開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 情報・知能工学系 > 青野 雅樹(あおの まさき)

青野 雅樹(あおの まさき)

所属 情報・知能工学系
兼務
職名 教授
専門分野 情報検索(特に3D検索、画像検索、映像検索)ならびにデータマイニングとテキストマイニング
学位 Ph.D. (レンセラー工科大学(米))
所属学会 ACM / IEEE / 情報処理学会 / 電子情報通信学会 / 言語処理学会 / 人工知能学会 / 日本データベース学会
E-mail aono@
※アドレスの末尾に「tut.jp」を補完してください
研究室web http://www.kde.cs.tut.ac.jp/

研究紹介

データサイエンスに関する研究を行っています。大量のデータを集積して行うビッグデータ解析をはじめ、次元削減などを通したインデックスをもとに検索の研究を行っています。

最も力を入れてきたのは3Dの形状類似検索です。特に、特徴量の抽出技術に力を注いできました。また、画像検索や動画検索も深層学習技術を取り入れながら行っています。マルチモーダルな複合メディアの検索やアノテーション技術の開発も行っています。

さらに、Webに代表されるビッグデータ(テキストデータ、ハイパーリンクデータなど)から有用なデータを抽出するデータマイニング技術や、感情分析・テキストからの評判分析などの研究も行っています。

テーマ1:三次元形状モデルの類似検索・分類・セグメンテーション・自動注釈付与の研究

概要
図1.三次元形状類似検索システムでの検索事例(写真から3D検索)

機械部品などの三次元CADを駆使する製造業はもとより、CG製作一般、三次元ゲーム製作、教育、建築業など、三次元モデルは様々な分野で使われています。しかし、三次元の幾何形状モデルを、ゼロからモデルを製作するのは、熟練とデザイン能力が要求されます。そこで、データベースなどに蓄積された既存の三次元形状モデルが与えられた場合に、「形状のヒント」(形の特徴、似た形状モデル、スケッチなど)を与えて、類似するモデルを高精度で検索する技術を開発し、特許を出願しました。検索精度は、現時点で世界一を誇っています。この技術により、データの再利用性が高まり、また元々複雑な形状を分割する技術にも成功しています。

キーワード

三次元形状検索、特徴量抽出、セグメンテーション、クラスタリング、アノテーション

テーマ2:時系列データマイニングの研究

概要
図2.トマト栽培におけるデータマイニング事例

各種センサーから得られる時系列データを複数収集し、事前に学習しておくことで、新しい未知の時系列データから、ある目的関数を最適化したり、起きる事象を予測したりする研究をしています。たとえば、温室内に温度センサ、水分センサ、日射量センサなどを配備し、無線でデータをサーバに送り、温室内の野菜や果実の収穫量の最大化に向けた温室制御の研究を行っています。また、ヒトの脳波データを計測し、どのような心理物理状態にあるかの予測や、考えただけで計算機とコミュニケーションできるBCI (Brain Computer Interface)などの研究を行っています。

キーワード

時系列データマイニング、線形・非線形回帰予測モデル、最適化

テーマ3:Webスパム検出

概要
図3.Webスパム例(リンクファーム)

Webページの中には、様々な手法を用いて、検索エンジンの検索結果のランキングを不当に変更させるものが存在する。一般に、こういったWebページを、スパムWebページと呼ぶ。この研究では、内容に基づくものや、リンクに基づくものなど、多角度的に、Webスパムを検出できるような素性を考案し、精度よくスパムを検出できる技術開発を目的とする。

キーワード

Webスパム

担当授業科目名(科目コード)

ソフトウェア演習Ⅱ, Ⅲ [Computer Programming] B13610020 必修(B3)

計算機アーキテクチャ概論 [Introduction to Computer Architecture] B13530090 後期(B2)

データマイニング・可視化特論 [Advanced Data Mining]M23630080 前期 (M1) 

その他(受賞、学会役員等)

上記のほかに、「特許データからのテキストマイニングの研究」、「グラフを用いた症状からの病気の推定の研究」、「生体情報の時系列データマイニングの研究」、「テキストからのアティチュード判定」、「映像からのショット境界検出」、「画像の内容検索」、「画像への自動アノテーション付与の研究」、「センサーとIT技術を用いた最適化技法の研究」などを行っています。


ページトップへ