文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 建築・都市システム学系 > 小野 悠(おの はるか)

小野 悠(おの はるか)

所属 建築・都市システム学系
兼務 先端農業・バイオリサーチセンター
安全安心地域共創リサーチセンター
職名 講師
専門分野 都市計画/地域計画
学位 工学博士(東京大学)
E-mail ono.haruka@ace
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web https://onounit2018.wixsite.com/iup-tut
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究紹介

人々の豊かな暮らしを支え、多様な文化を育む、魅力的かつ持続的な都市を実現するため、都市の現状を理解し、あるべき姿を構想し、実現のための方法論を提示することを目指しています。そのため、都市計画の理論的知識の蓄積と、それらを現場で活かすための実践的スキルの習得に重点を置いています。

テーマ1:国際都市計画

概要

アジアやアフリカなど急速に成長する都市は、欧米諸国から移入された近代的な都市計画制度や土地制度が機能せず、劣悪な住環境、貧困、環境汚染、災害への脆弱性など様々な都市問題に直面しています。途上国における都市化の原理を明らかにし、地域の歴史や資源への深い理解に基づいた政策的・制度的アプローチを提言することをめざします。

テーマ2:土地と都市空間

概要

土地の私的権利と、都市空間で暮らす人々の公共の福祉。両者のバランスはどのように考えればよいのでしょうか。住宅不足、違法占拠など急成長する都市が抱える問題。空き家、低未利用地など縮退都市が有する問題。また、あらゆる都市が時として直面する災害復興の問題。これらには共通して「土地(私的権力)vs都市空間(公共福祉)」の構造が内在します。都市空間の変容を個々の土地の動態に着目して分析し、土地と都市空間の関係性を考えます。

テーマ3:地域デザイン

概要

豊かな地域社会を形成するためには、社会の制度的デザイン、空間的デザイン、人の関係性のデザインを総合的かつ創造的に考えていくことが大切です。研究と実践の往復を通じて、都市を読み、構想し、地域を育てるという視点の中で、新しい地域デザインプロセスの創出をめざします。


ページトップへ