開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 課程・専攻

課程・専攻

平成22年度以降の入学者(3年次入学者については平成24年度以降)

平成21年度以前の入学者(3年次入学者については平成23年度以前)

機械工学

機械工学のホームページはこちらから。

課程・専攻紹介

国家政策重点分野である、環境、エネルギー、材料、ロボット、情報通信、生体医療分野等は、機械工学に密接に関係し、これらを取り込んだ新しい機械工学の 教育・研究を行うことが強く求められています。この要請に応えるべく本学では、従来の機械システムと生産システムの2つの学科を統合し、さらに新分野も取 り込み、新しく機械工学課程(専攻)にリニューアルしました。さらに、4つのコースである、機械・システムデザイン、材料・生産加工、システム制御・ロ ボット、環境・エネルギーを設けることで、機械工学とその応用分野を、より広く、深く、そして、学生の適性・志向に応じてテーラメイドに行う緻密な教育を 実現します。従来の、機械工学の力学やエネルギー、生産技術、システム技術に加えて、ロボット、バイオメカニクス、ナノテクノロジー、生体医療福祉、環 境、マネジメントなどの、モノづくりに関する新分野について教育を行います。機械工学のイノベーションを創造し、モノづくりを通して未来社会の発展に大い に貢献できる人材を育成します。これらの教育研究を通して、社会に役立ち、人類に夢と希望を与える新しい機械工学の拠点形成を目指しています。

1-img.JPG

コース名と概要

コース名概要
機械・システムデザインコース 材料力学、機械力学、機械設計、生産加工法などの機械工学の基礎を学ぶとともに、それらを新材料の設計、システムの動的設計、成形加工法、CAE、マイクロ・ナノ構造創成技術、MEMS、バイオメカニクスなどの先端分野へ応用し、機械工学全般と、機械やシステムのデザインに関する分野で能力の高い人材を養成します。
材料・生産加工コース 新素材(金属、セラミックス、高分子)、材料設計、組織制御、材料評価、加工プロセスの基礎を学ぶとともに、マルチスケールな材料組織の制御とその評価、およびそれらの実現のために必要な先端的な加工プロセスの開発などを探求します。これにより、機械工学を基盤とするものづくりのための材料と生産加工の分野で高い能力を有する人材を養成します。
システム制御・ロボットコース ロボティクス、システム工学、最適化、計測、メカトロニクス、信号処理の基礎と応用を学び、機械工学全般と、ロボットや制御などメカトロ・システム工学分野で能力の高い人材を養成します。
環境・エネルギーコース 熱・流体工学、燃焼工学、エネルギー変換工学などの基礎と応用を学び、機械工学全般とエネルギーや環境分野で能力の高い人材を養成します。

課程 学習・教育目標

本課程においては、以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

数学、自然科学、情報技術、地球環境対応技術に関する科目を修得することにより、科学技術に関する基礎知識を修得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

技術科学分野の専門技術に関する知識を修得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1)機械工学の基盤となる力学、制御、システム工学、材料工学、生産加工、エネルギー変換学等の諸学問に関する知識を獲得し、それらを問題解決に用いる実践的・創造的能力
  • (D2)実験を計画・遂行し、データを正確に解析し、技術科学的な視点から観察し、説明する能力
  • (D3)技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題を工学的に解決するためのデザイン力と与えられた制限下で仕事をまとめ上げる実行力
  • (D4)4コースのうちで1つの専門コースに関する幅広い専門知識と技術開発の実行能力
    • ○機械・システムデザインコース
    • ○材料・生産加工コース
    • ○システム制御・ロボットコース
    • ○環境・エネルギーコース
  • (D5) 研究成果の実用化、知財関係、MOT(技術経営)に関する基礎知識の獲得

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

技術文章、口頭での報告・発表及び情報メディアを通じ、自分の論点や考えなどを国内外で効果的に表現するコミュニケーション能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力

社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

専攻 学習・教育目標

本専攻においては、以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)工学的知識の獲得とその発展的活用能力

重要な学術・技術分野の理論・応用知識を自発的に獲得し、発展的に活用できる能力

(D)広範囲の知識を有機的に連携させた研究開発方法論の体得

広範囲の知識の連携による研究開発に係る方法論を体得し、研究開発の設計立案と実践能力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

技術文章、技術論文、口頭での報告・発表及び情報メディアを通じ、自分の論点や考え、研究成果などを国の内外に効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力

社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

機械工学のホームページについては下記リンクよりご確認ください。

電気・電子情報工学

電気・電子情報工学のホームページはこちらから。

課程・専攻紹介

電気エネルギーや、ICなどの電子デバイス、さらにはこれらを支える電子材料などの教育研究を担当してきた電気・電子工学課程/専攻を、新たに電気・電子 情報工学課程/専攻として再編します。この再編では、電気・電子工学分野で重要となっている材料エレクトロニクス分野と情報通信システム分野を新たに追加 し、これら分野を含めた最先端技術科学を担う次代の技術者・研究者の育成を行います。

2-1img.jpg

コース名と概要

コース名概要
材料エレクトロニクスコース 現代社会の豊かな生活を支える情報エレクトロニクスは、21世紀の中核的産業分野です。本コースでは、その基盤となる電気・電子情報工学分野を支える物質、材料、プロセス技術、計測技術にいたる幅の広い基礎知識と技術の修得を通じて、電子・電気産業分野、化学・材料分野、情報ネットワーク分野、情報家電機器開発分野、輸送機械分野、ロボット分野、医療福祉機器開発分野など、多彩な産業分野で活躍できる技術者を養成します。
機能電気システムコース 持続的発展型社会の構築に欠かせない電気エネルギーの重要性を認識し、電気エネルギーの発生・輸送・制御・計測やその利用・応用、さらには未来エネルギーシステムに関連する幅広い基礎知識と技術の修得を通じ、電気技術者の立場から、環境・エネルギー、電気電子産業、交通・通信産業、材料・ナノテクノロジー、機械・メカトロニクス、バイオ・医療・ヘルスケア・第一次・第三次産業との融合分野など、多彩な分野で活躍できる技術者を養成します。
集積電子システムコース 本学の誇るLSI工場を用いた集積回路の作製実験や開発研究を通じて半導体デバイスやシステム応用にわたる広い範囲のエレクトロニクス基礎知識と技術を修得できます。これらの知識と技術を習得することで、電子産業分野や情報ネットワーク分野、情報家電機器開発やロボット開発、さらには医療福祉機器開発などの多彩な分野で活躍できる技術者を養成します。
情報通信システムコース 情報通信技術(ICT)はインフラストラクチャとして電話交換網の時代からインターネット時代へと進化してきました。これからはユビキタス時代へと発展していきます。ユーザアクセス方式も固定電話から移動電話へ、ケーブルLANから無線LANへと進んでいます。放送や通信に加えて交通運輸や家電に至るまで、ICTは21世紀の社会を支える重要基幹産業であり、その果たす役割は益々大きなものとなるでしょう。本コースでは情報通信のための高機能集積回路・センサ・知能アンテナ等の物理層技術から通信方式・ネットワーク・利用技術に至るまでICTに関する幅広くかつ奥深い知識と技術が修得できます。通信事業・放送事業・電気機器製造・システム開発、さらには医療福祉、交通、環境、エネルギー、運輸流通、金融保険など多彩な分野で活躍できる研究者技術者を養成します。

