文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 応用化学・生命工学専攻博士前期課程1年 大室 拓平さんが、第63回日本神経科学会大会において院生・研修生ポスター優秀賞を受賞しました。(受賞日:2020年10月1日)

応用化学・生命工学専攻博士前期課程1年 大室 拓平さんが、第63回日本神経科学会大会において院生・研修生ポスター優秀賞を受賞しました。(受賞日:2020年10月1日)

受賞 | 2020年10月15日


本賞は、第63回日本神経化学会大会の「eポスター発表」において、厳正なる審査の結果、優秀な演題に授与されるものです。

主催者:第63回日本神経化学会大会

受賞名:院生・研修生ポスター優秀賞

論文名:胎児期グリホサート曝露ラットにおける行動異常と腸内細菌叢変化

受賞者:応用化学・生命工学専攻博士前期課程1年 大室 拓平(沼津工業高等専門学校卒業)

共同研究者:宮本佳菜、Thomas Tiong Kwong Soon、諫田泰成、応用化学・生命工学系講師 吉田祥子

201015jusyo-oomuro-syoujou.jpeg賞状

201015jusyo-oomuro.jpeg大室拓平さん(左)と共同研究者のThomas Tiong Kwong Soonさん(右)(動物行動機器の前にて)

ページトップへ