文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 機械工学専攻博士前期課程2年 岡田 光太朗さんが、11th JFPS International Symposium on Fluid PowerでBest paper awardを受賞しました(受賞日:2021年10月13日)

機械工学専攻博士前期課程2年 岡田 光太朗さんが、11th JFPS International Symposium on Fluid PowerでBest paper awardを受賞しました(受賞日:2021年10月13日)

受賞 | 2021年11月 5日


211105jusho-okada.png

機械工学専攻博士前期課程2年 岡田 光太朗さんが、11th JFPS International Symposium on Fluid Power HAKODATE 2020でBest paper awardを受賞しました。

この賞は、11th International Symposium on Fluid Power Hakodate 2020で発表された評価対象論文50編のうち、優秀と評価されたtop10の論文の中から発表による評価を加えた上位3編が選ばれるものです。

主催者:日本フルードパワーシステム学会

受賞名:Best paper award

題目:Manufacturing and Evaluation of Similar Micro-Electrohydrodynamic Pumps with Different Scales

受賞者:機械工学専攻博士前期課程2年 岡田 光太朗(長野工業高等専門学校出身)

共同研究者:西川原 理仁、内藤 駿一、柳田 秀記、横山 博史

ページトップへ