課程 学習・教育目標

本課程においては、以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

数学・自然科学・情報技術分野、MOT、地球環境対応技術分野、知的財産分野の科目を修得することにより、科学技術に関する基礎知識を修得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

技術科学分野の専門技術に関する知識を修得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1)電気・電子情報工学の基盤となる物理、化学、電気・電子回路、制御、システム工学、材料工学、エネルギー変換工学、情報通信等の諸学問に関する知識を獲得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力
  • (D2)実験を計画・遂行し、データを正確に解析し、技術科学的な視点から考察し、説明する能力
  • (D3)技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題の工学的な解決を行うためのデザイン力と与えられた制限下で仕事をまとめ上げる実行力
  • (D4)4つのコースの中の一つの専門コースについて、幅広い専門知識と運用能力
    • ○材料エレクトロニクスコース
      電気・電子情報工学分野を支える物質、材料、プロセス技術、計測技術にいたる幅の広い基礎知識と技術の修得とその運用能力の獲得
    • ○機能電気システムコース
      電気エネルギーの発生・輸送・制御・計測やその利用・応用、さらには未来社会のエネルギーシステムに関連する幅広い基礎知識と技術の修得とその運用能力の獲得
    • ○集積電子システムコース
      半導体デバイスやシステム応用にいたる広い範囲のエレクトロニクス基礎知識と技術の修得とその運用能力の獲得
    • ○情報通信システムコース
      情報通信システム・計測制御システムのための高周波・アナログ・デジタルハードウェア及びネットワークに関する基礎知識と技術の修得とその運用能力の獲得
  • (D5)研究開発した技術の技術移転、知財関係、マネジメントの基礎的知識の獲得

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

論文、口頭及び情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力

社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

専攻 学習・教育目標

本専攻においては、以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)理論的・応用的知識の獲得と発展的活用能力

重要な学術・技術分野の理論・応用知識を自発的に獲得し、発展的に活用できる能力

(D)広範囲の知識を有機的に連携させた研究開発方法論の体得

広範囲の知識の連携による研究開発に対する方法論を体得し、研究開発の計画立案と、それを実践できる能力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

論文、口頭及び情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力

社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

(G)チームで仕事をするための能力

チーム内の個々の要員の価値観を互いに尊重するとともに協調して、チームとしての目標達成に寄与する能力

電気・電子情報工学のホームページについては下記リンクよりご確認ください。

情報・知能工学

情報・知能工学のホームページはこちらから。

課程・専攻紹介

次世代の大規模情報システムのための技術、生命・自然・社会の知に基づく新しい情報科学、およびこれらの応用技術に精通した指導的技術者・研究者の養成を目指した教育・研究を行います。

情報・知能工学系カリキュラムイメージ

コース名と概要

コース名概要
情報工学コース 新しい計算手段・計算機構を生み出す計算メカニズム、インターネット社会を構築するネットワークメカニズムなどに関わる技術を習得し、実践的・創造的・指導的な能力を備えた人材を養成します。
知能情報システムコース 高度な情報システムを開発できるソフトウェア構築メカニズム、生体情報や生命情報などの解明を目指す知能情報メカニズムなどに関わる技術を習得し、科学者的およびシステム的な思考を有する人材を養成します。

課程 学習・教育目標

本課程においては、以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

数学・自然科学・情報技術分野、MOT、地球環境対応技術分野、知的財産分野の科目を修得することにより、科学技術に関する基礎知識を修得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

技術科学分野の専門技術に関する知識を修得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1)問題を分析し、解決手順を設計し、ハードウェア・ソフトウェアとして実現する能力
  • (D2)本コースで設定された情報技術分野の専門科目を修得することにより、それぞれ以下の2分野の基礎を理解し、情報関連分野において多角的な応用と問題解決ができる能力
    • ○コース共通
      ・多様な情報から新しい価値を生み出す情報処理メカニズム
    • ○情報工学コース
      ・新しい計算手段・計算機構を生み出す計算メカニズム
      ・インターネット社会を構築するネットワークメカニズム
    • ○知能情報システムコース
      ・高度な情報システムを開発できるソフトウェア構築メカニズム
      ・生体情報や生命情報などの解明を目指す知能情報メカニズム
  • (D3)技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題の工学的な解決を行うためのデザイン力と与えられた制限下で仕事をまとめ上げる実行力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

論文、口頭及び情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力

社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

専攻 学習・教育目標

本課程においては、以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)理論的・応用的知識の獲得と発展的活用能力

重要な学術・技術分野の理論・応用知識を自発的に獲得し、発展的に活用できる能力

(D)広範囲の知識を有機的に連携させた研究開発方法論の体得

広範囲の知識の連携による研究開発に対する方法論を体得し、研究開発の計画立案と、それを実践できる能力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

論文、口頭及び情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力とプレゼンテーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力

