開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 11月2日に、平成29年度三機関(豊橋技大・長岡技大・高専機構)連携グローバルSD(マレーシア・ペナン研修)参加者による報告会を開催しました。

11月2日に、平成29年度三機関(豊橋技大・長岡技大・高専機構)連携グローバルSD(マレーシア・ペナン研修)参加者による報告会を開催しました。

イベント報告 | 2017年11月13日


この研修は、国立大学改革強化推進事業「三機関が連携・協働した教育改革」の一環として、英語を駆使した国際実務等の経験を積むことにより、三機関のグローバル化の担い手となる職員としての資質を高めて自発的な能力開発を促すことを目的として実施しています。(参考:国際教育センターホームページ

平成29年度は、本学、長岡技術科学大学及び国立高等専門学校機構各高専の職員15名を対象に、派遣前研修として、本学を会場に英文書簡・英会話等の講習の実施及び国際関係講義の聴講等を行い、その後マレーシア・ペナンに派遣し、本学マレーシア教育拠点及び本学の交流協定校であるマレーシア科学大学及びDisted College等で、実践英語研修、国際会議の進行支援の実務研修及び現地教育機関職員との意見交換などを行い、職員の英語能力・国際実務能力の向上を図りました。

報告会は、三機関の全国59拠点を高速通信専用回線で結ぶ遠隔講義・会議システム(GI-net)により、各研修参加者の所属機関を相互配信接続することで実施しました。児島事務局長の開会挨拶から始まり、現地での活動内容や今回の研修で得られたこと及び今後の業務への反映等について、また、今後の本研修の改善案などについて報告が行われました。

各研修者の報告後には活発な質疑応答が行われ、高橋国立高等専門学校機構執行調整役及び大村国立高等専門学校機構本部事務局次長から講評、横山長岡技術科学大学理事・事務局長からの閉会の挨拶がありました。

本学では、今後も三機関連携事業として、職員のスキルアップのための本研修を継続実施していくこととしています。

171113kensyu-1.jpgペナン研修(マレーシア科学大学職員との意見交換)の様子

171113kensyu-2.jpgGI-netによる報告の様子

171113kensyu-3.jpg報告会会場の様子

171113-kensyu-4.JPG児島事務局長と研修代表者

ページトップへ