すぐに
寄附する

開学50周年記念事業募金ご協力のお願い

謹啓、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 皆様方におかれましては、平素より、本学の運営、発展のために深いご理解と多大なご協力を賜り、衷心より厚く御礼申し上げます。
 豊橋技術科学大学は、1976(昭和51)年に、実践的・創造的能力を備えた指導的技術者の養成という社会的ニーズに応えるため、実践的な技術の開発を主眼とした教育研究を行う大学院に重点を置いた工学系の大学として、高等専門学校卒業生を主たる対象とする新構想のもとに設立されました。
 この構想を実現するために、技術科学の教育・研究を行い、これまでに多くの技術者・研究者を輩出するとともに、研究、技術開発、産学連携等を通じて社会に貢献してきました。
 本学では、技術を支える科学の探究によって新たな技術を開発する学問、技術科学の教育・研究を使命とします。この使命のもと、主に高等専門学校卒業生及び高等学校卒業生等を入学者として受入れ、大学院に重点を置き、実践的、創造的かつ指導的技術者・研究者を育成するとともに、次代を切り拓く技術科学の研究を行います。
 さらに、社会的多様性を尊重し、地域社会との連携を強化します。これらを通じて世界に開かれたトップクラスの工科系大学を目指します。

 本学は、2026(令和8)年10月に開学50周年を迎えます。
 この記念すべき節目を迎えるにあたり、各界からの期待に添うべく、「技術科学で世界を変える」をスローガンに掲げ、次の10年を見据え、新たな時代に対応できる大学づくりを進めるため、次のような記念事業を実施し、今後の発展に向けて推進していく所存です。

50th_rogo_red.jpgのサムネイル画像

  1. 開学50周年記念式典、記念講演会等の50周年記念事業(冠事業)
    の実施
  2. 50年史の編集と発行
  3. イノベーション・コモンズの整備
  4. 学生支援の充実に関する事業
  5. 産学連携・社会連携に関する事業
  6. 多文化・多様性を尊重し、共生できる活力のあるキャンパスの実現

 本記念事業の趣旨及び事業内容にご賛同いただき、同窓生・在学生の保護者を始め本学の関係者・支援者の皆様に寄附金の募集活動を行いたく存じますので、記念事業に対しまして温かいご支援・ご援助を賜りますようお願い申し上げます。
謹 白 
2024年6月吉日
国立大学法人豊橋技術科学大学長代行 若原 昭浩