社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

情報・知能工学のホームページについては下記リンクよりご確認ください。

環境・生命工学

環境・生命工学のホームページはこちらから。

課程・専攻紹介

従来の、生物、化学、電気に加え、環境学、ナノ・マイクロ科学、生物分子科学、社会・安全システム科学等、環境・生命の双方に密接に関連した分野のみならず国際社会に対応できる発展的な教育を行います。
本専攻では基礎となる物質と生命の側面からの理解を深める分野とより包括的な視点に立つ生態系と環境の側面からの理解を深める二つの分野よりなり立ってい ます。豊富な化学の知識を基礎とする物質の合成と物性評価についての教育・研究に加えて、固体物理学、材料科学、生命科学等の知識と手法を積極的に導入 し、狭い専門にとらわれない幅広い視野と思考能力を備えた指導的技術者を養成しするとともに、人類の活動を持続的に発展させるために、生態循環系の修復・ 改善・維持を工学的に支援することを狙い、生物の基礎と応用、生物機能とエレクトロニクスの融合、資源・エネルギーの新技術、地球科学と環境計画等にわた る幅広い知識と問題解決能力をもつ指導的技術者を養成します。

4-img-ilu.jpg

コース名と概要

コース名概要
未来環境工学コース 先端環境技術、環境リスク制御、環境評価・修復及び社会システムの各教育・研究分野を置き、環境負荷低減、資源・エネルギー消費削減を実現できる先端環境技術・システム分野を開拓・発展させるとともに、持続性を形成するための環境素養を有し、国際的にも活躍できる人材を養成します。
生命・物質工学コース 実験実習とともに生命科学、化学、材料工学等に関する知識を十分修得させ、現代の先端技術を担う生命科学とナノテクノロジーの分野で国際的にも活躍できる人材を養成します。

課程 学習・教育目標

本課程においては、以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

数学・自然科学・情報技術分野、MOT、地球環境対応技術分野、知的財産分野の科目を修得することにより、科学技術に関する基礎知識を修得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

技術科学分野の専門技術に関する知識を修得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

○未来環境工学コース
  • (D1)化学、生物、物理、数学を基本とし、専門科目群を修得することにより、先端環境技術、環境リスク制御、環境評価・修復の技術、科学的知識を獲得し、それらを駆使し課題を探究し、組み立て解決する能力
  • (D2)持続可能社会を実現する上での課題を理解するとともに、解析・評価できる専門知識と専門技術を獲得し、それらを駆使して持続可能な未来社会の実現に向けた適切な立案と行動を行うことができる能力
  • (D3)実験を計画・遂行し、データを正確に解析し、技術科学的視点から考察し、説明する能力
  • (D4)技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題の工学的な解決を行うためのデザイン能力と与えられた制限下で仕事をまとめ上げる実行力
○生命・物質工学コース
  • (D1)化学、生物、物理、数学を基本とし、生命科学、分子材料科学等の専門科目群を修得することにより技術、科学的知識を獲得し、それらを駆使し課題を探究し、組み立て解決する能力
  • (D2)生命・物質を原子・分子レベルで理解し、解析・変換・評価できる専門知識と専門技術を獲得し、それらを駆使して課題を探究し、組み立て、解決する能力
  • (D3)実験を計画・遂行し、データを正確に解析し、技術科学的視点から考察し、説明する能力
  • (D4)技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題の工学的な解決を行うためのデザイン能力と与えられた制限下で仕事をまとめ上げる実行力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

論文、口頭及び情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力

社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

専攻 学習・教育目標

本専攻においては、以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)理論的・応用的知識の獲得と発展的活用能力

重要な学術・技術分野の理論・応用知識を自発的に獲得し、発展的に活用できる能力

(D)広範囲の知識を有機的に連携させた研究開発方法論の体得

広範囲の知識の連携による研究開発に対する方法論を体得し、研究開発の計画立案と、それを実践できる能力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

論文、口頭及び情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力

社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

環境・生命工学のホームページについては下記リンクよりご確認ください。

建築・都市システム学

建築・都市システム学のホームページはこちらから。

課程・専攻紹介

人々に安全安心で質の高い生活環境を提供するために、都市・地域の建築・社会基盤施設及びそれらをとりまく環境を、将来を見据えてデザインするとともに、 システムとしてマネジメントするための技術を教育します。学部課程では専門的知識に加えて、技術者としての素養と応用能力を持った視野の広い学生を育てる ことを目標にしています。そのために、建築及び都市・地域を対象として、建築学と社会基盤工学の分野及びその境界領域にわたる学科目について実践的な教育 と演習を行います。1・2学年では少人数教育の利点を活かして、一般基礎科目、建築学、社会基盤工学についての基礎的知識を習得させ、さらに工学概論、建 築設計演習、プロジェクト研究等によって専門技術の訓練を実施します。3・4学年の段階では、建築・社会基盤両分野のうち共通性の高い科目を必修として コースに分け、広い視野を持った技術者を育てることを目的にしています。大学院専攻では、建築学及び社会基盤工学の各分野について、それぞれ専門的研究課 題を発見し、解決する能力を養成するための教育と研究を実施します。

5-img_s.jpg

コース名と概要

コース名概要
建築コース 建築設計、都市・地域計画、建築史、建築設備、建築環境、建築構造など、建築に関わる主要な専門分野の技術を十分身につけるとともに、社会基盤分野についても基礎的な知識・技術を有する、総合的で実践的な能力を有する人材を養成します。建築コースの分野は、主として六つの研究領域から構成されています。
社会基盤コース 土木構造、水工水理、地盤、都市・交通計画、環境システムなど、社会基盤に関わる主要な専門分野の技術を十分身につけるとともに、建築分野についても基礎的な知識・技術を有する、総合的で実践的な能力を有する人材を養成します。社会基盤コースは、主として四つの研究領域から構成されています。

課程 学習・教育目標

本課程においては以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

科学技術に関する基礎知識を獲得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

○建築コース

建築分野の専門技術に関する知識を修得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1)建築分野の技術に関する論路的知識を修得し、それらを活用できる能力
  • (D2)建築分野の高度な専門的技術を修得し、それらを建築分野における問題解決に応用できる能力
  • (D3)専門的技術を総合的に用いて課題を探求し、創造性、記述力、発表力、コミュニケーション力を発揮して、その課題を解決する能力
  • (D4)実際上の諸問題を探求し、社会の要求する課題を与えられた条件下で工学的に解決するための具体的な技術(企画・設計・生産・管理等)、デザイン力、調整力、協調性など、仕事をまとめ上げる実行力
○社会基盤コース

