豊橋技術科学大学

検索

Search

崔 容俊(ちぇ よんじゅん)

所属 電気・電子情報工学系
職名 助教
専門分野 半導体工学,バイオセンサ
学位 博士(工学)豊橋技術科学大学
所属学会 電気学会,応用物理学会
E-mail choi@ee
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://int.ee.tut.ac.jp/bio/
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究紹介

近年,バイオセンシングの技術はIT(Information Technology),NT(Nanotechnology),BT(Biotechnology)技術の発展およびそれらの融合によって,バイオセンサの検出限界が克服され,医療や生化学分野の研究に応用されています.特に,人体の特定病原体と生理学的解析を高感度(Sensitivity)かつ選択的(Selectivity)に検出するセンシング技術は、病気の早期診断や治療に重要な技術として注目されています.本研究室では,CMOS/MEMS技術を用いて,高感度かつ高選択性を有するバイオセンサの実現を目指して研究を進めています.

テーマ1:フィルタフリー蛍光イメージセンサ

概要

体内・脳内の細胞活動を解明するためにさまざまな研究が行われています.細胞活動の観測にはpH,活動電位,質量分析,蛍光などの手法が用いられています.特に,蛍光検出法は得られる情報量が多く取り扱いが容易であるため,最も有用な方法の1つとして注目されています. そこで,リアルタイムでの検出に向けた小型で安価な蛍光検出装置の開発が進められています.現在,蛍光顕微鏡で使用される干渉フィルタや吸収フィルタなどが搭載されたオンチップイメージセンサが報告されています.光学フィルタを搭載したイメージセンサは,蛍光検出能力に優れる反面,複数種類の蛍光の同時検出や蛍光試薬の変更への対応ができないなどの問題がありました.本研究では,励起光と蛍光の波長が変更された場合でも同一デバイスで,光強度を検出可能なフォトゲート構造のフィルタフリー蛍光センサに関する研究を行っています.シリコンの光吸収深さの波長依存性を基に,センシングエリアの直下に位置するpn接合とフォトゲートの電圧によって形成される電位の鞍の深さを調整して,表面側からある分岐点まで吸収された光電流を検出し,それぞれの光強度を算出します.このデバイスを用いて光学フィルタなどを使用せずに,混合試薬からの3波長分離,神経細胞の定量化,蛍光イメージング,レジオネラ菌の識別,DNAの検出などを実現しています.

キーワード

フィルタフリー,蛍光,イメージセンサ,バイオセンサ

担当授業科目名(科目コード)

物理実験
電気・電子情報工学実験Ⅰ
電気・電子情報工学実験Ⅱ


ページの先頭へ戻る