開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 機械工学系 > 竹市 嘉紀(たけいち よしのり)

竹市 嘉紀(たけいち よしのり)

所属 機械工学系
兼務
職名 准教授
専門分野 トライボロジー / 表面分析
学位 工学博士(名古屋工業大学)
所属学会 (社)日本トライボロジー学会 / (社)日本機械学会 / (社)応用物理学会
E-mail takeichi@
※アドレスの末尾に「tut.jp」を補完してください
研究室web http://tribo.me.tut.ac.jp

研究紹介

トライボロジー(Tribology)とは摩擦・摩耗・潤滑といったキーワードが関連する様々な科学技術的問題を取り扱う学際分野です.摩擦摩耗は普段は目にしないところで問題になることが多く,トライボロジーは工業分野の「縁の下の力持ち」的な役割を担っています.

1:PTFEのトライボロジー
  PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)の摩擦におけるトライボケミカル反応の解明を目指した研究.

2:ボールジョイントのトライボロジー
  自動車用ボールジョイントの性能向上に関する研究.

3:フェノール樹脂成形材料のトライボロジー
  フェノール樹脂成形材料の高負荷しゅう動条件における摩擦摩耗特性向上に関する研究.

4:高温固体潤滑材料のトライボロジー
  高温雰囲気におけるしゅう動材料および固体潤滑剤のトライボロジー特性向上を目的とした研究.

テーマ1:固体潤滑材料のトライボロジー

概要

高温環境で用いる摩擦材料には特殊合金やセラミックなどがあり,現在もトライボロジー特性のより優れた材料研究が行われているが,コストや靱性などの点で課題が多い.本研究では高温用すべり軸受材料を対象とし,摩擦係数低減や摩耗量低減を目的とした研究を行っている.また,金属複合酸化物による高温潤滑特性のメカニズム解明や高温用トライボ膜の形成を目的とした研究を行っている.(科学研究費補助金採択テーマ)

キーワード

高温環境, 耐摩耗性, 金属複合酸化物, すべり軸受

テーマ2:高分子材料のトライボロジー

概要

「テフロン」の商標で広く知られてるPTFE(ポリテトラフルオロエチレン)は,各種プラスチック材料の中でも優れた低摩擦特性(潤滑性能)を示すものの摩耗量が多い(耐摩耗性に劣る)という欠点がある.本研究ではPTFEの耐摩耗性向上を目的とした研究を行っている.一般にはガラス/炭素繊維,金属微粉末,層状固体潤滑材料などのフィラーとよばれる異種材料を添加して複合材料とすることで摩耗量を低減させるが,無添加と比較して摩擦係数が上昇することや,フィラーにより摩擦相手となる材料側の摩耗が促進されてしまう(相手攻撃性)といったことが問題になる.本研究ではフィラーによる相手攻撃性発現のメカニズムや,フィラーによる摩耗低減メカニズムの解明を進めており,これにより相手攻撃性が低く耐摩耗性に優れた摺道材料を得ることを目的としている.また,自動車用ボールジョイントに用いられるボールシート(POM,ポリアセタール)の摩耗低減に関する研究も行っている.

キーワード

PTFE, POM, ポリテトラフルオロエチレン, ポリアセタール, 複合材料

テーマ3:フェノール樹脂成形材料のトライボロジー

概要

フェノール樹脂成形材料

キーワード

フェノール樹脂,複合材料,ホウ酸,酸化ホウ素,高温

担当授業科目名(科目コード)

表面分析特論 / トライボロジー / 機械設計 / 機械創造実験 / 材料力学Ⅱ / プロジェクト研究 / 卒業研究

その他(受賞、学会役員等)

日本表面科学会 技術賞 1997年, "標準CMA分光器で得た絶対オージェスペクトル", 後藤敬典, 竹市嘉紀.


ページトップへ