文字サイズ
検索

大学概要

ホーム > 大学概要 > 基本理念・特色・沿革・規則

基本理念・特色・沿革・規則

基本理念

豊橋技術科学大学は、技術を支える科学の探究によって新たな技術を開発する学問、技術科学の教育・研究を使命とします。この使命のもと、主に高等専門学校卒業生及び高等学校卒業生等を入学者として受入れ、大学院に重点を置き、実践的、創造的かつ指導的技術者・研究者を育成するとともに、次代を切り拓く技術科学の研究を行います。さらに、社会的多様性を尊重し、地域社会との連携を強化します。これらを通じて、世界に開かれたトップクラスの工科系大学を目指します。

本学の特色

高度技術者・先導的人材の育成

高等専門学校からの学生を主な受入対象としつつ、高等学校(普通科、工業科、総合学科)卒業生を1年次に受入れ、学部・大学院一貫教育により、優れた技術開発能力を備え、我が国の産業を牽引する高度な技術者、さらに、広い視野と柔軟な思考力、豊かな学識を備え、グローバル時代を切り拓く研究開発能力を有する先導的な人材を育てています。

社会産業構造の変化、グローバル化時代に対応し、未来を見据えた新たな教育研究組織の再編

基幹産業を支える先端的技術分野と、持続的発展社会を支える先導的技術分野を2本の柱とし工学部・工学研究科が構成されています。また、高い専門性に加え、幅広い視野を持ち、社会の変化に柔軟に対応できる技術者を養成できるよう、教養教育を総括する総合教育院を設置しました。

特色ある教育(らせん型教育、実務訓練)

教育の大きな特徴は「らせん型教育」にあります。学部1・2年次及び高等専門学校において一定の技術教育(基礎・専門)を学んだ学生に対し、3年次以降で、より高度な基礎・専門を繰り返して「らせん型」のように積み上げていく教育を行います。学部4年次(大学院進学前)には、産業界で実務訓練を体験し、実社会における技術者としての問題への取り組み方を学生のうちから体験することにより、博士前期課程における実践的・創造的、指導的技術者となるための高度な教育の意味を理解していきます。このように、基礎・専門を繰り返し、社会での実践教育により、科学を理解し、技術に強い関心を持つ学生を育てるのが本学の特色です。

大学院に重点を置いた教育体系

産業界の工学系学生の採用は大学院修了生に比重を移しています。本学では、学部・大学院一貫教育として、大学院博士前期課程の定員を多 く設定しており、ふさわしい力があれば博士前期課程に進むことができます。また、教員数が大学院教育に合わせて配置されていますので、一教員 あたりの学生数は他大学に比べてかなり少なく、密度の高い充実した少人数教育を行っています。

研究大学(基盤を支える研究、先端分野の研究)

世界水準の優れた研究活動を行う大学として、研究大学強化促進事業(2013~2022年度)の選定大学として、研究大学促進事業費の支援を受けています。
電気電子工学や情報学を基盤とした先端融合研究創成分野、機械工学や材料工学などの基幹産業を支える実践的技術分野、応用化学・生命工学関連分野などの先端的な研究を推進するとともに、分野の垣根を越えた、これまでの課題解決型工学から、新しい価値を創造する価値創造型工学に進化した異分野融合イノベーション研究を推進する拠点形成を目指しています。

高等専門学校との連携

本学は、高等専門学校卒業生の受け皿として開設された経緯から、全国57校(国立51校、公立3校、私立3校)の高等専門学校との教育・研究面での深い連携の下で技術系人材の養成に力を入れています。高等専門学校教員との教育・研究交流を推進するとともに、本科4・5年次および専攻科生に対する体験実習および研究を通じた実践的協働教育を進めています。また、編入学生に対しては、高等専門学校における教育課程と接続性の高い教育の提供を目指しています。本年度からは、高等専門学校専攻科と連携して技術実装力の高い地域人材育成を目指す「連携教育プログラム」を開設し、高等専門学校との連携を通じて地域を支える人材育成にも貢献していきます。

