豊橋技術科学大学

検索

Search

五十幡 康弘(いかばた やすひろ)

所属 情報メディア基盤センター
兼務 情報・知能工学系
職名 准教授
専門分野 計算化学、量子化学、理論化学
学位 博士(理学)(早稲田大学)
所属学会 日本コンピュータ化学会,理論化学会,分子科学会,日本化学会,アメリカ化学会
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究紹介

量子化学計算,第一原理計算,分子動力学シミュレーションなどの計算化学の方法論は,分子やその集合体,物質や材料の性質を微視的な観点から明らかにするために利用されています。計算化学はこれらを予測する手段としても活用されており,機能性材料や医薬品の開発において不可欠なツールとなっています。

電子状態理論のさらなる発展,計算のアルゴリズムおよびプログラムの開発は,計算化学を用いた研究開発を促進するために重要です。私は,分子のシュレーディンガー方程式を解く量子化学計算に関して理論の開発と応用をこれまでに行ってきました。最近は電子励起状態の理論とその応用,分子性結晶の構造予測と物性の解明,タンパク質-リガンド複合体の構造と安定性の予測,機械学習を用いた分子のエネルギーおよび物性の予測などを研究テーマとしています。

テーマ1:量子化学計算に関する方法論の開発

主な業績

“Picture-change correction in relativistic density functional theory”, Y. Ikabata, H. Nakai, Phys. Chem. Chem. Phys. 23, 15458 (2021).

“Machine-learned electron correlation model based on frozen core approximation”, Y. Ikabata, R. Fujisawa, J. Seino, T. Yoshikawa, H. Nakai, J. Chem. Phys. 153, 184108 (2020).

“Machine-learned electron correlation model based on correlation energy density at complete basis set limit”, T. Nudejima, Y. Ikabata, J. Seino, T. Yoshikawa, H. Nakai, J. Chem. Phys. 151, 024104 (2019).

“Extension and acceleration of relativistic density functional theory based on transformed density operator”, Y. Ikabata, T. Oyama, M. Hayami, J. Seino, H. Nakai, J. Chem. Phys. 150, 164104 (2019).

テーマ2:計算化学的手法を用いた構造,物性,反応性の解明

主な業績

“Direct NIR-Light-Activatable Phthalocyanine Catalysts”, Y. Katsurayama*, Y. Ikabata*, H. Maeda, M. Segi, H. Nakai, T. Furuyama, Chem. Eur. J. 28, e202103223 (2022). (*Equal contributions)

“An Element-Substituted Cyclobutadiene Exhibiting High-Energy Blue Phosphorescence”, Y. Shoji*, Y. Ikabata*, I. Rhyzhii, R. Ayub, O. El Bakouri, T. Sato, Q. Wang, T. Miura, B. S. B. Karunathilaka, Y. Tsuchiya, C. Adachi, H. Ottosson, H. Nakai, T. Ikoma, T. Fukushima, Angew. Chem. Int. Ed. 60, 21817−21823 (2021). (Very Important Paper, *Equal contributions)

“Near-Infrared Absorption of π-Stacking Columns Composed of Trioxotriangulene Neutral Radicals”, Y. Ikabata, Q. Wang, T. Yoshikawa, A. Ueda, T. Murata, K. Kariyazono, M. Moriguchi, H. Okamoto, Y. Morita, H. Nakai, npj Quantum Materials 2, 27 (2017).

“Unveiling a New Aspect of Simple Arylboronic Esters: Long-Lived Room-Temperature Phosphorescence from Heavy-Atom-Free Molecules”, Y. Shoji*, Y. Ikabata*, Q. Wang, D. Nemoto, A. Sakamoto, N. Tanaka, J. Seino, H. Nakai, T. Fukushima, J. Am. Chem. Soc. 139, 2728-2733 (2017). (*Equal contributions)

担当授業科目名(科目コード)

シミュレーション特論,高速計算プログラミング特論I,高速計算プログラミング特論Ⅱ


ページの先頭へ戻る