開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 機械工学専攻博士前期課程1年 松尾一博さんがCLAWAR2012において賞を受賞しました。

機械工学専攻博士前期課程1年 松尾一博さんがCLAWAR2012において賞を受賞しました。

受賞 | 2012年8月23日


mr matsuo shoujou2_s.jpg
 賞状を手にする松尾さん(左から2番目)

機械工学専攻博士前期課程1年 松尾一博さん(機械工学系 システム制御研究室)が7月23日~26日までアメリカのメリーランド州ボルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学で開催された移動ロボットに関する国際学会CLAWAR2012において賞を受賞しました。

 

本賞はCLAWAR2012を主催するCLAWAR Associationによって選出される技術的に優秀な論文に贈られる賞です。

 

学会名:15th International Conference on Climbing and Walking

Robots and the Support Technologies for Mobile Machines

:CLAWAR2012
受賞名:CLAWAR Association Best Technical Paper Award

Runner-up Prize
受賞題目:Tracking control system for walking assist using intention estimation
受賞者:機械工学専攻博士前期課程1年 松尾一博
共著者:

機械工学専攻 博士前期課程平成23年度修了生 越智友亮

機械工学専攻 博士後期課程3年  Wisnu Aribowo

機械工学系助教 田崎良佑

機械工学系教授 寺嶋一彦

福祉村病院 山本孝之 理事長、榊原利夫 理学療法士

 

ページトップへ