文字サイズ
検索

学生生活・進路・就職

ホーム > 学生生活・進路・就職 > 奨学金・優秀学生支援制度

奨学金・優秀学生支援制度

奨学金・優秀学生支援制度

奨学金

奨学金には,給付奨学金,貸与奨学金の2種類があり,給付奨学金は原則返済が不要ですが,貸与奨学金は返済しなければなりません。貸与奨学金は返済のことをよく考え申請するようにしてください。

1.日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金奨学生の出願日程・申請様式・年間手続きスケジュール等に関しては,学生課HP(生活支援係)(学内生向け)でご確認ください。

連絡先 学生課生活支援係
TEL 0532-44-6559
FAX 0532-44-6557
E-Mail seikatsu<at>office.tut.ac.jp (<at>を@に変えてください)

2.地方公共団体及び民間育英団体(給付又は貸与)の募集依頼を取りまとめています。

   募集一覧

連絡先 学生課生活支援係
TEL 0532-44-6558
FAX 0532-44-6557
E-Mail seikatsu<at>office.tut.ac.jp (<at>を@に変えてください)

3.留学生支援のための奨学金は国際課へお問合せください。

連絡先 国際課留学生係
TEL 0532-44-6546
FAX 0532-44-6557
E-Mail ryugaku<at>office.tut.ac.jp (<at>を@に変えてください)

優秀学生支援制度

豊橋技術科学大学では,豊かな人間性と国際的視野および自然と共生する心を持つ実践的創造的かつ指導的な技術科学者の育成を目指しています。
特に,学業優秀,深い教養及び国際性を備える次世代を先導する人材を確保・養成するため,学部入学から博士後期課程修了までを一貫して支援する本学独自の学生支援・表彰制度を行っています。

1.新入学生向け支援

(1)学部1年次新入生

学校推薦型選抜(工業に関する学科等),学校推薦型選抜(普通科・理数に関する学科等)及び一般選抜(前期日程)で成績最上位者な入学者に対し,経済的な支援を行います。

(2)学部3年次編入生

2021年度学部3年次編入学予定者から入学者選抜と切り離した新たな支援制度として『本学独自の給付型奨学金』制度を開始しました。詳細は「豊橋技術科学大学特別優秀学生奨学金募集要項」でご確認ください。

【新制度の概要】
豊橋技術科学大学では,2020年4月から国の「高等教育の修学支援新制度」による授業料等の減免が実施されたことに伴い,学内の支援制度の見直しを行い,2021年度学部3年次編入学予定者から入学者選抜と切り離した新たな支援制度として,本学独自の給付型奨学金制度を開始しました(以下「特別優秀学生奨学金」)。

【基本方針】
・家計状況に関わらず,優秀学生に特別優秀学生奨学金を支給します。
・2種類の独自給付型奨学金を創設し,きめ細やかな支援制度を構築します。

【募集人員】
全体で30名程度

【応募資格等】
・学部3年次推薦入試(一般コース・グローバル技術科学アーキテクト養成コース(GAC))出願者のうち,支援を希望する者。
・高等専門学校の全体の評定平均値が4.3以上で,かつ,所属学科(コース)における第4年次成績の平均席次率が10%以内の者。

B3shogakukinChirashi.gif

【応募方法】

募集要項の「3 応募手続き」を確認し募集開始後にエントリーページへ進んでください。

エントリーページ:【エントリーページへ進む】

【支援内容】
・応募者(支援希望者)に対し,選考の上,評価結果の高い者に給付型奨学金「特別優秀学生奨学金」を給付します。
・評価結果の上位20名程度に年額60万円(月額5万円)を,続く10名程度に年額24万円(月額2万円)の奨学金を学部卒業までの2年間給付します。ただし,懲戒があった場合や留年が決定した場合は打ち切ります。
・入学後,国の修学支援新制度による授業料免除等の減免を受けることとなった場合でも,本奨学金の給付に影響を与えることはありません。

【選考方法】
申請書による総合判定 集団面接及び個別面接(2021/5/10変更)

【特別優秀学生奨学金 Q&A】

Q&A

2.在学生向け支援

(1)学部及び博士前期課程在学生支援

本学における学業等の成績優秀者を表彰するとともに,学部生及び博士前期課程学生は奨学金等により経済的な支援を行います。

(2)博士前期課程学内進学者支援

成績優秀な博士前期課程学内進学者に対し,入学料を全額免除します。

(3)博士後期課程在学生支援

学生の研究力の向上及び優秀な学生を確保することを目的として,経済的な支援を行います。

  1. 大学特別支援
    日本学術振興会特別研究員に申請し,博士後期課程入試により入学する優秀な研究成果が期待できる学生に対し,標準修業年限にかかる授業料全額免除並びに奨学金及びリサーチ・アシスタントへの採用により経済的支援を行います。
  2. 教員特別支援
    年額150万円を上限(授業料を含む)として単年度支援します。
  3. 概要
区分 大学特別支援 教員特別支援
支援額 大学から,授業料全額免除(535,800円)+経済的支援(奨学金とRA給与を合算して月額10万円 指導教員から,150万円まで。
ただし,給与奨学金等を受給の場合は調整
申請期限 入学時期等により異なる。 第1回:3月中旬
第2回:8月下旬
申請書類 博士後期課程大学特別支援奨学生申請書
添付:研究成果・計画書,優れた教育研究活動等の業績を証明する資料,学部・博士前期課程の成績証明書
博士後期課程教員特別支援学生申請書
選考方法 理事・副学長等による書類選考及び面接審査(発表,質疑応答) 優秀学生支援制度委員会による資格等審査
定員 各年次15名以内(入学時のみ申請可能) 申請数
支援内容 大学から,授業料全額免除(535,800円)+経済的支援(奨学金とRA給与を合算して月額10万円 a)授業料免除
b)授業料免除+RA
c)RA
申請時に選択
支援開始時期 入学時期等により異なる。 第1回採用者:4月
第2回採用者:10月
支援期間 標準修業年限(原則3年間)
※毎年度,研究業績等の報告義務有り
※取り消し有り
当該年度限り
注1)大学特別支援学生は,日本学術振興会特別研究員に採用されるまで毎年度申請することを必須とし,採用された場合には大学特別支援を辞退することになっています。ただし,4月学内進学者の場合は,原則として当該進学年度の日本学術振興会特別研究員に応募した者を申請対象者としています。
注2)本内容は,2020年2月現在のものであり,今後変更となる場合があります。

3.問い合わせ先

連絡先 学生課生活支援係
TEL 0532-44-6558
E-Mail seikatsu<at>office.tut.ac.jp (<at>を@に変えてください)


[初版作成]2009.10.1 / [最終改訂]2021.05.11
学生課

ページトップへ