文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 情報・知能工学系 > 栗田 典之(くりた のりゆき)

栗田 典之(くりた のりゆき)

所属 情報・知能工学系
職名 准教授
専門分野 量子生物学 / 計算科学 / 生命情報科学
学位 工学博士(筑波大学)
所属学会 物理学会 / 生物物理学会 / 分子科学会 / CBI学会
E-mail kurita@cs
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.klab.cs.tut.ac.jp
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究テーマ(シーズ3)
分子シミュレーションによるDNAへの様々なラジカルの反応機構の解明

研究の技術分野 放射線科学、バイオテクノロジー、ナノテクノロジー、バイオインフォマティクス
研究の段階・状況 A3 基礎開発研究の段階
キーワード DNA、分子シミュレーション、ラジカル、放射線損傷、突然変異
提案者 栗田 典之  情報・知能工学系
連絡先 Tel :0532-44-6875
Fax :0532-44-6875
E-mail:kurita@cs.tut.ac.jp
URL :http://www.klab.cs.tut.ac.jp

放射線の人体への影響に関しては、未解明な点が多く、特にDNAへの影響の解明は、重要な研究課題であるが、原子・電子レベルでは未解明である。我々は、高精度分子シミュレーション手法を用い、放射線により生じる様々なラジカルがDNAを攻撃した際の反応機構を解析し、どのようなラジカルが、DNAのどの部位を攻撃し、DNAに突然変異を誘発し易いかを、原子・電子レベルで明らかにしようとしている。

主要な研究設備等

並列計算機

基本となる特許・開設記事・研究論文等

研究論文
(1) "Influence of solvating water molecules on the attacking mechanisms of OH-radical to DNA base pairs: DFT calculations in explicit waters",
Shimamura, K.; Okutsu, N.; Shimizu, E.; Shulga, S.; Blume, Y.B.; Danilov, V.I.; Kurita, N.,
Structural Chemistry, 2016, 27, 1793-1806.

(2) "DFT study on the attacking mechanisms of H and OH radicals to G-C and A-T base pairs in water",
Okutsu, N.; Shimamura, K.; Shimizu, E.;Shulga, S,; Danilov, V. I.; Kurita, N.,
AIP Conference Proceedings 1709, 020006 (2016); doi: 10.1063/1.4941205.

(3) "Attacking mechanism of hydroxyl radical to DNA base-pair: density functional study in vacuum and in water",
Shimizu, E.; Tokuyama, Y.; Okutsu, N.; Nomura, K.; Danilov, V. I.; Kurita, N.,
J. of Biomolecular Structure and Dynamics, 2015, 33, 158-166.

(4) "DFT study on reaction mechanism of DNA base pair with hydroxyl radical",
Shimizu, E.; Hoshino, R.; Nomura, K.; Danilov, V. I.; Kurita, N.,
J. Modern Physics, Special issue on DFT, 2013, 4, 442-451.

実施可能な共同研究の形態

共同研究の実施形態          :大学と企業の両方で実施
大学への研究員等の受入        :可能
企業への専門家等の派遣(不定期を含む):可能


ページトップへ