開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 情報・知能工学専攻博士前期課程1年の松下仁美さんらが、24th International Symposium on Robot and Human Interactive Communication(RO-MAN 2015)で、Best Paper Award-Finalistを受賞しました。

情報・知能工学専攻博士前期課程1年の松下仁美さんらが、24th International Symposium on Robot and Human Interactive Communication(RO-MAN 2015)で、Best Paper Award-Finalistを受賞しました。

受賞 | 2015年9月29日


Best Paper Award-Finalist賞状

情報・知能工学専攻博士前期課程1年の松下仁美さんらが、8月31日~9月4日に開催された国際会議24th International Symposium on Robot and Human Interactive Communication(RO-MAN 2015)で、Best Paper Award-Finalistを受賞しました。

本賞は24th International Symposium on Robot and Human Interactive Communication(RO-MAN 2015)において発表された論文の中から、最優秀論文最終選考に選出された発表者に対して贈られる賞です。

主催者:24th International Symposium on Robot and Human Interactive Communication(RO-MAN 2015)

受賞名:Best Paper Award-Finalist

論文名:Talking-Ally:What is the Future of Robot's Utterance Generation?

受賞者:
情報・知能工学専攻博士前期課程1年 松下仁美
情報・知能工学専攻 2014年度卒業生 蔵田洋平
情報・知能工学系助教 P. Ravindra S.De Silva
情報・知能工学系教授 岡田美智男

ページトップへ