社会基盤分野の専門技術に関する知識を獲得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1)社会基盤工学の学習に必要な数学力を身につける
  • (D2)社会基盤工学の学習に必要な力学を主体とする物理学の基礎力を身につける
  • (D3)土木工学分野の基礎科目を学習することで、社会基盤工学の基礎知識を身につける
  • (D4)構造または環境分野に関する実験を通じて、社会基盤工学に関する諸現象を理解するとともに、データを正確に解析し、技術科学的な視点から考察・分析できる能力を身につける
  • (D5)演習・レポート作成への取り組みを通じて問題解決能力を養うとともに、自己学習、自己研鑽の習慣を身につける
  • (D6)社会基盤工学の専門知識に加えて、建築分野の専門知識、人文・社会科学の知識を修得し、創造性を発揮して課題を探求、組み立て、解決することのできるデザイン力を有する創造的技術者としての素養を身につける
  • (D7)社会基盤工学に関わる幅広い専門知識を修得し、実務上の問題を理解し、適切に対応できるマネジメント力を有する実践的技術者としての素養

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

論文、口頭および情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、議論や交渉などのコミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探求心と持続的学習力

社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

専攻 学習・教育目標

本課程においては、以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)理論的・応用的知識の獲得と発展的活用能力

重要な学術・技術分野の理論・応用知識を自発的に獲得し、発展的に活用できる能力

(D)広範囲の知識を有機的に連携させた研究開発方法論の体得

広範囲の知識の連携による研究開発に対する方法論を体得し、研究開発の計画立案と、それを実践できる能力

(E)特定の専門分野における総合的な知識とそれを応用する能力

建築コース及び社会基盤コースに設けられたキャリアプログラムごとに以下の目標を設定する。

○建築コース
  • 建築デザイナープログラム
    環境や周辺のコンテクストに配慮しながら、優れた建築意匠を生み出すことのできる豊かな創造性と実践的課題解決能力、及びデザインを通して社会に貢献できる高度な専門性と感性
  • 建築設備デザイナープログラム
    室内環境から都市環境にわたる大きなスケールの建築に関わる環境問題を分析・解明し、それを解決するための環境制御および環境デザインに関する実践的な技術・デザイン能力
  • 都市・地域プランナープログラム
    都市・地域に関わる諸問題を包括的に把握し、将来像の実現に向けて都市・地域計画技術を用いた創造的プランニングとマネジメントができる実践的能力
  • 構造エンジニアプログラム
    構造の耐災害性、持続的性、社会性を幅広くとらえ、専門的な視点から良好な社会資産形成のための構築技術、実践的なデザイン・マネジメント力
○社会基盤コース
  • 都市・地域プランナープログラム
    都市・地域における生活や生産活動等を支える社会基盤施設の整備と運用に関連した問題を総合的に捉え、社会技術の視点から問題を分析し、解決策を立案・評価することができる実践的能力
  • 国土環境マネジャープログラム
    国土の環境問題を幅広くとらえ、専門的な視点から問題の構造を理解・解明し、問題の解決に向けて技術的な対応策を検討・立案することができる実践的能力
  • 構造エンジニアプログラム
    社会基盤にかかわる種々の構造物の安全性に関する問題について、地域防災など多様な観点から問題を分析し、技術的な対応策を検討・立案することができる実践的能力

(F)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

論文、口頭及び情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(G)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力

社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

建築・都市システム学のホームページについては下記リンクよりご確認ください。

総合教育院

総合教育院のホームページはこちらから。

総合教育院紹介

科学技術は、人間の生活をより豊かで快適なものにしてくれる、文化の極めて重要な要素であり、近代社会の形成と発展に重要な役割を果たしてきました。その 一方、ますます複雑化する社会と世界は、環境問題を初め、さらに多くの課題を私たちに突きつけています。それらを解決し、人間社会の持続的繁栄を確かなも のにするために、科学技術にもさらなる発展が求められています。
こうした状況の中で「指導的技術者」は、自然、社会、人間に関する深い知識と理解を持ち、科学技術を人間の営み総体の中に位置づけて考えられる、自立した世界観を持つことが必要であると私たちは考えます。
総合教育院は、この要請に応えることを目的とし、学部課程の一般基礎科目として、自然・人文・社会の諸分野、保健体育、外国語を担当し、学術の基礎的な資 質や幅広い知識と豊かな国際性の涵養を目ざしています。博士前期課程では、共通科目として社会文化学と計画・経営科学の分野を担当し、狭い専門にとらわれ ない視野を培います。また、個々の教員は、博士後期課程の指導にも関わっています。
なお、国際交流センターと連携して担当する留学生に対する日本語・日本文化の教育は、本教育院の大きな特色です。

daigakuin.jpg

教育研究分野と概要

教育研究分野概要
社会文化学 本分野は国際交流センターと一体となって、社会文化学、コミュニケーション、言語学、外国語などの教育を行っています。科学、思想、文学、歴史、芸術や日本およびアジア・欧米の言語・文化などの研究成果を社会的に広い視野を持つ技術者の育成に活かしています。
自然科学・基礎工学 本分野は健康支援センターと一体となって、数学、物理学、化学を中心とした自然科学と体育・スポーツ科学の教育を行っています。また、専門系と連携して、それぞれの研究分野において独自の研究を進めています。これにより、異なる分野における専門的な技術を自然科学の立場から統一的に理解し、深みのある豊かな自然科学教育を行っています。
計画・経営科学 本分野の中心は経済分析(理論分析および数量分析)、金融工学、環境経済学、先導的技術を踏まえた都市創造です。具体的科目として経済学(ミクロ、マクロ、都市・地域、環境、コンピュテーショナル・エコノミクス)、金融工学などがあげられます。

総合教育院ホームページについては下記リンクよりご確認ください。

機械システム工学

学科紹介

エネルギーの変換・輸送・航空・宇宙、制御情報システム、工業製品の製造などの技術分野の教育を通して、機械工学の基礎を固めるとともに、他の先端技術分野の教科を広く選択履修させ、学際的、境界領域的な分野にも活躍し得る技術者を養成します。

マニピュレータによる衝撃吸収
マニピュレータによる衝撃吸収

旋回クレーンの制振制御
旋回クレーンの制振制御

教育研究分野と研究内容

教育研究分野研究内容
熱・流体工学 熱力学、伝熱工学、流体機械、油圧工学、混相流工学、炉工学、電気流体力学、液体微粒化技術、分子動力学
エネルギー変換工学 燃焼工学、熱・物質移動、流体力学、乱流工学、高速力学、レーザー応用技術、制御工学、ロボット工学
機器設計学 弾性・非弾性力学、材料強度学、計算力学、破壊力学、振動工学、トライボロジー、表面分析、生体力学

