開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 5月31日に環境・生命工学系大門裕之准教授ら4名が平成22年度廃棄物資源循環学会論文賞を受賞しました。

5月31日に環境・生命工学系大門裕之准教授ら4名が平成22年度廃棄物資源循環学会論文賞を受賞しました。

受賞 | 2011年6月 7日


5月31日に環境・生命工学系大門裕之准教授ら4名が平成22年度廃棄物資源循環学会(正会員約3000名)の論文賞を受賞しました。
 

本賞は廃棄物資源循環に関する専門分野について、独創的な研究開発ならびに技術に関する論文の発表により、当該学術・技術の進捗発展に顕著な功績があった者に対し贈られるものです。


受賞論文: 水熱反応による有機性循環資源の液状飼料化

著者: 熱田洋一(環境・生命工学系産学官連携研究員)、多田遊(エコロジー工学専攻修了生)、

     藤江幸一(横浜国立大学教授)、大門裕之 (環境・生命工学系准教授)

ページトップへ