文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 情報・知能工学専攻博士前期課程2年 本間 涼介さんが、The 2020 IEEE/WIC/ACM International Joint Conference on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology, Best in Practice Paper Awardを受賞しました。(受賞日:2020年12月17日)

情報・知能工学専攻博士前期課程2年 本間 涼介さんが、The 2020 IEEE/WIC/ACM International Joint Conference on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology, Best in Practice Paper Awardを受賞しました。(受賞日:2020年12月17日)

受賞 | 2020年12月22日


情報・知能工学専攻博士前期課程2年 本間 涼介さんが、The 2020 IEEE/WIC/ACM International Joint Conference on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology, Best in Practice Paper Awardを受賞しました。

本賞は、国際会議にて発表された特に優秀な論文のうち、実践面で優れた論文に授与されるものです。41カ国から574件の論文投稿があり、うち169件が採択された中から選ばれました。受賞論文は株式会社Gunosyとの産学共同研究による成果です。
 参考:https://www.tut.ac.jp/docs/PR171127.pdf

主催者:The 2020 IEEE/WIC/ACM International Joint Conference on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology (WI-IAT'20)

受賞名:Best in Practice Paper Award

論文:Analysis of Short Dwell Time in Relation to User Interest in a News Application

受賞者:情報・知能工学専攻博士前期課程2年 本間 涼介(秋田工業高等専門学校出身)

共同研究者:関喜史(株式会社Gunosy)、吉田光男(情報・知能工学系 助教)、梅村恭司(情報・知能工学系 教授)

201222jusyo-honma.PNG

201222jusyo-honma-syoujou.PNG

ページトップへ