課程教育目標

本課程においては以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)の科目を修得することにより、人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

本課程で設定された「技術者倫理」を含む一般基礎II(人文・社会分野)・IV(うち人文・社会分野)の科目を修得することにより技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

本課程で設定された数学・自然科学・情報技術分野の科目を修得することにより、科学技術に関する基礎知識を獲得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

機械工学および機械工学関連分野の専門技術に関する知識を獲得し、それらをものづくりとエネルギーや環境などの問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1) 本課程で設定された専門IIの科目を修得することにより、流体力学、熱力学、固体力学の力学関連分野や計測・制御工学および機械工学関連分野の基礎を理解し、機械システムの設計、製作、性能評価、利用に応用できる能力
  • (D2) 本課程で設定された「機械システム工学実験」、「機械システム工学創造実験」を修得することにより、実験を計画・遂行し、データを正確に解析し、技術科学的な視点から考察し、説明する能力
  • (D3) 本課程で設定された「特別研究」、「実務訓練」、「機械システム工学創造実験」を修得することにより、技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題の工学的な解決を行なうためのデザイン力と与えられた制限下で仕事をまとめ上げる実行力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

本課程で設定された一般基礎III(語学分野)・IV(うち語学分野)、「特別研究」、「実務訓練」、「機械システム工学実験」、「機械システム工学創造 実験」の科目を修得することにより、論文、口頭および情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーション する能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探求心と持続的学習力

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)、「特別研究」、「実務訓練」の科目を修得することにより、社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

生産システム工学

学科紹介

工業製品の設計・製造を行う機械工学、工業材料の設計開発・製造・評価を行う材料工学、生産システムの計画や管理・制御・計測を行うシステム工学の三分野を総合した学問を教育し、研究活動を通して広い視野でものづくりを推進できる次世代の指導的技術者を養成します。

ミクロな世界で活躍するデバイスたち
ミクロな世界で活躍するデバイスたち

教育研究分野と研究内容

教育研究分野研究内容
生産計画学 システム制御、知能福祉ロボット、最適化、意志決定支援、知識工学、計測制御工学、非線形信号処理、信頼性工学、画像処理
材料工学 工業材料、材料制御、材料解析、素材製造プロセス、腐食防食、材料保証、材料強度、材料工学、非破壊診断
加工学 塑性加工、接合加工、精密加工、表面改質、粉体成形、CAD/CAM/CAE、計算力学、マイクロマシニング、MEMS

課程教育目標

本課程においては以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)の科目を修得することにより、人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

本課程で設定された「技術者倫理」を含む一般基礎II(人文・社会分野)・IV(うち人文・社会分野)の科目を修得することにより、技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

本課程で設定された数学・自然科学・情報技術分野の科目を修得することにより、科学技術に関する基礎知識を獲得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

機械工学を基礎とするものづくりの専門技術に関する知識を獲得し、それらを問題解決に応用できる能力とものづくりの実践的・創造的能力

  • (D1) 本課程で設定された選択必修II「機械工学基礎」、「材料工学」、「生産加工学」、「システム工学」分野、選択III「応用機械工学」分野の科目を修得することにより、専門的技術を駆使して課題を探求し、組み立て、解決する能力
  • (D2) 本課程で設定された「生産システム工学基礎実験」、「生産システム工学創造実験」を修得することにより、実験を計画・遂行し、データを正確に解析し、技術科学的な視点から考察し、説明する能力
  • (D3) 本課程で設定された「生産システム工学研究法基礎」、「生産システム工学卒業研究」、「実務訓練」、「生産システム工学創造実験」、「ロボット創造工学」 を修得することにより、技術者が経験する実際上の問題点と課題を探求し、諸問題の工学的な解決を行なうためのデザイン力と与えられた制限下で仕事をまとめ 上げる実行力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

本課程で設定された一般基礎III(語学分野)・IV(うち語学分野)、「生産システム工学研究法基礎」、「生産システム工学卒業研究」、「実務訓練」の 科目を修得することにより、論文、口頭および情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探求心と持続的学習力

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)、「生産システム工学研究法基礎」、「生産システム工学卒業研究」、「実務訓練」の科目を修得することにより、社会、環境、技術などの変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

電気・電子工学

学科紹介

先進的超電導・磁性・誘電体材料の開発およびナノフォトニクス、半導体素子・集積回路などのデバイス・センサの開発およびエネルギー変換、電力システムな ど、幅広い知識、実践的技術を習得させることによって、科学技術の主役を担う電気・電子工学に関する次世代の指導的技術者を養成します。

教育研究分野と研究内容

教育研究分野研究内容
基礎電気・電子工学 電気・電子工学の発展を支える先進的超電導・磁性・誘電体材料の開発およびナノフォトニクスなど
電子デバイス工学 新規半導体材料の開発、半導体デバイス、光電子融合システムおよびインテリジェントセンサなどの開発研究
電気システム工学 超電導送電、誘電材料、プラズマ応用・ナノ材料合成、太陽/風力エネルギーの有効利用および燃料電池や二次電池などの電気化学エネルギー変換の研究

課程教育目標

本課程においては以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)の科目を修得することにより、人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

本課程で設定された「技術者倫理」を含む一般基礎IV(うち語学分野を除く)、「電気・電子工学実験II」の科目を修得することにより、技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

本課程で設定された数学・自然科学・情報技術分野(専門IIA)の講義科目を修得することにより、数理法則と物理原理に関する理論的知識を獲得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

電気・電子・情報通信および関連分野の専門技術に関する知識を獲得し、それらをものづくりと問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1) 本課程で設定された「電気・電子工学実験I」、「電気・電子工学実験II」を修得することにより、実験を計画・遂行し、データを正確に解析し、技術科学的な視点から考察し、かつ説明する能力
  • (D2) 本課程で設定された専門IIB(電気・電子工学分野)の科目を修得することにより、専門的知識・技術を駆使して課題を探求し、組み立て、解決する能力
  • (D3) 本課程で設定された「特別実験」、「実務訓練」の科目を修得することにより、技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題の工学的な解決を行なうためのデザイン力と与えられた制限下で仕事をまとめ上げる実行力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