活発な国際交流

本学は「世界に開かれた大学」として欧州、米国、アジアの交流協定校との連携や海外教育拠点(マレーシア・ペナン州)の活用を通じて、日本人学生の派遣、外国人留学生の受入れ、国際共同研究・人材交流を積極的に推進し、これからの世界を支えるグローバル人材の育成に力を入れています。
なかでも文部科学省スーパーグローバル大学創成支援事業「『グローバル技術科学アーキテクト』養成キャンパスの創成」では、バイリンガル講義や多国籍居住空間「グローバルハウス」などのグローバルキャンパス構想や、多文化共生を体現できる「グローバル技術科学アーキテクト」の養成など、グローバル化に向けた抜本的な大学変革を進めています。
また最近、「近未来クロスリアリティ技術を牽引する光イメージング情報学国際修士プログラム (IMLEX)」が、文部科学省とEUによる初の共同公募事業(世界展開力強化事業)に採択され、日-EU共同大学院教育プログラムとして2020年度から始まることになりました。このプログラムでは次世代のクロスリアリティ技術(仮想現実や拡張現実などの総称)を創造し、操り、応用できるグローバル人材の育成を目指しており、本学とヨーロッパの東フィンランド大学(フィンランド)、ルーヴェン・カトリック大学(ベルギー)、サンテティエンヌ ジャン・モネ大学(フランス)の4大学とグローバル企業による国際産学連携コンソーシアムによって運営されます。
この他、ドイツ・シュトゥットガルト大や東フィンランド大とのダブルディグリープログラム、マレーシア科学大やモンゴル科学技術大とのツィニングプログラム、海外実務訓練などを通じて、豊橋と世界を繋ぐ取り組みを実践しています。

多様な産学官連携と地域社会との連携

開学以来、企業との共同研究等を通じ、産学連携拠点の形成を使命の一つとしており、教員1人当たりの民間企業との共同研究費受入額は、2018年度で全国4位、特許出願件数や特許権実施等収入の高い実績を踏まえ、我が国並びに地域産業界との連携を推進しています。
全学の「知」を結集し、愛知県をはじめとする周辺地域が抱える課題の解決対応事業や「集積回路(LSI)技術講習」、「最先端植物工場マネージャー育成プログラム」及び「東三河防災カレッジ」などの実績を活かした社会人向けの実践教育プログラムを推進しています。また、周辺地域との連携を強め、新たな人材育成・社会人教育プログラムの開発にも取り組んでいます。

沿革

1974. 4.11 昭和49年度予算で技術科学大学院(仮称)の豊橋市設置が決定
1976. 5.25 国立学校設置法の一部を改正する法律(昭和51年法律第26号)の施行により、豊橋技術科学大学の新設公布
1976.10. 1 豊橋技術科学大学開学、初代学長に榊 米一郎を発令
1977.4. 18 工学部にエネルギー工学課程、生産システム工学課程、電気・電子工学課程、情報工学課程、物質工学課程、建設工学課程の6課程を設置
1978.4. 1 語学センター設置
1978. 4.24 第1回入学式を挙行
1979.4. 1 体育・保健センター設置
1980.4. 1 大学院工学研究科修士課程にエネルギー工学専攻、生産システム工学専攻、電気・電子工学専攻、情報工学専攻、物質工学専攻、建設工学専攻設置、技術開発センター設置
1981.4. 1 分析計測センター、計算機センター、廃棄物処理施設設置
1982.4. 1 工作センター設置
1984.4. 1

第2代学長に本多 波雄を発令

1986.4. 1

大学院工学研究科博士後期課程に材料システム工学専攻、システム情報工学専攻設置

1987.4. 1 大学院工学研究科博士後期課程 総合エネルギー工学専攻設置
1988.4. 1 工学部に知識情報工学課程設置
1988.10. 1 計算機センターを情報処理センターに名称変更
1990.4.1 第3代学長に佐々木 愼一を発令
1991.4. 1 大学院工学研究科修士課程 知識情報工学専攻設置
1993.4. 1 工学部にエコロジー工学課程設置
1995.4. 1 大学院工学研究科博士後期課程を再編成し、機械・構造システム工学専攻、機能材料工学専攻、電子・情報工学専攻、環境・生命工学専攻設置
1996.4. 1

第4代学長に後藤 圭司を発令
エネルギー工学課程、エネルギー工学専攻をそれぞれ機械システム工学課程、機械システム工学専攻に改称
マルチメディアセンター設置

1997.4. 1 大学院工学研究科修士課程 エコロジー工学専攻設置
1998.4. 1 未来技術流動研究センター設置(~2010.3.31まで)
2000.12. 1 大学院工学研究科修士課程英語特別コース受け入れ開始
2001.4. 1 工学教育国際協力研究センター設置
2002.4. 1

