文字サイズ
検索

ホーム > 新型コロナウイルスへの対応について > 新型コロナウイルス感染症における、新着情報・活動基準・流行地域

新型コロナウイルス感染症における、新着情報・活動基準・流行地域

緊急事態宣言区域 まん延防止等重点措置を実施すべき区域 ・ 詳しくは以下を参照ください 新型コロナウイルス感染症対策(内閣官房) https://corona.go.jp/emergency/ ※詳細は,上記HPまたは各対象都道府県の 公式HP等をご確認の上,最新の情報をご確認ください。

流行地域等について 更新・最終更新日2021.6.18

*ただし,実行に時間を要するものは順次,速やかに対応していくこととする。 ※活動基準については,こちらを参照願います。

「新型コロナウイルス感染症に対する本学活動基準」<レベル2.5>への引き下げについて(適用日:6月21日~7月11日)

教職員・学生各位

「新型コロナウイルス感染症に対する本学活動基準」<レベル2.5>への引き下げについて
(適用日:6月21日~7月11日)

2021年6月18日
学長 寺嶋 一彦

 現在,6月20日まで,活動基準をレベル3としているところです。
 6月17日に愛知県に発令されていた緊急事態宣言が6月20日をもって解除され,まん延防止等重点措置区域に移行(7月11日まで,豊橋市含む14市町)となりました。 
 学内における感染者等の状況については,感染者は,6月に入って確認されておらず,体調不良者の状況についても減少し,落ち着いているところです。また,豊橋市の感染状況ついては,「1週間の人口10万人あたりの感染者数」及び「感染経路不明の割合」※1とも以下に示すとおり一時期より減少し,昨日現在,それぞれステージ3の数値及びステージ3を下回る数値となっています。ただし,この状況が一過性ではなく,継続し,減少するか見極めは難しい状況にあります。(全国と比較して減少が鈍化傾向)
 これらの状況を踏まえて検討した結果,6月21日から7月11日(まん延防止等重点措置期間)まで,活動基準をレベル2.5に引き下げることを決定しましたので,順次対応をお願いします。※活動基準については,(別紙)を参照願います。
 なお,体調不良者によるPCR検査,抗原検査は減ってきましたが,検査結果次第で,感染が拡大する恐れがある場合,活動基準を見直す場合がありますので,ご承知おき願います。
 愛知県の緊急事態宣言が解除されたことで気を緩めることなく,引き続き,新型コロナウイルス感染症への感染防止及び感染拡大防止へ緊張感を持って取り組まれるよう,よろしくお願いいたします。

    ※1 政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」 が示す5つの指標のうち
       ・人口10万人あたりの感染者数 ステージ4(25人以上)感染爆発段階
       ・感染経路不明割合 ステージ3及び4(50%)
        *ステージ4:爆発的な感染拡大及び深刻な医療提供体制の
               機能不全を避けるための対応が必要な段階
        *ステージ3:感染者の急増及び医療提供体制における大きな
               支障の発生を避けるための対応が必要な段階


     豊橋市の直近1週間の10万人あたりの感染者数,感染経路不明割合 
                        (感染症対策チーム調査)

6/02~6/08  85人 22.84人 45.88%
6/03~6/09  104人 27.95人 53.85%
6/04~6/10  108人 29.01人 52.78%
6/05~6/11  112人 30.10人 50.89%
6/06~6/12  101人 27.14人 50.50%
6/07~6/13  113人 30.36人 46.90%
6/08~6/14  113人 30.36人 46.02%
6/09~6/15  107人 28.75人 42.99%
6/10~6/16  89人 23.91人 28.09%
6/11~6/17   81人 21.76人 27.16%

