文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > JST OPERA マルチモーダルセンシング共創コンソーシアム 第3回RAセミナー(国立研究開発法人科学技術振興機構JST OPERAプロジェクト)を開催しました。

JST OPERA マルチモーダルセンシング共創コンソーシアム 第3回RAセミナー(国立研究開発法人科学技術振興機構JST OPERAプロジェクト)を開催しました。

イベント報告 | 2021年7月28日


2021年7月8日(木)、オンライン配信によるRAセミナーを開催しました。

本学OPERAでは、博士課程学生がRA(リサーチアシスタント)として、企業との共同研究を通じ、革新的技術によるイノベーションの担い手となる人材の育成に取り組んでいます。

RAセミナーは、RAの研究成果を発表する場として、2020年度から開催しており、第3回目となる今回は、電気・電子情報工学専攻 博士後期課程3年 土井英生氏が「非標識カルシウムイオンイメージセンサの開発と脳神経組織への応用」と題し、発表を行いました。
また、発表に先立ち、OPERA領域統括である電気・電子情報工学系 澤田和明教授、リーディング大学院教育推進機構 石井仁特任教授(OPERA人材育成担当)から、OPERAの概要およびRA制度について説明がありました。

今回のセミナーでは、学内外から108名の参加登録があり、学生のRA研究活動の様子を、広く一般の方にも知っていただける良い機会となりました。

なお、第4回RAセミナーは9月16日に開催予定です。

210728RA-3.pngオンライン配信の様子 左上:石井仁特任教授、右上:土井英生氏、中央下:澤田和明教授

ページトップへ