文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年 間所 麻衣さんが、IEEE The 21st International Conference on Solid-State Sensors Outstanding Paper Award Winnerを受賞しました。(受賞日:2021年6月25日)

電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年 間所 麻衣さんが、IEEE The 21st International Conference on Solid-State Sensors Outstanding Paper Award Winnerを受賞しました。(受賞日:2021年6月25日)

受賞 | 2021年6月29日


210629jusyo-mado.JPG

電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年 間所 麻衣さんが、IEEE The 21st International Conference on Solid-State Sensors Outstanding Paper Award Winnerを受賞しました。

本賞は、IEEE第21回固体センサーに関する国際会議において、549件の事前応募から選考された136件の口頭発表のうち、優れた発表を行った者に対して授与されるものです。

主催者:IEEE The 21st International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems (Transducers 2021)

受賞名:Outstanding Paper Award Winner (Oral Presentation Category)

論文名:NEEDLE-TYPE 5-µM PIXEL PITCH PH-IMAGE SENSOR AND IMAGING OF PROTON EMISSIONS IN THE CEREBRAL CORTEX

受賞者:電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年 間所 麻衣(豊田工業高等専門学校卒業)

共同研究者:阪本 宏太朗、堀内 浩(生理学研究所)、石田 順子(生理学研究所)、堀尾 智子、木村 安行、飛沢 健、崔 容俊 、高橋 一浩、野田 俊彦、鍋倉 淳一(生理学研究所)、澤田 和明

ページトップへ