開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 環境・生命工学系博士前期課程2年の中村拓麻さんと環境・生命工学課程4年の武田雄大さんが、優秀論文賞を受賞しました。

環境・生命工学系博士前期課程2年の中村拓麻さんと環境・生命工学課程4年の武田雄大さんが、優秀論文賞を受賞しました。

受賞 | 2014年9月16日


 

中村さんの賞状

 
  中村さんの賞状
 
 
  武田さんの賞状  
 

武田さんの賞状

 

環境・生命工学系博士前期課程2年の中村拓麻さんと環境・生命工学課程4年の武田雄大さんが、優秀論文賞を受賞しました。


本賞は静電気学会にて優秀な論文として認められた若手研究者に授与されるものです。

 

主催者:静電気学会

受賞名:優秀論文賞


発表題目:放電プラズマと触媒を用いたアンモニア合成

受賞者:環境・生命工学系博士前期課程2年 中村拓麻


発表題目:ゼオライトの電圧印加による水中セシウムイオン除去促進に関する研究

受賞者:環境・生命工学課程4年 武田雄大

ページトップへ