豊橋技術科学大学

検索

Search

「大学・高専連携型グローバルAIイノベーションフェローシップ」(TUT-DCフェローシップ制度)

 我が国の技術科学イノベーション創出に対する高い意欲と能力を備えた優秀な人材を確保するため、本学の強みである産学連携を基盤とした教育・研究資源を活用し、「情報・AI分野」の博士後期課程進学者に対する経済支援、研究力の高度化、キャリアパスの支援と確保を一体的に実施し、優秀で技術科学に強い人材の活躍の場を確保していくことを目的とし、「大学・高専連携型グローバルAIイノベーションフェローシップ」(TUT-DCフェローシップ制度)を令和2年度に創設しました。
 なお、本事業は、文部科学省の「科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業」の採択を受けたものです。

支援内容について

支援は2種類(タイプA,タイプB)あり,選考により支援のタイプを決定します。
支援期間は3年間(標準修業年限)です。
【タイプA】
 1.研究専念支援金:研究に専念するための生活費相当 月額15万円

 2.授業料免除:全額免除
 3.研究費:研究に必要な経費 年額50万円上限(審査を経て決定します)
 4.研究力向上・キャリアパス支援:研究力を向上させる取組,博士後期課程修了後のポスト確保に向けた取組等
<研究力向上・キャリアパス支援に向けた取組>
1)研究に専念できる環境:経済支援
2)研究力の高度化:複数指導教員+主体的、自立的な研究姿勢や研究実践力向上の為の研究費支給
3)課題解決力の高度化:実社会における複雑な問題をAIにより解決する能力を修得,コース別インターンシップ
4)キャリアパス開拓を支援する取組:AI企業コンソーシアム等との産学連携型ジョブマッチング
<キャリアパス確保に向けた取組>
1)博士後期キャリアパス協議会:企業と学生との交流機会
2)AI企業コンソーシアムとの連携:起業マインドやAIスキルアップセミナー,ジョブマッチング機会提供
3)アカデミアポスト獲得への支援:育成助教(大樹プログラム)や高専等への採用支援

【タイプB】
 1.研究専念支援金:研究に専念するための生活費相当 月額10万円
 2.授業料:全額免除


申請、審査基準等について

申請:フェローシップ事業ウェブサイトを参照願います。
審査基準:書面評価及び面接評価方法について

支援対象生の義務等について

 学内「フェローシップ支給等実施規程」より抜粋
フェローシップ支給対象学生の義務
第7条 フェローシップ支給対象学生の義務は,次の各号のとおりとする。
(1)研究計画を踏まえた研究活動に専念すること
(2)本学が実施する研究力向上及びキャリアパス支援等に関するプログラムに参加すること
(3)研究活動の進捗状況を定期的に発表すること
(4)メンター教員による面談,指導を定期的に受けること。
(5)本学が行う研究倫理教育を受講すること。
(6)本学が行う公的研究費の適正な取扱いに関するコンプライアンス教育を受講すること。

フェローシップ支給の取消し,中断等

第8条 フェローシップ支給の取消しの要件は,次の各号に掲げるとおりとする。
省略
(2)前条に規定する義務の履行状況が不十分と認められる場合
(3)本人からフェローシップ支援の辞退申し出があった場合
(4)休学した場合。ただし,出産,育児及び傷病等やむを得ない休学の場合並びに前条に
規定する義務の履行が可能な休学の場合は,この限りでない。
省略
2 前項第4号のただし書きの休学により前条に規定する義務の履行が困難になった場合は,
学長の判断により,フェローシップ支給を一時中断し,復学後に再開をすることができる。

本事業に関する詳細については,フェローシップ事業ウェブサイトをご覧ください。


[初版作成]2021.4.16 / [最終改定]2022.6.10

ページの先頭へ戻る