文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 豊橋技術科学大学と日本自動車部品工業会との 教育研究の連携について

豊橋技術科学大学と日本自動車部品工業会との 教育研究の連携について

イベント報告 | 2021年3月12日


 豊橋技術科学大学と日本自動車部品工業会との連携の推進に関する協定調印式を締結しました。

 3月11日に執り行われた調印式には、両者の関係者らが出席し、寺嶋一彦学長と日本自動車部品工業会の豊田周平総合技術委員会委員長がそれぞれ協定書に署名し、その後の挨拶の中で、それぞれから協定の意義や今後の期待について説明がありました。

 本学と日本自動車部品工業会は、自動車社会の大変革期(電動化・自動運転・情報化など)の中で、日本の基幹産業である自動車業界が今後も日本経済をけん引するために、日本自動車部品工業会会員企業の第一線の技術者を講師として派遣し、将来の自動車業界で活躍できる人材の育成、また大学による企業における技術者の養成などを目的とし、教育講座の設置、工場・研究所等の見学会の実施及び両者のニーズに基づく教育・研究機会を設けて大学と企業間の教育・研究の連携を進めていきます。

210311japia2.jpg寺嶋学長(左)と豊田総合技術委員会委員長

210311japia1.jpg協定調印式に出席した本学と日本自動車部品工業会の関係者ら

ページトップへ