文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 総合教育院 > 武藤 浩行(むとう ひろゆき)

武藤 浩行(むとう ひろゆき)

所属 総合教育院
兼務 電気・電子情報工学系
職名 教授
専門分野 無機材料 / セラミック材料
学位 博士(工学)
所属学会 日本セラミックス協会、炭素材料学会、無機マテリアル学会、粘土科学学会、日本MRS
E-mail muto@ee
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://ion.ee.tut.ac.jp/
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究テーマ(シーズ1)
複合粒子の作製

研究の技術分野 材料 ナノテク
研究の段階・状況 実用段階
キーワード ナノ粒子、ナノコーティング、複合粒子
提案者 武藤浩行
連絡先 muto@ee.tut.ac.jp

静電引力を用いて、複合粒子を作製する技術を提供する。金属、セラミックス、高分子材料に適用可能であり、室温、大気中で簡単に作製することができる。

主要な研究設備等

ζ電位測定装置
ホットプレス装置
スプレードライヤー
ナノ粒子分散装置

基本となる特許・開設記事・研究論文等

武藤浩行、大幸裕介、片桐清文、松田厚範、逆井基次、セラミック複合粒子の製造方法および機能性セラミック複合材料、特願2008-235772

羽切教雄、武藤浩行、松田厚範、河村剛、高強度微粒径多結晶材料の製造法、特開2010-258737

武藤浩行、羽切教雄、松田厚範、河村剛、複合粒子製造装置および複合粒子の製造方法、特願2011-081322

研究シーズ


ページトップへ