21.6.18 ~現在の項目毎活動基準

項目 レベル 活動基準の内容

授業

2.5
21.6.21 ~

  • ●遠隔授業中心
    ・ただし,対面での実施が必要な少人数での実験・実習等については,感染拡大防止措置を徹底の上,実施可とする。
  • ・出張・旅行・移動した場合,本学に通う居住地(豊橋市内等)に戻った後,1週間は在宅学習等を求め,できる限り人と人との接触機会を少なくするよう慎重に対応

研究室等の教育研究活動等

2.5
21.6.21~
  • ●感染拡大防止措置の上
  • ・在宅勤務を積極的に活用し,オンライン活用による必要な活動の継続
    ・ただし,大学内での活動継続が必要な場合は,新しい生活様式等の実践・励行を条件に,実施することができる。
    ・研究室所属学生等については,研究室責任者(教員)の判断とする。
  • *スタッフの研究室内での滞在時間を可能な限り抑える。
    *勤務者は,できる限り人と人との接触機会を少なくするよう慎重に対応
    *研究室内での行動履歴・健康履歴記録の徹底
    <新しい生活様式等の実践・励行の徹底>

教員個人の研究活動,研究所,センターの活動

2.5
21.6.21~
  • ●感染拡大防止措置の上
  • ・在宅勤務を積極的に活用し,オンライン活用による必要な活動の継続
    ・ただし,大学内での活動継続が必要な場合は,新しい生活様式等の実践・励行を条件に,実施することができる。
    *勤務者は,できる限り人と人との接触機会を少なくするよう慎重に対応
    *研究室内での行動履歴・健康履歴記録の徹底
    <新しい生活様式等の実践・励行の徹底>

事務職員の業務

2.5
21.6.21~
  • ●感染拡大防止措置の上
  • ・一居室での人数を減らすなど,新しい生活様式等の実践・励行を徹底し,必要な業務の継続
  • (出勤者30%削減目途)
  • ・時差出勤の活用
    ・在宅勤務の活用
    ・別室活用
    ・ただし、期間中に行うべき重要な業務は、新しい生活様式等の実践・励行を徹底し,上記以上の出勤者による業務の継続を認める。
    *勤務者は,できる限り人との接触機会を少なくするよう慎重に対応
  • ★届出制
  • <新しい生活様式等の実践・励行の徹底>

課外活動

2.5
21.6.21~

  • ●活動禁止
  • *ただし,すでに競技会への参加が決定している等中止が難しい活動等については許可することがある。

学内会議

2.5
21.6.21~

  • ●原則,オンライン・メールによる会議の実施
  • ・ただし,やむを得ない事情がある場合,緊急性を要する場合は,数名程度で新しい生活様式等の実践・励行を徹底し,対面会議も可能とする。(活動基準・別紙3参照)
    <新しい生活様式等の実践・励行の徹底>
    (活動基準・別紙3抜粋)
    *対面会議を認める場合の例
    <会議>
    ・国等,公的機関からの通知等により,至急に意思決定が必要な場合

出張等

2.5
21.6.21~

  • ●感染拡大防止措置の上
  • ・原則,緊急事態宣言発令区域及びまん延防止等重点措置を実施すべき区域への出張・旅行・移動の禁止。
    ・ただし,やむを得ない事情がある場合,緊急性を要する場合に,出張・旅行・移動を認める場合がある。(活動基準・別紙3参照)
    ・上記以外の地域への不要不急の出張・旅行・移動の自粛。
  • *出張・旅行・移動する場合には,できる限り人と人との接触機会を少なくし,出張等先の自治体等で出されている要請や注意事項を遵守するとともに,出張先の意向を確認
  • ★出張:許可(命令)
  • ★旅行・移動:相談
  • *出張・旅行・移動した場合は本学に通う居住地(豊橋市内等)に戻った後,1週間は自宅からの外出自粛・在宅勤務(テレワーク),在宅学習等を求め,できる限り人と人との接触機会を少なくするよう慎重に対応
  • (活動基準・別紙3)
  • *対面会議を認める場合の例
  • やむを得ない事情がある場合,緊急性を要する場合に,対面会議,出張,旅行を認める場合の例
    <会議>
    ・国等,公的機関からの通知等により,至急に意思決定が必要な場合
    ・その他,大学として至急,意思決定をしなければならない重要案件が発生した場合
    <出張,旅行>
    ・国等,公的機関から依頼がある場合
    ・家族に不幸等やむを得ない事情がある場合
    ・その他,法令等で義務の順守等に必要な場合
    <新しい生活様式等の実践・励行の徹底>

