文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 建築・都市システム学系 > 松尾 幸二郎(まつお こうじろう)

松尾 幸二郎(まつお こうじろう)

所属 建築・都市システム学系
兼務 安全安心地域共創リサーチセンター
未来ビークルシティリサーチセンター
職名 准教授
専門分野 交通工学 / 土木計画学
学位 博士(工学)(豊橋技術科学大学)
所属学会 土木学会 / 交通工学研究会 / 日本都市計画学会 / 日本交通心理学会 / アジア交通学会
E-mail k-matsuo@ace
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.tr.ace.tut.ac.jp/
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究紹介

 交通現象・交通行動を科学的に捉え,安全・便利・快適で地域社会と調和のとれた交通システムのあり方とその実現方策を追及するための研究に取り組んでいます.

テーマ1:多様なデータを活用した交通安全マネジメント手法に関する研究

概要
データ統合による潜在的危険地点の抽出

 効果的かつ効率的な交通安全マネジメントを実施していくためには,交通事故危険性について科学的な解明を行うことが不可欠です.
 本研究では,交通事故統計データに加えて,自動車プローブデータ,ドライブレコーダデータ,衝突警報データ,道路空間3次元データといった交通ビッグデータと,市民ヒヤリハット情報などを適切に組み合わせた道路交通安全マネジメント手法の構築を目指しています.具体的には,豊橋市,名古屋市をはじめとする愛知県内の市町村や,マレーシア・ペナンなどを対象として,道路交通実態の詳細把握,事故危険性統計モデルの構築,地点別・事故類型別の事故危険度の評価や要因分析,特定事故危険地点における詳細な交通流の調査・解析・シミュレーションモデルの構築,それらに基づく交通安全対策の立案・評価などを行っています.

主な業績

Kojiro Matsuo, Mitsuru Sugihara, Motohiro Yamazaki, Yasuhiro Mimura, Jia Yang, Komei Kanno, Nao Sugiki (2020) Hierarchical Bayesian modeling to evaluate the impacts of intelligent speed adaptation considering individuals’ usual speeding tendencies: a correlated random parameters approach, Analytic Methods in Accident Research, 27, 100125, https://doi.org/10.1016/j.amar.2020.100125.
松尾幸二郎, 違真樹, Franziska Miksch, 杉木直 (2019) 先進プローブデータを活用した地点別の潜在的歩行者事故リスク評価 ~経験ベイズ縮約推定を用いて~, 交通工学研究発表会論文集, 39, 115 - 122.

キーワード

交通ビッグデータ / 交通安全マネジメント

テーマ2:子どもの移動のあり方・計画に関する研究

概要
小学生事故発生地点と通学路との空間関係

 近年,日本の子どもの移動方法が世界から注目されています.日本ではほとんどの小学校で子どものみによる徒歩での登下校が行われており,登下校以外でも,低年齢の頃から子どものみによる自立した移動がなされています.その結果として健康の促進にも貢献している可能性も指摘されています.一方,他国では登下校は親の送迎やスクールバスが主であり,車に依存していることから子どもの肥満問題に繋がっている可能性や,親の送迎がピーク時間の渋滞を引き起こすといった問題も生じています.
 本研究では,日本国内の各地域や,マレーシア,インドネシア,オーストラリアなどを対象に,子どもの移動方法について調査を行い,特に子どもの自立的な移動性 (Children Independent Mobility; CIM) や交通安全性・防犯性に着目した比較分析を通して,より良い子どもの移動のあり方を検討しています.

主な業績

Halimatsusaadiah Binti Sahdan, Kojiro Matsuo, Nao Sugiki (2019) Statistical model analyses of traffic accidents involving elementary students at intersections considering exposure factors, International Symposium on City Planning and Environment Management in Asian Countries, 12

キーワード

子どもの移動自律性 (CIM) / 交通安全 / 防犯

担当授業科目名(科目コード)

図学 (B1052002b)
図学演習 (B1052003b)
確率・統計 (B1013004a)
測量学Ⅰ実習 (B15510160)
土木数理演習Ⅱ (B15622020)
交通計画論 (M25620100)
Advanced Transportation Engineering (M45630420)

その他(受賞、学会役員等)

【その他の研究テーマ】
 以上の他に,シミュレーションを用いた道路網整備計画や交通管理計画の評価に関する研究,地域公共交通マネジメントに関する研究に関する研究などを行っています.

松尾幸二郎 (2020) 時空有漢ミクロ公共交通ネットワークを用いた立地適正化計画区域のアクセシビリティ評価, 変革社会に対応する新しい都市計画像 : 動き始めた「コンパクト・プラス・ネットワーク」型都市への取り組み, 中日出版

【受賞歴】
◆2020年 感謝状, 愛知県警察
◆2018年 感謝状, 愛知県警察
◆2017年 第15回ITSシンポジウム2017ベストポスター賞, ITS Japan
◆2017年 感謝状, 愛知県警察
◆2016年 感謝状, 愛知県警察
◆2012年 土木学会中部支部優秀研究発表賞

【活動】
◆半田市地域公共交通会議 副会長
◆愛知県自動車安全技術プロジェクトチーム メンバー
◆東郷町都市計画マスタープラン検討委員会 委員
◆名古屋市大規模小売店舗立地審議会 委員
◆西尾市地域公共交通活性化協議会 副会長
◆International Journal of ITS Research Editorial Board Member
◆菊川市地域公共交通会議 アドバイザー
◆国土交通省中部運輸局 地域交通マネージャー
◆豊橋市交通安全対策検討委員会 生活道路対策部会 部会長
◆愛知県プローブ情報活用ワーキング アドバイザー
◆IEEE ITS名古屋チャプタ Technical Committee メンバー
◆大口町地域交通推進会議 会長
◆豊田都市交通研究所 研究企画委員
◆浜松市地域公共交通活性化研究会 副会長
◆豊橋市教育委員会 通学路安全対策アドバイザー
◆豊川市地域公共交通会議 副座長
◆田原市地域公共交通会議 委員
◆国際自動車コンプレックス研究会 アドバイザー
◆愛知県警察 交通死亡事故抑止対策アドバイザー
◆浜松市大規模小売店舗立地審議会 委員
◆愛知県大規模小売店舗立地審議会 委員
◆日本都市計画学会中部支部 幹事


ページトップへ