開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 情報・知能工学系 > 金澤 靖(かなざわ やすし)

金澤 靖(かなざわ やすし)

所属 情報・知能工学系
兼務 人間・ロボット共生リサーチセンター
未来ビークルシティリサーチセンター
職名 准教授
専門分野 コンピュータビジョン / 画像処理
学位 博士(工学) (大阪大学)
所属学会 電子情報通信学会 / 情報処理学会 / IEEE
E-mail kanazawa@cs
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.img.cs.tut.ac.jp/~kanazawa/

研究紹介

人コンピュータビジョンとは、人間の視覚認識の機能を計算機上に実現しようとする研究である。特にカメラ画像からの3次元復元は、ロボットの視覚を始めとして、3次元形状の計測、監視システム、マルチメディアへ処理など、幅広い応用が期待されている。そこで我々は、画像間の対応づけや画像からの高精度な3次元復元方法などの基礎技術はもちろん、全周マルチプロジェクションシステムなど応用研究も進めている。

テーマ1:画像間からの高精度な対応付けに関する研究

概要
画像間の対応付けの例

画像間で対応している箇所を見つけることは、多くのコンピュータビジョン技術において必要不可欠の処理であるが、離れた場所で撮影された画像、テクスチャのない物体や繰り返しパターンのある画像などにおいて、対応づけは難しい問題となる。本研究室では、これらの対応付けの難しい画像間での対応付け手法について研究を進めている。

キーワード

対応づけ、不変量、繰り返しパターン、ワイドベースライン

テーマ2:内視鏡画像からの高精度な3次元復元

概要
内視鏡画像からの復元例

腸管の内視鏡画像からの3次元復元は、そのカメラの動きの制約から極めて難しい問題の一つです。本研究では、対応付けも含めてより高精度な復元を目指しています。

キーワード

内視鏡画像、3次元復元

テーマ3:コンピュータビジョン技術の応用

概要
マルチプロジェクションシステムとその投影例

コンピュータビジョン技術は,単にロボットへの応用だけでなく,バーチャルリアリティやメディア処理など,様々な分野に応用可能です.そこで,コンピュータビジョン技術のメディア処理への研究も進めています.

キーワード

拡張現実感、マルチプロジェクションシステム

担当授業科目名(科目コード)

線形代数II (B1013002a) / 機械学習・パターン認識論 (B13630150) / 画像工学特論 (M23630120)


ページトップへ