開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 建築・都市システム学系 > 松井 智哉(まつい ともや)

松井 智哉(まつい ともや)

所属 建築・都市システム学系
兼務 安全安心地域共創リサーチセンター
職名 准教授
専門分野 耐震構造 / 鉄筋コンクリート構造 / 鋼コンクリート合成構造
学位 博士(工学)(東京大学)
所属学会 日本建築学会 / 日本コンクリート工学協会 / 日本地震工学会
E-mail matsui@ace
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.rc.ace.tut.ac.jp/matsui/index.html

研究紹介

近い将来起こるであろう大地震に対し,いかに被害を低減するかという課題に向けてコンクリート系建物の耐震性能評価法に関連する研究を中心に行なっています.建築物のもつ基本的な構造性能,破壊メカニズム,また地震時には建物はどのように壊れるのかについて実験ならびに数値解析の両面から研究を行い,さらに既存建物の耐震性能の適切な評価方法の提案および合理的かつ安全な建物の耐震設計法の提案について取り組んでいます

テーマ1:鉄筋コンクリート造有開口耐震壁の構造特性に関する研究

概要
RC造開口耐震壁の実験

この研究は、複数開口をもつ鉄筋コンクリート造耐震壁のより合理的な構造性能評価法の構築を目的としたものです。耐震壁は建築計画,設備等の制約により開口を有する開口耐震壁となる場合が多いですが,無開口に比べて非常に複雑な破壊挙動を示し,設計上の扱いが難しい部材の1つです。そこで,より合理的な性能評価法を構築するために,写真1に示す実験装置を用いて、位置や形状が異なる開口をもつRC耐震壁の静的実験を実施し、その構造性能について検討しています。また、実験とともに数値解析を実施し、有開口RC耐震壁の応力伝達メカニズム、数値解析モデルについて検討しています。

主な業績

鈴木 健太,秋田 知芳,松井智哉,倉本 洋:複数開口を有するRC造有開口耐震壁の静的載荷実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.29,No.3,pp.325-330,2007.7
櫻井真人,松井智哉,鈴木健太,倉本 洋:複数開口を有するRC造耐震壁の耐震性能に及ぼす開口位置の影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.30,No.3,pp.421-426,2008.7
櫻井真人,松井智哉,倉本 洋:複数開口を有するRC造耐震壁の非線形FEM解析,日本建築学会構造系論文集,No.639,pp.915-923,2009.5

キーワード

鉄筋コンクリート構造,有開口耐震壁,FEM解析,耐震性能評価法

テーマ2:鉄骨コンクリート合成構造システムの開発

概要
CES造柱梁接合部のシミュレーション解析

本研究は,鉄骨と繊維補強コンクリートで構成された優れた耐震性能をもつ新しい構造システム(Concrete Encased Steel structure: CES構造)の開発を目的としたものです。既存の構造システムである鉄骨鉄筋コンクリート構造は非常に優れた耐震性能を有することは知られていますが,鉄骨および鉄筋工事のために施工性,工期の面で課題が残ります。それらの問題点を改善するために本研究では鉄筋を省いた鉄骨コンクリート合成構造の開発研究を継続的に行い,実用化を目指しています。そのためにCES構造の構造性能を把握するために部材実験を実施しています。また,シミュレーション解析を実施し,実験だけではわからない内部応力状態などについて検討しています。

主な業績

松井智哉,倉本 洋:繰返し水平力を受けるCES柱梁接合部の応力伝達機構,日本建築学会構造系論文集,No.630,pp.1401-1407,2008.8
松井智哉,溝淵博己,藤本利昭,倉本 洋:シアスパン比が異なるCES柱の静的載荷実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.31,No.2,pp1165-1170,2009.7
松井智哉,倉本 洋:CES柱梁接合部の構造性能に及ぼす作用軸力の影響,日本建築学会構造系論文集,No.663,pp. 1025-1031,2011.5
藤井崇嗣,鈴木卓,松井智哉,倉本洋:プレキャストCES造耐震壁のFEM解析,コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.2,pp.373-378,2013.7

キーワード

鉄骨コンクリート合成構造,繊維補強コンクリート,FEM解析

テーマ3:地震により被災したRC住宅の耐震性能に関する研究

概要
RC造住宅とその地震応答解析

例えば、2010年チリ・マウレ沖地震では、いくつかの中高層RC造建物が大きな被害を受け、その中で隣り合う2棟の建物の一方は大破、他方は小破となる被害を受けた建物がありました。本研究では、このような建物を対象に静的増分解析および地震応答解析を実施することにより、当該建物の耐震性能および崩壊メカニズムについて検討しています。

キーワード

鉄筋コンクリート構造、耐震性能、地震応答解析

担当授業科目名(科目コード)

理工学実験 [Engineering and Science Laboratory](B10110020)
鉄筋コンクリート構造学[Reinforced Concrete] (B15610050)
構造実験[Experimental Practice of Structural Engineering](B15620030)
構造材料力学 [Structural Materials and Mechanics](B15510080)
建設材料学[Construction Materials](B15630030)
構造計画学[Structural Planning and Design](B15630040)
鉄筋コンクリート系構造設計論 [Structural Design of Reinforced Concrete System](M25620090)
Structural Design and Cost Performance (D05123300)
構造設計特論 [Advanced Structural Design](D35030020)

その他(受賞、学会役員等)

受賞等:
第31回コンクリート工学講演会年次論文奨励賞,日本コンクリート工学協会,(2009)
13th Taiwan-Japan-Korea Joint seminar on Earthquake Engineering for Building Structures Best Paper Award, (2011)


ページトップへ