文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 機械工学専攻博士後期課程3年 松木 大輝さんが、MCM'21でBest Paper Awardを受賞しました。(受賞日:2021年8月14日)

機械工学専攻博士後期課程3年 松木 大輝さんが、MCM'21でBest Paper Awardを受賞しました。(受賞日:2021年8月14日)

受賞 | 2021年8月19日


210819jusho-matsuki.jpg

機械工学専攻博士後期課程3年 松木 大輝さんが、7th World Congress on Mechanical, Chemical, and Material Engineering (MCM'21)でBest Paper Awardを受賞しました。

本賞は、機械工学、化学工学および材料工学の分野での4つの会議で構成されたMCM'21において発表された論文のうち、最も優れたものに授与される賞です。

主催者:7th World Congress on Mechanical, Chemical, and Material Engineering

受賞名:Best Paper Award

論文名:Study of Burning Characteristics of Porous Combustibles Soaked With a Liquid Oxidizer

受賞者:機械工学専攻博士後期課程3年 松木 大輝(新居浜工業高等専門学校卒業)

共同研究者:機械工学系教授 中村 祐二

ページトップへ