文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 総合教育院 > TAN WAI KIAN(わい きあん たん)

TAN WAI KIAN(わい きあん たん)

所属 総合教育院
職名 助教
専門分野 機材料、セラミック材料、機能性酸化物、複合材料
学位 博士(工学)豊橋技術科学大学
所属学会 日本セラミックス協会、無機マテリアル学会、日本ゾルーゲル学会
E-mail tan@las
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://ion.ee.tut.ac.jp/
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究紹介

研究紹介

  1. ナノ微構造制御による新規セラミック材料の開発
  2. 溶液プロセスによる酸化亜鉛の高次ナノ構造制御
  3. 新規金属空気電池の開発
  4. 重金属吸着用機能性酸化鉄の開発

テーマ1:ナノ微構造制御による新規セラミック材料の開発

概要

セラミックスの分野では、強度および破壊靭性等の力学特性の向上、ならびに光学、電気、熱特性の付与など所望の特性を達成するために複合化が行われる。本研究では、静電相互作用を用いた原料粒子の集積化技術の開発と、これを用いた複合材料の微構造設計をおこなう。また、新規プロセスとしてエアロゾルデポジション法、3Dプリンタを駆使した材料開発を行う。

主な業績

1. Tan, W. K.; Araki, Y.; Yokoi, A.; Kawamura, G.; Matsuda, A.; Muto, H., Micro- and Nano-assembly of Composite Particles by Electrostatic Adsorption. Nanoscale Research Letters 2019, 14 (1).
2. Tan, W. K.; Yokoi, A.; Kawamura, G.; Matsuda, A.; Muto, H., PMMA-ITO Composite Formation via Electrostatic Assembly Method for Infra-Red Filtering. Nanomaterials 2019, 9 (6).
3. Tan, W. K.; Shigeta, Y.; Yokoi, A.; Kawamura, G.; Matsuda, A.; Muto, H., Investigation of the anchor layer formation on different substrates and its feasibility for optical properties control by aerosol deposition. Applied Surface Science 2019, 483, 212-218.

キーワード

ナノ材料、機能性セラミックス、複合粒子

テーマ2:溶液プロセスによる酸化亜鉛の高次ナノ構造制御

概要

低温で酸化物ナノ構造を創製するための化学水溶液プロセスの確立を行う。サイズおよび形態を制御することで、デバイス特性の向上を目指す。一例として、効率的なエネルギー変換が可能な太陽電池、浄水システムの開発を行う。材料種として酸化亜鉛(ZnO)を用いた低温でのナノ形態制御を検討しており、ポリマーなどの低融点材料表面への機能化付与を検討しており柔軟なデバイス開発を実施する。

主な業績

1. Tan, W. K.; Lockman, Z.; Abdul Razak, K.; Kawamura, G.; Muto, H.; Matsuda, A., Enhanced dye-sensitized solar cells performance of ZnO nanorod arrays grown by low-temperature hydrothermal reaction. International Journal of Energy Research 2013, 1992-2000.
2. Tan, W. K.; Abdul Razak, K.; Lockman, Z.; Kawamura, G.; Muto, H.; Matsuda, A., Synthesis of ZnO nanorod–nanosheet composite via facile hydrothermal method and their photocatalytic activities under visible-light irradiation. Journal of Solid State Chemistry 2014, 211, 146-153.
3. Tan, W. K.; Ito, T.; Kawamura, G.; Muto, H.; Lockman, Z.; Matsuda, A., Controlled facile fabrication of plasmonic enhanced Au-decorated ZnO nanowire arrays dye-sensitized solar cells. Materials Today Communications 2017, 13, 354-358.
4. Tan, W. K.; Muto, H.; Ito, T.; Kawamura, G.; Lockman, Z.; Matsuda, A., Facile Fabrication of Plasmonic Enhanced Noble-Metal-Decorated ZnO Nanowire Arrays for Dye-Sensitized Solar Cells. Journal of Nanoscience and Nanotechnology 2020, 20, 1-8.

キーワード

機能酸化ナノ材料、太陽電池、光触媒、酸化亜鉛

テーマ3:新規金属空気電池の開発

概要

金属/空気電池は、負極活物質として金属、正極活物質として酸素から構成されることから、電池内部に正極活物質を充填する必要がないために高エネルギー密度を実現することができる。負極活物質の中でも、鉄は資源が豊富で安価であり、充放電時にデンドライトの生成が起こらないため二次電池への展開が期待されていることから、負極活物質の利用率を向上させるための材料設計を検討している。 また、KOH - ZrO 2固体電解質とポリフッ化ビニリデン(PVDF)を組み合わせた固体電解質シートを用いた全固体型鉄・空気電池を作製し、二次電池の作製を目指している。

主な業績

1. Hayashi, K.; Wada, Y.; Maeda, Y.; Suzuki, T.; Sakamoto, H.; Tan, W. K.; Kawamura, G.; Muto, H.; Matsuda, A., Electrochemical Performance of Sintered Porous Negative Electrodes Fabricated with Atomized Powders for Iron-Based Alkaline Rechargeable Batteries. Journal of The Electrochemical Society 2017, 164 (9), A2049-A2055.
2. Tan, W. K.; Asami, K.; Maeda, Y.; Hayashi, K.; Kawamura, G.; Muto, H.; Matsuda, A., Facile formation of Fe3O4-particles decorated carbon paper and its application for all-solid-state rechargeable Fe-air battery. Applied Surface Science 2019, 486, 257-264.
3. Tan, W. K.; Wada, Y.; Hayashi, K.; Kawamura, G.; Muto, H.; Matsuda, A., Fabrication of an all-solid-state Zn-air battery using electroplated Zn on carbon paper and KOH-ZrO2 solid electrolyte. Applied Surface Science 2019, 487, 343-348.

キーワード

金属空気電池、負極材料開発、先端機能材料

ページトップへ