開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 機械工学専攻 三瓶貴裕さんと伊藤 敦さんが日本鋳造工学会 第160回全国講演大会で学生優秀講演賞を受賞しました。

機械工学専攻 三瓶貴裕さんと伊藤 敦さんが日本鋳造工学会 第160回全国講演大会で学生優秀講演賞を受賞しました。

受賞 | 2012年7月19日


mr sanbin_s.jpg
 賞状を手にする三瓶さん
 
mr ito_s.jpg
  賞状を手にする伊藤さん

機械工学専攻 博士前期課程2年三瓶貴裕さんと博士前期課程1年伊藤 敦さんが5月27~30日に開催された日本鋳造工学会 第160回全国講演大会で学生優秀講演賞を受賞しました。

本賞は鋳造技術分野に関する発表において、優れた学生講演者に対して贈られる賞です。

受賞名:日本鋳造工学会 第160回全国講演大会学生優秀講演賞
主催者:公益社団法人 日本鋳造工学会


受賞者:機械工学専攻 博士前期課程2年 三瓶 貴裕

講演題目:吸収端差分イメージングによるアルミニウム鋳物の3D元素濃度マッピング

 

受賞者:機械工学専攻 博士前期課程1年 伊藤 敦 

講演題目:傾動式自動注湯機における低位置注湯と鋳型衝突回避を考慮した溶湯落下位置制御
 

ページトップへ