施設利用・構内入構

2.5
21.6.21~

  • 一部制限
  • <教職員>
    ・新しい生活様式等の実践・励行を徹底し,施設利用・構内入構*公共交通機関利用も可
  • <学生>
    ・対面で必要な少人数の実験・実習等を受ける場合,研究室等における教育研究活動,就職指導等を受ける場合は,入構可
    *公共交通機関利用も可
    ・学生宿舎等の入居者は,上記以外の不要不急の施設利用は禁止(食堂等,散歩等は可)
  • <学外者>
    ・原則,施設利用・構内入構禁止
    ・ただし,大学の機能の維持,教育研究活動の継続等に必要な物品の納入,工事施工,取材等は構内入構を認めることができる。
  • <新しい生活様式等の実践・励行の徹底>
  • <図書館,研究所,センター>
    ・新しい生活様式等の実践・励行の徹底し,施設開館

【教職員各位】新型コロナウイルス感染症対策における就業上の措置について(通知)

教職員各位

新型コロナウイルス感染症対策における就業上の措置について(通知)

2021年6月7日
学長 寺嶋 一彦

 本学では、これまで新型コロナウイルスによる感染症対策として政府の方針等に従い「休みやすい環境の整備」「時差通勤等の整備」「在宅勤務の奨励」などを実施してきたところですが、新型コロナウイルス感染症に係る予防接種が開始されたことを受け、「新型コロナウイルス感染症対策における就業上の措置について(2020年8月6日)」の一部について、「予防接種を受ける場合等における職員の職務専念義務を免除」する措置を追加して、下記のとおり取り扱うこととしますので、通知します。
(追加・更新した部分は下線部)

  1. 特別休暇(年次有給休暇とは別の有給休暇、常勤及び非常勤教職員に適用)
    ・職員またはその同居の親族等が発熱等の風邪症状が見られることから勤務しないことがやむをえない場合
    ・新型コロナウイルス感染症に感染した疑いがある場合
    (検疫法の停留の対象となった場合含む)
    ・新型コロナウイルス感染症に感染した者と濃厚接触者となった場合及び疑いがある場合
    (感染症法に基づく協力含む)
    ・やむを得ず流行地域へ出張した後の自宅待機等
    ・臨時休業(春休みなど元々休みの日は除く)に伴って、子(※1)の監護(※2)のために必要となる場合
    ※1 原則として臨時休業した小学校、中学校、高等学校、義務教育学校、特別支援学校、放課後児童クラブ、幼稚園、保育所、認定こども園等に通う子
    ※2 子を監護するものであれば祖父母・親族等も対象とする。
  2. 病気休暇(常勤教職員)
    ・新型コロナウイルスに罹患した場合
    ※非常勤教職員については、可能な範囲で特別休暇を適用
  3. 職務専念義務免除(職務専念義務を免除された期間は有給、常勤及び非常勤教職員に適用)
    ・新型コロナウイルス感染症に係る予防接種を受ける場合
    (予防接種を受けるために要する往復時間等も含む)
    ・新型コロナウイルス感染症に係る予防接種との関連性が高いと認められる症状により療養する必要がある場合
    (副反応としての発熱、頭痛、倦怠感等のほか、負傷又は疾病の症状も含む)
    ・新型コロナウイルス感染症に関する抗体保有状況を把握するために行われる抗体検査を受ける場合
  4. 時差通勤(勤務時間の変更)について(常勤及び非常勤教職員に適用)
    ・公共交通機関を利用する職員
    ・臨時休業に伴って、小中学校等に通う子の監護が必要な職員
    ・妊娠中の女性教職員及び基礎疾患のある教職員
  5. 在宅勤務(テレワーク等)(常勤及び非常勤教職員に適用)
    ・臨時休業に伴って、小中学校等に通う子の監護が必要な場合
    ・感染がうたがわれる際の自宅待機(風邪症状、流行地域からの自宅待機時等含む)
    ・親族が発熱等の風邪症状が見られる場合
    ・感染拡大防止のために所属長(監督者)が必要と認める場合
    ・妊娠中の女性教職員及び基礎疾患のある教職員
  6. 妊娠中の女性教職員及び基礎疾患のある教職員への配慮
    妊娠中の女性教職員及び基礎疾患のある教職員については、在宅勤務・時差出勤等を積極的にご活用下さい。
  7. その他
    所属長(系長,センター長及び各課長等)にあっては、引き続き、感染防止及び感染拡大防止の観点から有給休暇等を取得しやすい環境整備に配慮をお願いします。
    また、新型コロナウイルスの陽性者や濃厚接触者に該当した場合に、不利益な取扱いや差別を受けることはありません。

