開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 環境・生命工学専攻博士後期課程3年の辛島一樹さんが、Best Paper Awardを受賞しました。

環境・生命工学専攻博士後期課程3年の辛島一樹さんが、Best Paper Awardを受賞しました。

受賞 | 2014年3月 6日


140306karashima1.jpg
賞状
 
140306karashima2.jpg
賞状を手にする辛島さん
 

環境・生命工学専攻博士後期課程3年の辛島一樹さんが、Best Paper Awardを受賞しました。


本賞は、AURG2014(The 9th International Symposium on City Planning and Environmental Management in Asian Countries)において最も優秀な論文と認められた若手研究者に贈られる賞です。

 

主催者:Asian Urban Research Group

受賞名:Best Paper Award

発表題目:A Support Tool Coupling Web-GIS and Virtual Reality to Explore Improvement Draft Plans in Densely Built-up Areas

受賞者:環境・生命工学専攻博士後期課程3年 辛島一樹

ページトップへ