第5代学長に西永 頌を発令
留学生センター設置

2002.9.25 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー設置
2004.3.10 インキュベーション施設設置
2004.4. 1 国立大学法人豊橋技術科学大学設立
2004.12. 1 未来ビークルリサーチセンター設置
2005.4. 1 研究基盤センター設置(技術開発センター、分析計測センター、工作センターを統合)
情報メディア基盤センター設置(情報処理センター、マルチメディアセンターを統合)
インテリジェントセンシングシステムリサーチセンター設置(~2012.3.31まで)
地域協働まちづくりリサーチセンター設置
未来環境エコデザインリサーチセンター設置(~2008.3.31まで)
2006.10. 1 先端農業・バイオリサーチセンター設置
先端フォトニック情報メモリリサーチセンター設置
2006.12. 1 メディア科学リサーチセンター設置(~2009.11.30まで)
2008.4.1 第6代学長に榊 佳之を発令
2009.10. 1 先端フォトニック情報メモリリサーチセンターをナノフォトニクス情報テクノロジーリサーチセンターに改編(~2012.3.31まで)
2009.12. 1 エレクトロニクス先端融合研究センター設置(~2010.9.30まで)
2010.4. 1 工学部、大学院工学研究科博士前期課程を再編(機械工学課程/専攻、電気・電子情報工学課程/専攻、情報・知能工学課程/専攻、環境・生命工学課程/専攻、建築・都市システム学課程/専攻)
国際交流センター設置(語学センター、留学生センターを統合)
人間・ロボット共生リサーチセンター設置
2010.10. 1 エレクトロニクス先端融合研究所設置
2011.4. 1 未来ビークルリサーチセンターを未来ビークルシティリサーチセンターに改編
地域協働まちづくりリサーチセンターを安全安心地域共創リサーチセンターに改編
2012.4.1 大学院工学研究科博士後期課程を再編(機械工学専攻、電気・電子情報工学専攻、情報・知能工学専攻、環境・生命工学専攻、建築・都市システム学専攻)
2013.10.1

機構見直しにより、グローバル工学教育推進機構設置 
国際協力センター、国際交流センター、国際教育センター設置 (工学教育国際協力研究センター、国際交流センターの再編)

2013.12.1 研究推進アドミニストレーションセンター設置
2013.12.4 マレーシア教育拠点設置
2014.4.1

第7代学長に大西 隆を発令
体育・保健センターを健康支援センターに改編

2016.4.1 機構見直しにより、技術科学イノベーション研究機構設置
社会連携推進センター設置
高専連携推進センター設置
研究基盤センターを教育研究基盤センターに名称変更
2018.4.1

グローバル工学教育推進機構を再編し、グローバル工学教育推進センター設置(国際協力センター、国際交流センター、国際教育センターの再編)

2019.4.1

環境・生命工学課程、環境・生命工学専攻をそれぞれ、応用化学・生命工学課程、応用化学・生命工学専攻に名称変更

2020.4.1

第8代学長に寺嶋 一彦を発令

大学規則集

国立大学法人豊橋技術科学大学規則集の内容については、こちらでご確認ください。

学章について

開学20周年を機に、本学学章の公募が行われ、応募作品の中から選ばれたものです。
この学章は、本学のイニシャル「T.U.T.」をモチーフに、実践的技術の研究、開発をする学生の独創的な姿をウェーブでエネルギッシュに表現しています。

コミュニケーションマークについて

本学の理念・使命を広く伝えるために制定したマークであり、視覚的コミュニケーションの核として、様々な場面で活用していきます。

コミュニケーションマークのデザインコンセプトは「世界の産業を支える強い力(人材)の育成」です。

形状は、「豊橋」「技術」の頭文字である2つの「T」を赤と黒で配色し、構成しています。

赤は「基礎」や「人間力」を、黒は「専門」や「技術力」を意味しています。これらがしっかりと重なり合うことで太い幹となり、世界の産業を支えていく力強い人材が育っていくことを表現しています。

ロゴタイプは、教育に対する真摯な印象を持たせ揺るぎない信頼を表現しています。


[初版作成]2009.10.1 / [最終改訂]2020.12.15
総務課

ページトップへ