開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 情報・知能工学専攻博士後期課程Igi Ardiyantoさんと情報・知能工学系 三浦純教授が、ICRA2013 Best Service Robotics Paper Award のFinalistに選出されました。

情報・知能工学専攻博士後期課程Igi Ardiyantoさんと情報・知能工学系 三浦純教授が、ICRA2013 Best Service Robotics Paper Award のFinalistに選出されました。

受賞 | 2013年5月20日


130520igi-miura-icra.jpg
賞状を手にする三浦純教授とIgi Ardiyantoさん

情報・知能工学専攻 博士後期課程1年 Igi Ardiyantoさんと情報・知能工学系 三浦純教授が、5月6日~10日にドイツ・カールスルーエで開催された、ロボティクス分野では最も重要な国際会議の一つであるICRA2013において、Best Service Robotics Paper AwardのFinalist に選出されました。


本賞は、全発表論文873件(採択率38.5%)のうち、サービスロボットに関連した優れた論文を表彰するものです。今回は3件がFinalistに選ばれました。

 

講演会名 :2013 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2013)

受賞題目 :Visibility-based Viewpoint Planning for Guard Robot using Skeletonization and Geodesic Motion Model

発 表 者  :情報・知能工学専攻 博士後期課程1年 Igi Ardiyanto

共 著 者  :情報・知能工学系教授 三浦純

ページトップへ