文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 機械工学課程4年 齋藤 亮吾さんが、2021年度精密工学会春季大会学術講演会 ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。(受賞日:2021年3月22日)

機械工学課程4年 齋藤 亮吾さんが、2021年度精密工学会春季大会学術講演会 ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。(受賞日:2021年3月22日)

受賞 | 2021年6月14日


機械工学課程4年 齋藤 亮吾さんが、2021年度精密工学会春季大会学術講演会 ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

本賞は、2021年度精密工学会春季大会学術講演会の発表(452件)の中から、 優れた研究発表に対して授与されたものです。

主催者:公益社団法人 精密工学会

受賞名:2021年度精密工学会春季大会学術講演会 ベストプレゼンテーション賞

論文名:マルチプレックス遺伝子診断デバイスの開発(第5報)―分注理論の構築と新型コロナウイルス感染症への適用―

受賞者:機械工学課程4年 齋藤 亮吾(豊田工業高等専門学校)

指導教員:柴田 隆行(機械工学系 教授)、永井 萌土(機械工学系 准教授)

※受賞者の所属・学年は受賞時のものです。

210614jusyo-saitou1.jpg

210614jusyo-saitou2.jpg

ページトップへ