【注意喚起】新型コロナウイルス感染症拡大・感染防止に関する対策の徹底について (国による緊急事態宣言を踏まえ)(21.5.12)

教職員・学生 各位

2021年5月12日
学長 寺嶋一彦

【注意喚起】新型コロナウイルス感染症拡大・感染防止に関する対策の徹底について
(国による緊急事態宣言を踏まえ)

 新型コロナウイルスの感染者数は「第4波」という形で東京や大阪などを中心に全国的に増加しており,感染力の強い変異株の割合が高い水準となり,影響が懸念されています。また,「3つの密(換気の悪い密閉空間,多数が集まる密集場所,近距離での会話や発話が生じる密接場面)」が揃う場でない状況でも感染する事例も見られることが指摘されています。
 こうした状況の中,5月12 日から,首都圏及び関西圏における緊急事態宣言に続いて,愛知県も緊急事態宣言区域に指定され,感染拡大による医療現場の逼迫等が厳しい状況にあります。
 豊橋市内においても新規感染者・感染経路不明者とも増加し,特に20 代の感染者の割合が高く(33%),主な感染経路は家族や知人・友人となっている状況です。
 本学においても4月より,友人等との会食や遊び等によると思われる感染の発生が続いており,教職員・学生におかれては,現在の感染状況を理解するとともに,愛知県が緊急事態宣言区域に指定されたという点を重く受け止め,新型コロナウイルス感染症への感染防止及び感染拡大防止に,これまで以上に緊張感を持って取り組まれるようお願いいたします。

 なお,新型コロナウイルスに対する本学の活動基準は,本日からレベル2,5 に引き上げており,こちらの通知を確認願います。
URL: https://www.tut.ac.jp/docs/210512kijyun.pdf

  • ○新しい生活様式の実践・クラスター防止のための適切な行動
    • 「避けられる感染リスクは避ける」ことを念頭に、特に「人と接する場合のマスクの着用」「飲食と会話を分ける新たな生活様式の実践」をお願いします。

