開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 建築・都市システム学系 > 加藤 茂(かとう しげる)

加藤 茂(かとう しげる)

所属 建築・都市システム学系
兼務 安全安心地域共創リサーチセンター
職名 教授
専門分野 海岸工学 / 沿岸防災
学位 博士(工学)(岐阜大学)
所属学会 土木学会 / 日本沿岸域学会 / 米国地球物理学連合
E-mail s-kato@ace
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.umi.ace.tut.ac.jp/

研究紹介

土木工学の中でも海岸工学の立場から,沿岸域における環境や防災に関する研究を行っています.現地観測やデータ解析,数値シミュレーションなど様々な手法を用いて,問題解決や現象の解明に取り組み,われわれの生活,社会に役立てることのできる研究成果を生み出したいと考えています.

テーマ1:蛍光X線分析を用いた沿岸・河口域での土砂分布・輸送特性の解明

概要
カラーサンドの追跡調査結果(上段)と蛍光X線分析によるFe(中段)とCr(下段)の含有量分布

蛍光X線分析による海浜や河川の砂の化学元素含有量を計測し,その分析結果をもとに土砂の特性把握を行います.それを遠州灘海岸や三河湾の沿岸,豊川流域で実施し,土砂の空間分布特性を調査します.さらに,砂の化学元素組成や気象・海象条件を手がかりに,流域・沿岸域での砂の移動を把握することを試みます.

キーワード

蛍光X線分析,化学元素含有量,土砂移動

テーマ2:超音波を用いた沿岸漂砂計測手法の開発

概要
送波信号とその周波数情報の違い(上段:パルス波,下段:連続波)

河川や海岸など,水域での土砂移動特性を把握するために,超音波を用いた新たな土砂輸送量計測手法の確立を目指して,超音波エコーを用いた新たな土砂濃度の定量計測手法の開発を試みています.また,取得した超音波エコーデータから,そこに含まれる砂の粒径分布を推定するためのデータ解析アルゴリズムの構築も試みています.

キーワード

超音波,濃度計測,粒径分布推定

テーマ3:沿岸域での津波・高潮災害に関する研究

概要
津波氾濫シミュレーションの結果の一例

太平洋沿岸では,東海,東南海,南海地震津波などの大津波が近い将来,発生すると予測されています.また,伊勢湾や三河湾では台風による洪水や高潮の発生が心配されています.実験や数値計算,現地調査により,津波や高潮による沿岸災害,内陸・都市部への災害拡大に関する対策を検討し,地域防災への貢献を目指しています.

キーワード

津波,高潮,沿岸防災

担当授業科目名(科目コード)

基礎水理学(B15510100)/流れと波の力学 (B01622560)/環境実験 (B01622230)/水圏環境防災学 (B01622660)/建設英語 (B01610840)/水圏防災論 (M25622030)/水環境工学特論(D03420600)

その他(受賞、学会役員等)

・沿岸域の波浪・海浜流・物質輸送に関する現地観測・数値解析
・砂浜海岸における汀線変化と海岸環境・防災に関する研究
・非線形・非定常データ解析手法の現地データ解析への適用
など


ページトップへ