文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 情報・知能工学専攻博士前期課程1年 古屋 孝基さんが、日本音響学会 学生優秀発表賞を受賞しました。(受賞日:2020年3月17日)

情報・知能工学専攻博士前期課程1年 古屋 孝基さんが、日本音響学会 学生優秀発表賞を受賞しました。(受賞日:2020年3月17日)

受賞 | 2020年4月28日


200428jusyo-huruya.jpg

情報・知能工学専攻博士前期課程1年 古屋 孝基さんが、日本音響学会 学生優秀発表賞を受賞しました。

本賞は、将来の音響学の発展を担う若手研究者を奨励するため、研究発表会において優秀な発表を行った学生に対し、授与されるものです。

主催者:一般社団法人 日本音響学会

受賞名:学生優秀発表賞

論文名:交通音の危険性の知覚における老人性難聴の影響: 模擬難聴システムによる検討

受賞者:情報・知能工学専攻博士前期課程1年 古屋 孝基さん(和歌山工業高等専門学校卒業)

共同研究者:渡邊優也、松井淑恵

※所属・学年は受賞時のものです。

ページトップへ