文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > グローバル工学教育推進機構 大門 裕之 教授が、産業環境管理協会 令和2年度リサイクル技術開発本多賞を受賞しました。(受賞日:2020年10月16日)

グローバル工学教育推進機構 大門 裕之 教授が、産業環境管理協会 令和2年度リサイクル技術開発本多賞を受賞しました。(受賞日:2020年10月16日)

受賞 | 2020年11月 9日


201109jusyo-daimon.JPG

グローバル工学教育推進機構 大門 裕之 教授が、産業環境管理協会 令和2年度リサイクル技術開発本多賞を受賞しました。

本賞は、「3R」(Reduce(リデュース)、>Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル))に関する技術の開発に従事し、優れた研究報文または実効のある技術報文等の発表を行った国内の大学、高専、公的研究機関、民間企業の研究者・技術者(個人又はグループ)に対し、授与されるものです。

主催者:一般社団法人 産業環境管理協会 資源・リサイクル促進センター

受賞名:令和2年度リサイクル技術開発本多賞

研究報文:中規模養豚農家における小規模普及型メタン発酵システムの導入効果

受賞者:グローバル工学教育推進機構教授 大門裕之

ページトップへ