開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 環境・生命工学系 > 大北 博宣(おおきた ひろのぶ)

大北 博宣(おおきた ひろのぶ)

所属 環境・生命工学系
兼務
職名 助手
専門分野 触媒化学
学位 工学修士(豊橋技術科学大学)
所属学会 日本化学会 / 触媒学会 / 石油学会
E-mail ohkita@ens
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください

研究紹介

石油化学工業において用いられる不均一系触媒は、我々の生活水準の向上化に貢献する重要な材料の一つである。その為、現在においてもこれらの分野における環境に優しい技術やエネルギ−保存技術に関する新規触媒が開発され続けている。研究の目的は石油化学の分野における新規かつ最適なる不均一系触媒のシステムを開発する事であり、主として
1)廃棄プラスチックのケミカルリサイクリング
2)パラフィンから化学原料の製造
に関する研究を行っている。触媒としては、シリカとアルミナから構成される触媒を取り挙げ、分光学的技術を用いて触媒の特性化を行う事により反応中における活性点の役割を解明する事を試みている。
キ−ワ−ド:SiとAlを含む機能性触媒(ゼオライトなど)の調製・固体酸特性・形状選択性・酸化・脱水素・クラッキング

テーマ1:石油化学工業用触媒に関する活性点特性の解明とその触媒作用に関する研究

概要

 私たちは、石油化学工業の分野において使用されている粉体表面が酸性を示すシリカ-アルミナ複合酸化物やゼオライトなどの固体酸触媒と呼ばれる多孔質無機粉体を用いた炭化水素の接触分解や改質反応をモデル反応として取り挙げ、「触媒の活性点特性の解析と評価」、「反応特性の評価」、「活性点特性の反応特性へ与える効果の評価」を行う事により、新規触媒の設計に対し必要となる因子を解明し、これらの知見を新規触媒の開発に反映させる事を目的として研究を行っています。
(1)廃棄プラスチックのケミカルリサイクル(化学原料や燃料としての回収)
(2)パラフィンの選択的芳香族化反応

キーワード

固体酸触媒・固体酸特性・廃棄プラスチック・ケミカルリサイクル・触媒作用

テーマ2:環境に優しく貢献する新規固体触媒の調製とその触媒作用に関する研究

概要

 私たちは地球環境保護やリサイクル問題の解決という観点から「環境に優しい触媒による社会的貢献」を目的として、いろいろな触媒の調製法(ゾル-ゲル法、噴霧燃焼法、水熱合成など)により新しい固体触媒を調製し、これら触媒の性質を調べると共にモデル触媒反応における触媒性能の評価を行っています。
(1)発砲ポリスチレンや化学原料であるスチレン製造をモデルとしたアルカンの酸化的及び単純脱水素反応
(2)クリ-ンエネルギ-である水素の製造をモデルとしたアルコ-ル-水系光触媒反応

キーワード

不均一系触媒反応・触媒設計・触媒作用・新規固体触媒・表面特性

担当授業科目名(科目コード)

環境・生命工学実験 ( B14600020 ) / 化学実験 ( B10130130 )


ページトップへ