開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 情報・知能工学課程4年の藤澤覚司さん、情報・知能工学専攻博士前期課程1年の近藤亮太さん、情報・知能工学課程4年の岡本良平さんらが、Augmented Human 2017 Best Demo Awardを受賞しました。

情報・知能工学課程4年の藤澤覚司さん、情報・知能工学専攻博士前期課程1年の近藤亮太さん、情報・知能工学課程4年の岡本良平さんらが、Augmented Human 2017 Best Demo Awardを受賞しました。

受賞 | 2017年3月30日


Augmented Human 2017 Best Demo Award賞状

2017年3月17~18日にアメリカ合衆国カリフォルニア州のシリコンバレーで行われた国際会議 Augmented Human 2017で、情報・知能 工学課程4年の藤澤覚司さん、情報・知能工学専攻博士前期課程1年の近藤亮太さん(大学院リーディングプログラム所属)、情報・知能工学課程4年の岡本良平さん、情報・知能工学系 濱田健夫研究員(岡田美智男研究室)、情報・知能工学系 北崎充晃教授が、Augmented Human 2017 Best Demo Awardを受賞しました。

人間拡張というヒューマンインタフェースやバーチャルリアリティの新規領域における先端的国際会議Augmented Humanは、ACMとの共催であり、抄録はACM Digital Libraryに掲載されています。本大会では、賞選考委員会によって、Best Long paperが3位まで、Best short paper, Best poster, Best demoが各1件選ばれました。本発表はその中の、優秀なデモ発表を表彰する「Best demo award」を受賞しました。

主催者:Committee for Augmented Human

受賞名:Augmented Human 2017 Best Demo Award

論文名:A body odyssey: exploring the human inner body as digested food

受賞者:
情報・知能工学課程4年 藤澤覚司
情報・知能工学専攻博士前期課程1年 近藤亮太
情報・知能工学課程4年 岡本良平
情報・知能工学系研究員 濱田健夫
情報・知能工学系教授 北崎充晃

Augmented Human 2017 Best Demo Award

Augmented Human 2017 Best Demo Award

Augmented Human 2017 Best Demo Award

Augmented Human 2017 Best Demo Award

ページトップへ