文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 機械工学系 > 小林 正和(こばやし まさかず)

小林 正和(こばやし まさかず)

所属 機械工学系
兼務 教育研究基盤センター
職名 准教授
専門分野 材料組織の解析評価 / X線イメージング
学位 博士(工学) (宇都宮大)
所属学会 日本金属学会 / 軽金属学会 / 日本鋳造工学会 / 日本鉄鋼協会
E-mail m-kobayashi@me
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://str.me.tut.ac.jp
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究テーマ(シーズ1)
高分解能X線CTによる材料微細構造評価

研究の技術分野 金属・材料
研究の段階・状況 B 研究・調査の委託などに対応可能
キーワード 三次元 トモグラフィー ミクロ組織 形態 分布
提案者 小林 正和  機械工学系
連絡先 Tel :0532-44-6706
Fax :0532-44-6690
URL :http://str.me.tut.ac.jp/

放射光を利用したCTや研究用のCT装置によって材料を可視化することで,材料のミクロ構造を三次元的に評価できる。例えば,ポアなどの製造欠陥や分散・析出粒子の体積率,分布,形態を評価できる。また,液体金属を結晶粒界へ浸透させることで,結晶粒界の位置も三次元的に可視化できる。

主要な研究設備等

画像解析・三次元可視化用ワークステーション

基本となる特許・開設記事・研究論文等

1)小林正和,上杉健太朗,大垣智巳,小林俊郎,戸田裕之, 液体金属ドーピング法を用いた高分解能シンクロトロン放射光CTによる粒界3次元ネットワーク構造の可視化,まてりあ,44 ,pp.959,(2005)

実施可能な共同研究の形態

共同研究の実施形態          :主に大学で実施
大学への研究員等の受入        :可能
企業への専門家等の派遣(不定期を含む):不可能


ページトップへ