学生の皆さんには,具体的に特に避けるべき感染リスクを高める行動として以下を示しています。改めて注意してください。

  1. アルバイト・課外活動終了後など,車座になっての会話,下宿等での大人数での飲食,特に飲酒を伴う宴会やパーティ等を行う行為(屋外での感染事例も増えています)。
  2. カラオケ等狭い空間で大声を出す,歌う行為。
  3. マスクをせずに,研究室や下宿など限られた部屋に複数の人が滞在し活動する行為。
  • ・懇親会やいわゆる飲み会,並びに昼食時も会話を伴う飲食については,当面自粛してください。また,国及び県より不要不急の外出自粛の徹底が求められています。大学においても教育・研究、運営上必要不可欠なものを除き,20 時以降の活動は避けてください。
  • ・なお,生活や健康の維持のために必要な外出(医療機関への通院,通勤・通学,食料・生活必需品等の買い出し,自宅近隣で密にならない屋外での運動や散歩等)は感染防止に留意した上で行ってください。
  • 発熱等普段と違う体調の変化がある場合は、外出を控えてください。
  • 感染リスクが高まる「5つの場面」に注意
  • 場面① 飲酒を伴う懇親会等(飲酒による注意力の低下等)
  • 場面② 大人数や長時間におよぶ飲食(5人以上で感染リスク増等)
  • 場面③ マスクなしでの会話(近距離で飲食をしながらの会話等)
  • 場面④ 狭い空間での共同生活(学生宿舎の個室や共用部分等)
  • 場面⑤ 居場所の切り替わり(昼休み等の休憩時、運動後の更衣室等)
     ・クラスター発生が報じられているような感染リスクの高い場所への出入りの自粛
     ・感染を防ぐための、適切な手洗い、マスク着用、換気等「新しい生活様式の実践」
  • また、マスクを外して行う共用の洗面所等での歯磨きは、密を避けるとともに飛沫を飛ばさないよう注意をし、使用後は洗い流すよう留意してください。
  • ○移動(出張,旅行(帰省を含む))の禁止等
    • ・緊急事態宣言の発令されている地域(東京都,大阪府,京都府,兵庫県,愛知県,福岡県)
      まん延防止等重点措置の実施区域(沖縄県,埼玉県,千葉県,神奈川県,愛媛県,北海道,岐阜県,三重県)への移動(出張,旅行(帰省も含む)は原則禁止とします。
    • ・不要不急の出張・旅行・移動は全国で自粛をお願いしています。ただし,やむを得ない事情がある場合及び緊急性を要する場合等には,所属長や指導教員等の許可を得て行ってください。出張伺いを所属長に提出する際には,現在の状況を踏まえた上で,更に必要性がある旨の内容を添えて提出してください。
    • ・移動する場合には、移動先の自治体等で出されている要請や注意事項を遵守してください。
    • ・出張・旅行・移動から本学に通う居住地に戻った後,1週間は在宅学習,在宅勤務等を行い,できる限り人との接触機会を少なくするよう慎重に対応してください。
  • ○症状発生時における適切な対応と大学への連絡
    • ・普段とは違う体調の変化,違和感がある場合は、
      1.出校しない 2.人と会うことを控える 3.共同で生活する者との接触に注意 (各家庭や学生宿舎等)
    • ・新型コロナウイルス感染症に感染した、濃厚接触者に指定された、PCR検査を受けた等の場合は、必ず本学健康支援センターへの連絡(電話又はメール)をお願いします。
    • 電話:0532-44-6632(平日9:00~17:00)
    • E-Mail:kenkou@office.tut.ac.jp
    • 症状発生時における対応・大学への連絡フロー参照)
  • 〇人権尊重・個人情報保護について
    • 現在新型コロナウイルス感染症は市中感染が広がっており、教職員・学生が感染リスクの高い行動をしていなくても、本人以外の行動を通じて意図せず感染してしまう可能性はあります。これまでもお伝えしているとおり、感染者及び関係者の特定及び差別的取扱の助長等につながることがないよう,感染者や関係者に対する誹謗中傷や差別的言動などは許さないといった認識を持ち、人権尊重・個人情報保護の遵守をよろしくお願いいたします。
  • ●新型コロナ接触確認アプリ等について
    飲食店等における会食などの場でクラスターが多く発生していることから、厚生労働省において開発された「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のダウンロードや豊橋市新型コロナ通知システムをはじめとした地方自治体独自の通知システムの登録を推奨します。

新型コロナウイルスへの対応についてのページ一覧

ページトップへ