本課程で設定された一般基礎III(語学分野)・IV(うち語学分野)、「特別実験」、「実務訓練」の科目を修得することにより、論文、口頭および情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探求心と持続的学習力

本課程で設定された「特別実験」、「実務訓練」の科目を修得することにより、社会、環境、技術などの変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

電気・電子工学のホームページについては下記リンクよりご確認ください。

情報工学

学科紹介

計算機を核とする高度情報化社会形成の基礎をなすものとして、コンピュテーション、インテリジェンス・メディア、コミュニケーションを総合する新しい学問 分野を開拓し、高度の専門知識と技術を身につけた指導的技術者及び研究者の養成を行うとともに、社会のニーズに応える新技術の研究開発を行います。

無線センサネットワークの実装実験とシミュレーション実験の様子
無線センサネットワークの実装実験とシミュレーション実験の様子

教育研究分野と研究内容

教育研究分野研究内容
計算機工学 アルゴリズム理論、計算機アーキテクチャ、並列・分散処理、組込みシステム、ネットワーク基盤ソフトウェア、プログラミング言語、マンマシン・インターフェイス、音声・言語情報処理
情報処理工学 データマイニング、情報抽出、コンピュータ・グラフィックス、デジタルヒューマン、センサ情報統合、ヒューマン・ロボット・インタラクション、視覚認知工学、スペクトルイメージング、生体情報工学、知能ロボティクス、画像処理、複合現実感、マルチメディア
情報システム工学 ディジタル信号処理、アナログ信号処理、通信用信号処理回路、無線通信ネットワーク、指向性アンテナ、電波有効利用、アドホックネットワーク、インターネット応用、ネットワークセキュリティ

課程教育目標

本課程においては以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)の科目を修得することにより、人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

本課程で設定された「技術者倫理」を含む一般基礎II(人文・社会分野)・IV(うち人文・社会分野)、「情報工学実験I・II」の科目を修得することにより、技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

本課程で設定された数学・自然科学・情報技術分野の基礎科目を修得することにより、数理法則と計算原理・プログラミングに関する理論的・基礎的知識を獲得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

情報および情報関連分野の専門技術に関する知識を獲得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1) 本課程で設定された「情報工学実験I、II」の科目を修得することにより、問題を分析し、解決手順を設計し、ハードウエア・ソフトウエアとして実現する能力
  • (D2) 本課程で設定された情報技術分野の専門科目を修得することにより、次の3分野の基礎を理解し、情報工学分野において多角的な応用と問題解決ができる能力
    1. 新しい計算手段・計算機構を生み出す計算メカニズム
    2. 多様な情報から新しい価値を生み出す情報処理メカニズム
    3. 情報ネットワーク社会を構築する情報通信メカニズム
  • (D3) 本課程で設定された「特別実験」、「実務訓練」の科目を修得することにより、技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題の工学的な解決を行なうためのデザイン力と与えられた制限下で仕事をまとめ上げる実行力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

本課程で設定された一般基礎III(語学分野)・IV(うち語学分野)、「特別実験」、「実務訓練」の科目を修得することにより、論文、口頭および情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探求心と持続的学習力

本課程で設定された「特別実験」、「実務訓練」の科目を修得することにより、社会、環境、技術などの変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

情報工学のホームページについては下記リンクよりご確認ください。

物質工学

学科紹介

豊富な化学の知識を基礎とする物質の合成と物性評価についての教育・研究に加えて、固体物理学、材料科学、生命科学等の知識と手法を積極的に導入し、狭い専門にとらわれない幅広い視野と思考能力を備えた指導的技術者を養成します。

質量分析計
生命体などから採取した少量の試料を高速液体クロマトグラフィ/質量分析計に注入すると
その中の微量化合物の分離・定量が高分解能でできるため、確かな環境分析や医薬品開発が実行できる。

教育研究分野と研究内容

教育研究分野研究内容
機能生命・分析化学 高性能分離技術の開発、生体関連物質の構造と機能の解析
小脳分化メカニズムの時空間的解析、電気化学分析
機能無機・物理化学 セラミックス新物質の開発、無機多孔性物質の物性、機能性触媒の調製と物性
触媒による環境向上化、構造用セラミックス力学物性・破壊力学、ゾルーゲル法による機能性材料
機能有機化学 機能性高分子合成と解析、複合材料、界面化学と分子吸着
有機金属化学、不斉認識及び合成

課程教育目標

本課程においては以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)・III(語学分野)の科目を修得することにより、人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、人間と自然との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

本課程で設定された「技術者倫理」を含む一般基礎II(人文・社会分野)・IV(うち人文・社会分野)の科目を修得することにより、技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

本課程で設定された数学・自然科学・情報技術分野の科目を修得することにより、科学技術に関する基礎知識を獲得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

化学および化学関連分野の専門技術に関する知識を獲得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1) 本課程で設定された化学および化学関連分野の工学基礎に関する科目「化学安全学」、「物理化学II」、「有機物質化学I、II」、「無機物質化学I、 II」、「分析学I、II」、「生命物質学I、II」、「基礎化学数学」を修得することにより知識を獲得し、それらを駆使して問題を解決する基礎的能力
  • (D2) 本課程で設定された化学工学関連の科目「物理化学I」、「プロセス装置工学」、「触媒反応速度論」、「気体現象論」、「実用化学計算」、「物質工学I」、 「物質工学特別講義III」、「物質工学特別講義IV」を修得することにより、化学工学量論、熱力学、移動現象論などの専門基礎知識を獲得し、それらを駆 使して問題を解決する能力
  • (D3) 本課程で設定された専門IIの科目「物理化学II、III」、「有機物質化学I、II、III」、「無機物質化学I、II、III」、「分析学I、II、 III」、「生命物質学I、II、III」、「物質工学卒業研究I」、「力学物性論」、「コロイド・界面論」、「精密有機合成学」、「高分子反応学」、 「高分子材料科学」、「応用物性化学」、「気相分離科学」、「分析化学反応」、「単結晶X線構造解析入門」、「脳機能分子論」、「物質工学II、III」 を修得することにより、物質を原子・分子レベルで理解し、物質を解析・変換・評価できる専門知識と専門技術を獲得し、それらを駆使して課題を探求し、組み立て、解決する能力
  • (D4) 本課程で設定された「物質工学卒業研究I、II」、「実務訓練」を修得することにより、技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題の工学的な解決を行うためのデザイン力と与えられた制限下で仕事をまとめ上げる実行力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

