開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年の阿部晋士さんが、電子情報通信学会2015年ソサイエティ大会無線電力伝送研究専門委員会『実用化に向かう高効率無線電力伝送技術』 最優秀賞を受賞しました。

電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年の阿部晋士さんが、電子情報通信学会2015年ソサイエティ大会無線電力伝送研究専門委員会『実用化に向かう高効率無線電力伝送技術』 最優秀賞を受賞しました。

受賞 | 2015年9月18日


電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年の阿部晋士さんが、電子情報通信学会2015年ソサイエティ大会無線電力伝送研究専門委員会『実用化に向かう高効率無線電力伝送技術』 最優秀賞を受賞しました。

本賞は無線電力伝送の実用化をテーマとし、会場でデモ機を実演またはビデオ上映する機会を設け、「実用化を感じさせる」創意工夫・努力とプレゼンテーションの優劣を評価し最優秀であるとする表彰です。

主催者:一般財団法人 電子情報通信学会無線電力伝送研究専門委員会

受賞名:電子情報通信学会2015年ソサイエティ大会無線電力伝送研究専門委員会『実用化に向かう高効率無線電力伝送技術』 最優秀賞

論文名:電界結合WPTの結合係数を最大化する平行平板電極対形状

受賞者:電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年 阿部晋士

電子情報通信学会2015年ソサイエティ大会無線電力伝送研究専門委員会『実用化に向かう高効率無線電力伝送技術』 最優秀賞受賞時の様子


電子情報通信学会2015年ソサイエティ大会無線電力伝送研究専門委員会『実用化に向かう高効率無線電力伝送技術』 最優秀賞賞状

ページトップへ