開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 建築・都市システム学系 > 松尾 幸二郎(まつお こうじろう)

松尾 幸二郎(まつお こうじろう)

所属 建築・都市システム学系
兼務 安全安心地域共創リサーチセンター
未来ビークルシティリサーチセンター
職名 助教
専門分野 交通工学 / 土木計画学
学位 博士(工学)(豊橋技術科学大学)
所属学会 土木学会 / 交通工学研究会 / 日本都市計画学会 / 日本交通心理学会 / アジア交通学会
E-mail k-matsuo@ace
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.tr.ace.tut.ac.jp/
研究者情報リンク 研究者情報

研究紹介

 交通現象・交通行動を科学的に捉え,安全・便利・快適で地域社会と調和のとれた交通システムのあり方とその実現方策を追及するための研究に取り組んでいます.

テーマ1:交通ビッグデータを活用した交通安全マネジメント手法に関する研究

概要
自動車プローブデータからの 抜け道交通(生活道路通過交通)の抽出

 効果的かつ効率的な交通安全マネジメントを実施していくためには,交通事故危険性について科学的な解明を行うことが不可欠です.
 本研究では,交通事故統計データに加えて,自動車プローブデータや道路空間3次元データなど交通ビッグデータを活用した交通安全マネジメント手法の構築を目指しています.具体的には,愛知県や豊橋市を対象として,事故危険性統計モデルの構築,地点別・事故類型別の事故危険度の評価や要因分析,特定事故危険地点における詳細な交通流の観測調査・解析・シミュレーションモデルの構築,それらに基づく交通安全対策の立案・評価を行っています.

キーワード

交通ビッグデータ / 交通安全マネジメント

テーマ2:タクシーを活用した地域公共交通ネットワーク計画に関する研究

概要
豊橋市内におけるタクシー交通の乗降車地分布(左:乗車地,右:降車地)

 2009年10月にタクシー適活法が施行され,タクシーが地域公共交通であると明確に位置づけられました.これからは,地域公共交通ネットワークとしてタクシーをどのように活用していくのかを考えることが必要かつ重要な視点となってきます.タクシーは,鉄道やバスといった他の公共交通機関が乗合大量輸送を行うものであるのに対し,個別輸送・ドアトゥドアの特性を持つ公共交通機関であり,鉄道やバスでは対応できない多様な移動ニーズに対応できるという長所があります.
 本研究では,近年タクシーへの導入が進んでいるデジタルタコグラフによって自動的に記録されたデジタル日報データ(乗降車地・時刻・料金など)を中心に活用しながら,タクシー交通実態分析およびタクシー利用メカニズムの解明を行うとともに,シミュレーション等により利用料金補助など地域公共交通としての様々なタクシー活用策の評価を行っています.

キーワード

タクシー / 地域公共交通

テーマ3:テレマティクスを活用した生活道路空間における交通静穏化に関する研究

概要
速度遵守型テレマティクス保険を想定した 長期フィールド実験による走行速度分布変化(赤:実験前,緑:実験中,青:実験後)

 安全・安心な生活道路空間の創出に向けて,流入自動車交通量や自動車速度の抑制といった交通静穏化が必要不可欠です.一方,近年のICT技術の向上により,自動車の時々刻々の車両位置や走行状態などの情報を取得・蓄積・利用できるようになり,GPSやデジタルマップ等に基づいて走行している道路区間に応じた上限速度情報を提供したり,超過しないように制御する「Intelligent Speed Adaptation (ISA)」や,日常の運転状況から得られる安全性評価指標により自動車保険料が変動する「テレマティクス自動車保険(例えば急減速発生回数が少ないドライバーは保険料が安くなる等)」といった,テレマティクス(通信情報科学)による交通安全関連サービスが可能となってきています.
 本研究では,ISAやテレマティクス保険などが地域の交通安全マネジメント,特に生活道路における交通静穏化にも活用できるのではないかと考え,その可能性を探るべく,日本の交通システムにこれらを導入した場合の社会的効果,コスト,副作用,導入手順等について調査・分析しています.また,生活道路の安全に配慮された自動車に対してなんらかの報酬を与えるというインセンティブ施策(セーフティカー減税など)に関する研究も行っています.

キーワード

ISA / テレマティクス保険 / 生活道路 / 交通静穏化 / インセンティブ施策

担当授業科目名(科目コード)

図学 (B1052002b)
図学演習 (B1052003b)
測量学Ⅰ実習 (B15510160)
土木数理演習Ⅱ (B15622020)

その他(受賞、学会役員等)

【その他の研究テーマ】
 以上の他に,小中学校通学路の交通安全計画に関する研究,高速道路における渋滞に関する研究,交通行動の地域性に関する研究などを行っています.

【受賞歴】
◆平成23年度土木学会中部支部優秀研究発表賞,2012.05

【活動】
◆2017年5月 - 現在 豊橋市交通安全対策検討委員会 生活道路対策部会 部会長
◆2017年4月 - 現在 愛知県プローブ情報活用ワーキング アドバイザー
◆2017年1月 - 現在 IEEE ITS名古屋チャプタ Technical Comittee メンバー
◆2017年1月 - 現在 大口町地域交通推進会議 会長
◆2016年12月 - 現在 国土交通省中部運輸局 地域公共交通コーディネーター
◆2016年4月 - 現在 田原市地域公共交通会議 委員
◆2016年4月 - 現在 豊川市地域公共交通会議 副座長
◆2016年4月 - 現在 豊橋市教育委員会 通学路安全対策アドバイザー
◆2016年4月 - 現在 浜松市地域公共交通活性化研究会 副会長
◆2015年10月 - 現在 国際自動車コンプレックス研究会 アドバイザー
◆2015年9月 - 2016年3月 愛知県『あいち集約型まちづくりモデル検討会議』 委員
◆2015年4月 - 現在 愛知県警察 交通死亡事故抑止対策アドバイザー
◆2014年9月 - 2017年3月 東三河南部交通圏タクシー準特定地域協議会 副会長
◆2015年7月 - 2016年3月 国土交通省中部運輸局 『タクシーの流動分析に基づく地域公共交通ネットワーク形成に関する調査』検討会 委員
◆2015年5月 - 2016年3月 愛知県実践的安全教育推進委員会 委員
◆2014年8月 - 2015年3月 田原市都市計画の基本方針検討委員会 委員
◆2014年5月 - 現在 浜松市大規模小売店舗立地審議会 委員
◆2014年5月 - 2017年3月 豊橋市学校安全研究委員会 委員
◆2014年4月 - 現在 高速道路調査会海外論文研究会 会員
◆2013年12月 - 現在 愛知県大規模小売店舗立地審議会 委員
◆2013年6月 - 2015年3月 愛知県通学路安全推進事業 通学路安全対策アドバイザー
◆2013年4月 - 現在 日本都市計画学会中部支部 幹事
◆2009年5月 - 2011年4月 土木学会誌編集委員会 学生委員


ページトップへ