開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 機械工学系 > 安部 洋平(あべ ようへい)

安部 洋平(あべ ようへい)

所属 機械工学系
兼務
職名 准教授
専門分野 塑性加工 / 塑性接合
学位 工学博士(豊橋技術科学大学)
所属学会 日本機械学会 / 日本塑性加工学会 / 自動車技術会 / 日本鉄鋼協会
E-mail abe@me
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://plast.me.tut.ac.jp/

研究テーマ(シーズ2)
高比強度板材の塑性接合

研究の技術分野 機械 金属・材料
キーワード 高張力鋼板,アルミニウム合金板,セルフピアシングリベット,メカニカルクリンチング,ヘミング
提案者 安部洋平
連絡先 E-mail:abe@plast.me.tut.ac.jp
URL :http://plast.me.tut.ac.jp/

主要な研究設備等

サーボプレス(150tonf, 80tonf),精密万能試験機(1, 25tonf),材料試験機(100tonf),デジタルマイクロスコープ,デジタル光学顕微鏡,デジタル表面粗さ測定器,レーザー式3次元形状測定器,サーモグラフィー,疲労試験機,平面曲げ疲労試験,高速度カメラ

基本となる特許・開設記事・研究論文等

1) Mori, K., Abe, Y., Kato, T.,Self-pierce riveting of multiple steel and aluminium alloy sheets, Journal of Materials Processing Technology,印刷中
2) Abe, Y., Kato, T., Mori, K.-i., Nishino, S., Mechanical clinching of ultra-high strength steel sheets and strength of joints, Journal of Materials Processing Technology, 印刷中
3) Y. Abe, K. Mori, T. Kato, Joining of high strength steel and aluminium alloy sheets by mechanical clinching with dies for control of metal flow, Journal of Materials Processing Technology, 212-4 (2012), 884-889.
4) K. Mori, Y. Abe, T. Kato, Mechanism of superiority of fatigue strength for aluminium alloy sheets joined mechanical clinching and self-pierce riveting, Journal of Materials Processing Technology, 212-9 (2012), 1900-1905.
5) Y. Abe, T. Kato, K. Mori, Mechanical clinching of ultra-high strength steel sheets, Proc. 14th International Conference on Metal Forming, Krakow, 615-618.
6) Y. Abe, T. Kato, K. Mori, Joining of Aluminium Alloy Sheets by Rectangular Mechanical Clinching, AIP Conference Proceedings, Volume 1353, The 14th International ESAFORM Conference on Material Forming Esaform 2011, (2011), 1253-1258.
7) Y. Abe, K. Taromaru, T. Kato, K. Mori, Improvement of joinability in mechanical clinching of sheets using step punch, Steel Research International, Special Edition, (2011), 667-672.
8) 安部洋平,田呂丸和哉,加藤亨,森謙一郎,アルミニウム合金におけるメカニカルクリンチングされた接合部の強度特性と向上法-セルフピアスリベッティングと抵抗スポット溶接との比較,塑性と加工,52-610 (2011), 1193-1197.

実施可能な共同研究の形態

共同研究の実施形態          :大学と企業の両方で実施
大学への研究員等の受入        :可能


ページトップへ