解いただき、格別の温かいご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

豊橋技術科学大学学長補佐・基金室長
滝川 浩史

豊橋技術科学大学基金の種類及び目的・事業内容

修学支援事業基金教育研究支援基金

経済的理由により修学が困難な本学の学生に対する支援を目的としています。詳しくは、「大学基金の使途」及び「修学支援事業基金」をご覧ください。

本学における学生支援、教育研究、社会貢献及び国際交流に関する活動等の推進を図るとともに、教育研究環境の整備充実を目的としています。
詳しくは、「大学基金の使途」及び「教育研究支援基金」をご覧下さい。

ご協力をお願いしたい額

一口 1,000円

本基金の趣旨をご理解いただき、複数口(継続寄附の場合は年間1万円以上)のご協力をお願いいたします。

※1回のみ(今回のみ)の場合:個人2口以上、法人10口以上

募金対象者

本学卒業生、保護者、ご家族、教職員(退職者含む)及び企業並びに本趣旨に賛同される方々にご協力をお願いしています。
なお、修学支援事業基金については、平成28年度税制改正により所得税の税額控除制度が導入され、個人からの寄附で修学支援を目的とするなど一定の要件を満たせば税制面で有利になりました。

ご厚意に対する謝意

お礼状をお送りするとともに、ご寄附いただいた方々のご協力に感謝し、本学の歴史に末永く留めさせていただきたく、ご芳名をホームページに掲載・公表させていただきます。(掲載しないことも可能です。)

寄附金に対する税制上の優遇措置

ご寄附については、法人税法、所得税法による税制上の優遇措置が受けられます。

詳しくは、「税制上の優遇措置」をご覧ください。