本課程で設定された一般基礎III(語学分野)・IV(うち語学分野)、「物質科学技術英語I・II」、「物質工学卒業研究I、II」、「実務訓練」の科 目を修得することにより、論文、口頭および情報メデイアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)、「物質工学卒業研究I、II」、「実務訓練」の科目を修得することにより、社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

物質工学のホームページについては下記リンクよりご確認ください。

建設工学

学科紹介

建築及び都市・地域を対象として、総合的・実践的な教育と学生の主体的な学習を重視し、建築学と土木・衛生工学にまたがる広い視野と応用能力を身につけた技術者を育てます。大学院では、学際的知識と問題解決能力を持つ指導的な技術者を養成する研究・教育を行います。

「環境行動シミュレーション装置」
「環境行動シミュレーション装置」と呼ぶ
仮想現実空間映像を用いた大規模病院の探索行動実験

教育研究分野と研究内容

教育研究分野研究内容
構造工学 構造物の耐震性、安定問題、構造物と地盤との、動的相互作用、鋼構造・木質・RC構造の耐震性能評価
環境工学 温熱環境、換気性能評価、冷暖房負荷、河道拡散、貯水池・海岸の水理、水処理、水質制御、廃棄物制御、河川・海岸・湾内域の生態環境保全
建築・地域計画 都市・地域計画、建築史・都市史、住宅需給構造、建築計画・設計、ファシリティマネジメント、交通計画

課程教育目標

建築コース

本コースにおいては、以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

本コースで設定された一般基礎II(人文・社会分野)の科目を修得することにより、人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

本コースで設定された「技術者倫理」を含む一般基礎II(人文・社会分野)・IV(うち人文・社会分野)の科目を修得することにより、技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

本コースで設定された数学・自然科学・情報技術の分野を修得することにより、科学技術に関する基礎知識を獲得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

建築分野の専門技術に関する知識を修得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1) 本コースで設定された建設工学の基本となる構造・環境・計画の共通的な講義科目・演習科目を修得することにより、建設技術に関する論理的知識を獲得し、それらを活用できる能力
  • (D2) 本コースで設定された建設工学の専門性の高い講義科目・演習科目を修得することにより、高度な専門的技術を身につけ、それを問題解決に応用する能力
  • (D3) 本コースで設定された「建設設計演習」、「空間情報設計演習」、「建設工学実験」の科目を修得することにより、専門的技術を総合的に用いて課題を探求し、創造性、記述力、発表力、コミュニケーション力を発揮して、その課題を解決する能力
  • (D4) 本コースで設定された「建設工学特別演習」、「実務訓練」を修得・体得することにより、実際上の諸問題を探求し、社会の要求する課題を与えられた条件下で 工学的に解決するための具体的な技術(企画・設計・生産・管理等)、デザイン力、調整力、協調性など、仕事をまとめ上げる実行力
(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

本コースで設定された一般基礎III(語学分野)・IV(うち語学分野)、「建設工学特別演習」、「実務訓練」の科目を修得することにより、論文、口頭お よび情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、議論や交渉などのコミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探求心と持続的学習力

本コースで設定された一般基礎II(人文・社会分野)、「建設工学特別演習」、「実務訓練」の科目を修得することにより、社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

社会基盤コース

本コースにおいては以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

本コースで設定された一般基礎II(人文・社会分野)の科目を修得することにより、人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

本コースで設定された「技術者倫理」を含む一般基礎II(人文・社会分野)・IV(うち人文・社会分野)の科目を修得することにより、技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

本コースで設定された数学・自然科学・情報技術分野の講義科目を修得することにより、科学技術に関する基礎知識を獲得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

社会基盤分野の専門技術に関する知識を獲得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1) 本コースで設定された建設工学の基本となる構造・環境・計画の3分野の専門I及び専門IIの講義科目を修得することにより、社会基盤分野のみならず、関連 する都市・地域・建築分野における基礎的かつ高度な専門的技術を身につけ、それらを社会基盤分野にかかわる問題の理解や解決に応用する能力

  • (D2) 本コースで設定された「建設工学実験」、「測量学II」、「測量学II演習」を修得することにより、実験・観測を計画・遂行し、データを正確に解析し、技術科学的な視点から考察し、説明する能力

  • (D3) 本コースで設定された演習科目を修得することにより、自己学習の習慣を身につけ、問題の解決策を創造する能力、および問題を解決する能力

  • (D4) 本コースで設定された「建設設計演習」、「空間情報設計演習」、「建設工学特別演習」を修得することにより、社会基盤分野の専門的技術を総合的に用いて、創造性を発揮して課題を探求し、組み立て、解決する能力

  • (D5本コースで設定された「建設工学特別演習」、「実務訓練」を修得することにより、技術者が経験する社会基盤にかかわる実際上の問題点と課題を理解し、諸問 題の工学的な解決を行うための創造的なデザイン力と計画技術を用いて与えられた制限下で仕事をまとめ上げる実行力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

本コースで設定された一般基礎III(語学分野)・IV(うち語学分野)「建設工学特別演習」、「実務訓練」の科目を修得することにより、論文、口頭および情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探求心と持続的学習力

本コースで設定された一般基礎II(人文・社会分野)、「建設工学特別演習」、「実務訓練」の科目を修得することにより、社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

建設工学のホームページについては下記リンクよりご確認ください。

知識情報工学

学科紹介

最新のコンピュータ利用技術と、それを応用展開すべき科学や産業技術における具体的な専門分野との双方に精通した指導的技術者・研究者の養成を目指した教育・研究を行います。

ニューラルネットワークを用いた化学人工知能システム
ニューラルネットワークを用いた化学人工知能システム
薬物分子の構造特徴をコンピュータで解析し、そのプロフィールをTFS(Topological Fragment Spactra)デジタルスペクトルで表すとともに既知の化合物の作用や毒性との関係を学習することによって、新規の有用な化学物質やその安全性などを推定する。

