開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 情報・知能工学系 > 北崎 充晃(きたざき みちてる)

北崎 充晃(きたざき みちてる)

所属 情報・知能工学系
兼務 人間・ロボット共生リサーチセンター
職名 教授
専門分野 知覚心理学 / 認知神経科学 / バーチャルリアリティ
学位 博士(学術)(東京大学)
所属学会 日本心理学会 / 日本バーチャルリアリティ学会 / 日本視覚学会 / 日本基礎心理学会 / Vision Sciences Society
E-mail mich@cs
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://real.cs.tut.ac.jp/
研究者情報リンク 研究者情報

研究紹介

 私たちがこの世界をどのように知覚し,他者とどのようなコミュニケーションをしているのかを科学的に解明しようとしています。私たちの知覚や社会性は,身体の形状やイメージに強く規定されています。この知覚の身体性に着目し,運動する身体としての人の知覚の研究(Mobile Observerの科学),リアリティを科学的に解明し,操作・制御するための科学(知覚的リアリティの科学),そして共感や公平性の基盤となる認知機構や神経機構を解明する研究(潜在的社会性の科学)を行っています。

テーマ1:Mobile Observerの科学

概要
心理物理学的ドライビングシミュレーター

 人は視覚,前庭感覚,聴覚,触覚などさまざまな情報から自分自身の運動や位置,傾きを知覚して,それを行動に利用しています。車の運転は,まさにその究極の例です。そこで,視覚刺激や前庭刺激(前庭電気刺激),聴覚刺激,触覚刺激などを提示し,人の自己運動の知覚や姿勢制御を調べています。成人のみならず,こどもを対象とした知覚行動発達の研究も行っています。また。視覚心理物理実験に最適化したドライビングシミュレータを開発し,ステアリング操作における知覚・認知情報処理の解明と工学的応用を行っています。

主な業績

上田祥平,池井寧,広田光一,北崎充晃 (2016). 実映像オプティックフローと足裏振動による歩行感覚記録・体験手法の基礎検討. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,21(1), 15-22.
Kitazaki, M. (2013), Effects of retinal position on visuo-motor adaptation of visual stability in a virtual environment, i-Perception, 4(4), 242-252.
Tani, Y., Araki, K., Nagai, T., Koida, K., Nakauchi, S. and Kitazaki, M. (2013), Enhancement of glossiness perception by retinal-image motion: additional effect of head-yoked motion parallax, PLOS ONE, 8(1): e54549. Kawahara, J., Yanase, K., and Kitazaki, M. (2012), Attentional capture by the onset and offset of motion signals outside the spatial focus of attention, Journal of Vision, 12(12): 10.
Kitazaki, M. and Kimura, T. (2010), Effects of long-term adaptation to sway-yoked visual motion and galvanic vestibular stimulation on visual and vestibular control of posture, Presence: Teleoperators and Virtual Environments, 19(6), 544-556.
Kitazaki, M. and Sato, T. (2003), Attentional modulation of self-motion perception, Perception, 32, 475-484.

キーワード

自己運動知覚,オプティックフロー,前庭電気刺激,知覚行動発達,ドライビングシミュレータ

テーマ2:知覚的リアリティの科学

概要
屈折率の異なる透明物体の知覚

 リアルと感じる瞬間はなぜそう感じるのでしょうか? 何をリアルと感じるのか,リアルとアンリアルの境界は何か,リアルであることが知覚と行動にどのような影響を及ぼすのかを調べ,知覚的リアリティの解明とリアリティ測定手法の研究を行っています。質感や美しさの知覚,身体ポーズと動作の自然さ・不気味さ,複合感覚統合,テレプレゼンス追体験,身体拡張などの研究を行っています。

主な業績

Nagai, T., Matsushima, T., Koida, K., Tani, Y., Kitazaki, M., and Nakauchi, S. (2015), Temporal properties of material categorization and material rating: visual vs non-visual material features. Vision Research, 115B, 259-270.
Tani, Y. Nagai, T., Koida, K., Kitazaki, M. and Nakauchi, S. (2014), Experts and novices use the same factors, but differently: To evaluate pearl quality, PLOS ONE,9(1): e86400. doi:10.1371/journal.pone.0086400
Morita, T., Slaughter, V., Katayama, N., Kitazaki, M., Kakigi, R. and Itakura, S. (2012), Infant and adult perceptions of possible and impossible body movements: An eye-tracking study, Journal of Experimental Child Psychology,113,401-414.
Kitazaki, M., Kobiki, H., and Maloney, L. T. (2008), Effect of pictorial depth cues, binocular disparity cues and motion parallax depth cues on lightness perception in three-dimensional virtual scenes, PLoS ONE, 3(9): e3177. doi:10.1371/journal.pone.0003177.

キーワード

質感,身体ポーズと動作,身体性,バーチャルリアリティ,クロスモダリティ

テーマ3:潜在的社会性の科学

概要
人はロボットの傷みにも共感する

 私たちは知らず知らずのうちに他者とコミュニケーションをしており,社会的コミュニケーションに基づいた知覚を潜在的に行っています。そこで媒介となっているのは身体です。この身体から生じる潜在的社会性に関して,身体知覚,共感の認知神経科学,公平感の認知神経科学の研究を行っています。既に,前言語期の乳児が同情を示すことや人はロボットにも共感を示すことを発見しました。

主な業績

Suzuki, Y., Galli, L., Ikeda, A., Itakura, S. and Kitazaki, M. (2015). Measuring empathy for human and robot hand pain using electroencephalography. Scientific Reports, 5:15924; doi: 10.1038/srep15924
Kanakogi, Y., Okumura, Y., Inoue, Y., Kitazaki, M., and Itakura, S. (2013), Rudimentary sympathy in preverbal infants: Preference for others in distress, PLOS ONE, 8(6): e65292.
Tamura, T., Gunji, A., Takeichi, H., Shigemasu, H., Inagaki, M., Kaga, M., and Kitazaki, M. (2012), Audio-vocal monitoring system revealed by mu-rhythm activity, Frontiers in Psychology, 3:225. doi:10.3389/fpsyg.2012.00225.
板倉昭二,北崎充晃(2013)(編著),ロボットを通して探る子どもの心:ディベロップメンタル・サイバネティクスの挑戦,ミネルヴァ書房, ISBN 9784623067442

キーワード

社会性,共感,公平感,モラル

担当授業科目名(科目コード)

研究者倫理 / ヒューマン情報処理 / 視覚認知科学特論 / 脳・神経システム工学特論

その他(受賞、学会役員等)

受賞等:
日本バーチャルリアリティ学会論文賞(2006年)
ACE2006 (International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology 2006) Outstanding Paper Award(2006)
JVRC2009 (2009 Joint Virtual Reality Conference of EGVE - ICAT - EuroVR) Best Paper Award Honorable Mention(2009年)
日本バーチャルリアリティ学会論文賞(2010年)
日本バーチャルリアリティ学会論文賞(2014年)
日本基礎心理学会優秀論文賞(2014年)
日本バーチャルリアリティ学会貢献賞(2016年)

学会役員等:
日本視覚学会世話人(2004年-)日本視覚学会2007年夏季大会実行委員長
日本基礎心理学会理事(2015年-),日本基礎心理学会編集委員(2012年-),
日本心理学会専門別議員(2005年-)
日本バーチャルリアリティ学会VR心理学研究委員会委員長(2009-2011),日本バーチャルリアリティ学会理事(2011年-2014年)
内閣府 上席科学技術政策フェロー(2016年)


ページトップへ