教育研究分野と研究内容

教育研究分野研究内容
情報科学 アルゴリズム、自然言語処理、複雑系科学、知能システム論、ソフトウェア工学、オブジェクト指向、HCI、情報教育、アーキテクチャ、
機能情報工学 神経生理学、認知工学、パターン学習・理解、コンピュータビジョン、バーチャルリアリティ、ソーシャルロボティクス、インタラクション科学、マルチメディア構造化・統合、マルチモーダル対話処理、マルチメディアコミュニケーション
分子情報工学 分子情報処理、化学エキスパートシステム、化学データベース、計量化学、分子設計、反応設計、分子理論計算、構造一括性相関、生体高分子の電子特性解析

課程教育目標

本課程においては、以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)の科目を修得することにより、人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

本課程で設定された「技術者倫理」を含む一般基礎II(人文・社会分野)・IV(うち人文・社会分野)の科目を修得することにより、技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

本課程で設定された数学・自然科学・情報技術分野の科目を修得することにより、科学技術に関する理論的、基礎的知識を獲得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

情報および情報関連分野を基礎とするソフトウエアの専門技術に関する知識を獲得し、それらを様々な分野における問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1) 本課程で設定された情報専門分野およびその応用分野(情報科学、機能情報工学、分子情報工学)の科目を修得することにより、専門的技術を駆使して課題を探求し、組み立て、解決する能力

  • (D2) 本課程で設定された「知識情報工学実験」、「プログラミング」を修得することにより、実験を計画・遂行し、データを正確に解析し、技術科学的な視点から考察し、説明する能力、および、様々な分野におけるソフトウエアを設計、開発し、評価する能力

  • (D3) 本課程で設定された「特別研究」、「実務訓練」を修得することにより、技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題の工学的な解決を行なうためのデザイン力と与えられた制約の下で、計画的に仕事を進め、まとめ上げる実行力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

本課程で設定された一般基礎III(語学分野)・IV(うち語学分野)、「特別研究」、「実務訓練」の科目を修得することにより、論文、口頭および情報メディアを通じて、自分の論点や考えなどを国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探求心と持続的学習力

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)、「特別研究」、「実務訓練」の科目を修得することにより、社会、環境、技術などの変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

エコロジー工学

学科紹介

人類の活動を持続的に発展させるために、生態循環系の修復・改善・維持を工学的に支援することを狙い、生物の基礎と応用、生物機能とエレクトロニクスの融 合、資源・エネルギーの新技術、地球科学と環境計画等にわたる幅広い知識と問題解決能力をもつ指導的技術者を養成します。

超高感度磁気センサを用いた食品内異物検出システム
超高感度磁気センサを用いた食品内異物検出システム

教育研究分野と研究内容

教育研究分野研究内容
生命工学 生体関連物質の探索・解析、触媒・レセプタ機能、有害化学物質分解、有用微生物の探索、遺伝子組換技術、遺伝子機能探索技術、バイオリアクター機能、バイオマス資源のリサイクル、有害物質浄化システム、生分解性高分子材料
環境創生 生物機能とエレクトロニクスの融合、レーザー・静電気・DNA・タンパクのナノマニピュレーション、高電圧応用技術、環境プロセス装置開発、ゼロエミッション生産プロセスの構築、廃棄物資源化技術、超伝導センサ応用技術、生態系管理工学、超臨界流体利用技術
生態環境システム 資源の再生技術、地球にソフトな新資源の設計技術、生態系の保全・再生技術、地球環境系における物質の動態解析と環境計画、自然・生物エネルギーの開発、エネルギー供給システム

課程教育目標

本課程においては以下の知識および能力を育成することを目標とする。

(A)幅広い人間性と考え方

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)の科目を修得することにより、人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、人間と自然との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性

本課程で設定された「技術者倫理」を含む一般基礎II(人文・社会分野)・IV(うち人文・社会分野)の科目を修得することにより、技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力

本課程で設定された数学・自然科学・情報技術分野の講義科目を修得することにより、科学技術に関する基礎知識を獲得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力

エコロジー工学およびエコロジー工学関連分野の専門技術に関する知識を獲得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

  • (D1) 本課程で設定された数学、物理、化学、生物を基本科目とする専門II「数理解析I~III」、「エコロジー情報工学」、選択必修I~IV、および選択の各 科目を修得することにより、物質生産および廃棄物処理プロセスを総合的に理解し、物質を解析・変換・評価できる科学技術の知識を獲得し、それらを駆使して 課題を探求し、組み立て、解決する能力
  • (D2) 本課程で設定された「エコロジー工学実験」を修得することにより、実験を計画・遂行し、データを正確に解析し、技術科学的視点から考察し、説明する能力
  • (D3) 本課程で設定された「エコロジー工学特別演習」、「エコロジー工学卒業研究」、「実務訓練」を修得することにより、技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題の工学的な解決を行うためのデザイン能力と与えられた制限下で仕事をまとめ上げる実行力

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力

本課程で設定された一般基礎III(語学分野)・IV(うち語学分野)、「エコロジー工学特別演習」、「エコロジー工学英語III」、「エコロジー工学卒 業研究」、「実務訓練」の科目を修得することにより、論文、口頭および情報メディアを通じて、国の内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能 力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力

本課程で設定された一般基礎II(人文・社会分野)、「エコロジー工学特別演習」、「エコロジー工学卒業研究」、「実務訓練」の科目を修得することにより、社会、環境、技術などの変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

人文・社会工学

学科紹介

各課程・各専攻における専門教育のほかに、人文・社会・自然科学・外国語・体育等の諸分野にわたる一般教育を、専門教育と並列して行い、指導的技術者とし て不可欠な総合的判断能力、語学力及び管理能力の充実を図ります。外国人留学生に対しては日本語と日本事情の教育を行っています。

CALL(Computer Assisted Language Learning)ラボにおける授業
CALL(Computer Assisted Language Learning)ラボにおける授業
CALL(Computer Assisted Language Learning)ラボにおける授業

教育研究分野と研究内容

教育研究分野研究内容
計画・経営科学 地域計量経済モデル分析、環境影響評価、技術経営、リアルオプション分析
社会資本最適供給、地域システム解析、環境の認識・評価手法、都市-地域分析
社会文化学 国語・国文学、日本語学・日本語教育、英語・英米文学
独語・独文学、西洋史、社会思想史、西洋文化・文明、哲学
美学、言語学、教育工学、神経科学、運動生理学

[初版作成]2009.10.1 / [最終改訂]2015.4.8
教務課

ページトップへ